スバル 新型フォレスター 2.5リッター実燃費レポート|排気量アップはどう影響するか!?気になる燃費を徹底検証(1/5)

スバル 新型フォレスター 2.5リッターNA 実燃費レポート結果まとめ

起用グレード

今回の燃費テストに持ち出したのは、2018年7月に発売されたばかりのスバル 新型フォレスター。2.5リッターNAエンジンを搭載したX-BREAKでテストを実施した。なお、新型モデルは、フォレスター史上初となるハイブリッドシステムである「e-BOXER」を搭載した「Advance」グレードも用意されるが、そちらは9月14日に発売される。

これまでのフォレスターは2リッターエンジンが中心となっていたが、新型ではハイブリッドモデルのみが2リッターエンジンを搭載し、NAモデルはすべて2.5リッターエンジンとなっている。

もともと北米市場では、フォレスターは2.5リッターエンジンが標準であり、アウトバック(日本名:レガシィアウトバック)と共に販売台数の上位を占める人気車種。それだけに、日本仕様もグローバルの波に飲まれたと言えるのかもしれない(フォレスターは日本の10倍くらい北米で売れている)。

その結果、車両価格はアップし、カタログ燃費も悪化してしているのだが、果たして新型フォレスターはその部分を補って余りあるクルマに仕上がっているのだろうか?

>>スバル 新型フォレスター”X-BREAK”の画像をもっと見る

燃費テスト概要

今回のテストに使用したフォレスターは、3グレード用意される2.5リッターNAモデルの中でもよりアクティブさを際立たせた「X-BREAK(エックスブレイク)」で、レッドオレンジの加飾やロープホール付きルーフレール、撥水加工がされたシートなどが特徴となる。

また、標準装着されるタイヤは他のグレードがサマータイヤなのに対し、X-BREAKのみオールシーズンタイヤとなっている(ブリヂストン ECOPIA H/L422 plus/タイヤサイズ:225/60R17 )。カタログ上での燃費に差はないが、転がり抵抗の面ではやや不利となるこのタイヤの影響がどう出るのかも興味深いところだ。

なお、今回の燃費測定は2018年8月29日に行い、天候は概ね曇り、車両の温度計は30℃前後とまだまだ残暑が厳しいなかでのテストとなった。今回も朝10時ごろに青山にあるオートックワン編集部を出発し、高速、郊外路、市街地・街乗りの順で走行し、15時ごろに再びオートックワン編集部へ戻るルートを選択した。

燃費の数値は総合燃費も含め、全て車両の燃費計を使用している。エアコンは25度設定のフルオートで、SI-DRIVEのモードは「I」、高速道路の走行も含めて運転支援システム「アイサイト」は使用せず、Dレンジでの走行とし、パドルシフトも未使用としている。

スバル 新型フォレスター2.5リッターNAの実燃費は14.7km/L

スバル フォレスター実燃費レポート|結果まとめ
グレードX-BREAK(5代目)2.0i-Lアイサイト(4代目)2.0XTアイサイト(4代目)
パワートレイン2.5Lガソリン2Lガソリン2Lガソリンターボ
駆動方式AWD(4WD)AWD(4WD)AWD(4WD)
JC08モード燃費14.4km/L16.0km/L13.2km/L
実燃費:平均14.7km/L13.4km/L12.8km/L
実燃費:市街地11.5km/L11.0km/L8.7km/L
実燃費:郊外路15.0km/L13.4km/L11.6km/L
実燃費:高速道路18.1km/L16.7km/L14.4km/L
測定日2018年8月2018年3月2017年5月

結論から言うと、トータルで161.0kmを走行し、最終的な燃費計の数値はJC08モードの14.4km/L、WLTCモードの13.2km/Lを超える14.7km/Lとなった。

以前燃費テストを実施した先代最終型の2リッターNAモデルの実燃費が13.4km/Lであったことを考えれば、排気量アップによる燃費の悪化はそれほど気にしなくても良いと言えそうだ。

実際、500ccの排気量アップの効果は大きく、実用域でのトルクアップを実感できたし、その結果、低いエンジン回転数で走行できたのも良好な燃費性能を記録できた一因だろう。

それではここから、市街地編、郊外路編、高速道路編それぞれの走行シーンごとに、新型フォレスター2.5リッターNAの燃費や走りぶりなどをお伝えしていこう。

>>【次のページ】スバル 新型フォレスター 2.5リッターNA 実燃費レポート|市街地・街乗り編

1 2 3 4 5 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
小鮒 康一
筆者小鮒 康一

1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後に急転直下でフリーランスライターへ。国産旧車に造詣が深いが、実は現行車に関してもアンテナを張り続けている。また、過去に中古車販売店に勤務していた経験を活かし、中古車系の媒体でも活動中。最近では「モテない自動車マニア」の称号も獲得。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 和味の宿 角上楼
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

スバル フォレスターの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル フォレスターのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル フォレスターの中古車検索 スバルの記事一覧 スバル フォレスターの記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル フォレスターのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる