autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート スバル フォレスター燃費レポート|4代目・E型(現行最終)、2Lノンターボモデルの実燃費を徹底検証

燃費レポート 2018/4/1 10:00

スバル フォレスター燃費レポート|4代目・E型(現行最終)、2Lノンターボモデルの実燃費を徹底検証(1/6)

スバル フォレスター 2.0i アイサイト
スバル フォレスター 2.0i アイサイトスバル フォレスター 2.0i アイサイトスバル フォレスター 2.0i アイサイトスバル フォレスター 2.0i アイサイト画像ギャラリーはこちら

スバル フォレスター(NA)実燃費レポート結果まとめ

起用グレード

今回の燃費テストでは、4代目スバル フォレスターの最終モデルとなるE型のNAエンジン搭載車をテスト。

グレードは2017年7月にベーシックグレードの2.0i-Lアイサイト(車両本体価格241万9200円、JC08モード燃費16.0km/L)を起用した。

なおテスト車はスノーシーズンということもありスタッドレスタイヤ(銘柄はSUV用となるブリヂストンのブリザックDM-V2)を履いており、燃費はあくまで参考値、その他のフィーリングも本来のオールラウンドタイヤ装着時とは若干異なる面がある点を最初にお断りしておく。

この2.0iアイサイトはそれまで売れ筋だった2.0i-Lアイサイト(現在の価格は268万9200円)に対し、アイサイトを代表とする基本性能はほぼそのままで、装備内容の簡略化(フォグランプ、ミラーウインカー、パドルシフト、エアコンの左右独立温度調整機能、走行モードを選べるSIドライブ、4WDシステムのX-MODEの省略)、ボディカラー以外メーカーオプションの選択肢がないといった若干の制約がある。その代わりに価格は約30万円も安い、非常にコストパフォーマンスが高いグレードだ。

>>これで見納め!フォレスター4代目の画像を見る

燃費テスト概要

テストは2018年3月16日(金)の午前5時過ぎに開始し、正午頃帰京するというスケジュールで実施。テスト中の天候は曇りのち雨、最高気温は早朝に記録した17度という気候で、交通状況は平均的な流れであった。乗車人数はドライバー1人(体重約70kg)、したがってここで計測されるのは平均して高い値と言える。

全体的にフォレスターの2リッターNAエンジン搭載車は、モデル末期とはいえ未だにとても魅力的なミドルSUVだった。燃費もライバルと比べるとそこまで悪い値ではなく、4WDとしては平均的と言える。むしろ、ミドルクラスSUVという単位で見れば十分な値だ。

ここからは市街地編、郊外路編、高速道路編、それぞれの章で燃費や走りの質について詳細な評価を行っているので、現行、次期型問わずフォレスターの購入を考えている方にはぜひ参考にして欲しい。

スバル フォレスター実燃費レポート|結果まとめ
車種名スバル フォレスター
グレード2.0i-Lアイサイト
パワートレイン2.0Lガソリン
駆動方式AWD(4WD)
JC08モード燃費16.0km/L
実燃費:平均13.4km/L
実燃費:市街地11.0km/L
実燃費:郊外路13.4km/L
実燃費:高速道路16.7km/L

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

スバル フォレスター の関連編集記事

スバル フォレスターの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スバル フォレスター の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR