サンルーフとルーフテントを組み合わせたら、超便利だった! 車中泊派必見のルーフテント「ジェームズ・バロウド」【東京キャンピングカーショー2021】

画像ギャラリーはこちら
2021年6月12日(土)から13日(日)に開催された「東京キャンピングカーショー2021」(東京ビッグサイト青海展示棟)会場で気になったキャンピングカー&アウトドアアイテムをご紹介。今回は、ミニバンの純正サンルーフと組み合わせた画期的なルーフテント、ジェームズ・バロウド「ツー・イン・ワン システム」をチェックしてみよう。

>>車中泊層必見! 快適なルーフテント「ジェームズ・バロウド」を写真で見る[画像14枚]

目次[開く][閉じる]
  1. 車中泊が大ブーム! しかし「就寝定員2名」では家族とのおでかけが難しい
  2. 車中泊「就寝定員」の悩みを解消するルーフテント
  3. 車中泊では車外のハシゴ利用が不可な場合も! しかしサンルーフ+ルーフテントなら悩み無用!

車中泊が大ブーム! しかし「就寝定員2名」では家族とのおでかけが難しい

愛車での車中泊を楽しむ人が増えている。本格的なキャンピングカーとまではいかなくても、シートをフルフラットに倒したり、荷室にベッドキットを用意するなどして、旅先での仮眠から、キャンプ場やRVパークでの宿泊まで気軽に楽しむことが出来る。

最近はメーカーでも純正のベッドキットを用意するなどして、旺盛な車中泊の需要に応えてくれるようになった。

クルマの定員に対し車中泊出来る人数には限界が! 車外にテント設営し別々に寝るケースも

しかし車中泊で泊まれる人数には限りがあるのも事実だ。荷室の大きな1BOXバンならともかく、普段使っているミニバンやSUVの場合大人2名がやっと、というケースは少なくない。例えば4人家族でキャンプ場に出かけた場合、車内で2名が寝て残り2名はテントを設営といった感じで対応することになる。

ただ、移動の途中に駐車場などで仮眠をとる、といった対応では外にテントを張る訳にもいかない。そんなファミリーのための救世主が、最近注目度の高い「ルーフテント」だ。

車中泊「就寝定員」の悩みを解消するルーフテント

大人も子供も楽しい、屋根の上の“秘密基地”

ルーフテントとは、クルマの屋根に載せるルーフキャリアのベースに載せる『ポップアップ式の車載専用テント』のことを指す。

移動中は畳んでおき、旅先でポップアップさせることで、大人2名程度が就寝可能な空間が誕生する。地上から2メートルくらいの高さに位置するから、風景の良い場所に停めれば展望台代わりにもなる。そして何より、こういう“秘密基地”のような空間は、大人も子供も大好きなはずだ。

車中泊では車外のハシゴ利用が不可な場合も! しかしサンルーフ+ルーフテントなら悩み無用!

ルーフテントにアクセスするには、ハシゴを用いて昇り降りすれば良いのだが、ひとつ難点がある。車中泊がOKな道の駅であっても、車外にハシゴを立てかけたりするのがNGなケースがあるのだ。また駐車場で隣のクルマとの間隔がないと、ハシゴが置けない場合もある。それではせっかくのルーフテントも宝の持ち腐れになってしまう。

車外に出なくてもサンルーフ経由でルーフテントにアクセス出来る! サンルーフがない車両でも後付け品で対応可能

この悩みを解消したのが、ジェームズ・バロウド ルーフテント「ツー・イン・ワン システム」(株式会社コイズミ カルコア事業部)だ。

これは純正サンルーフもしくは後付けサンルーフとルーフテントをドッキングさせることで、車内から直接ルーフテントへアクセス出来るという画期的なもの。ルーフテント展開時にはサンルーフとテントの隙間を埋めるクッション材(着脱式ドッキングチューブ)も用意される。一体化することで、車内のエアコンによる暖房・冷房効果も得られることになるのだから嬉しい。

ツー・イン・ワン システムの施工費はテント別で58万円。サンルーフがない車種でも、ガラスサンルーフを後付けして対応することも可能となっている(72万円)。

屋根に“秘密基地”を積んでのおでかけ……ジェームズ・バロウド ルーフテント「ツー・イン・ワン システム」は、考えるだけでワクワクしてくるアイテムだ。車中泊派のアナタにおススメしたい。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影;MOTA編集部]

三菱/デリカD:5
三菱 デリカD:5カタログを見る
新車価格:
391.4万円460.1万円
中古価格:
36.9万円575万円

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 南熱海網代山温泉竹林庵みずの

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

三菱 デリカD:5の最新自動車ニュース/記事

三菱のカタログ情報 三菱 デリカD:5のカタログ情報 三菱の中古車検索 三菱 デリカD:5の中古車検索 三菱の記事一覧 三菱 デリカD:5の記事一覧 三菱のニュース一覧 三菱 デリカD:5のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる