マツダ 新型 CX-5、国産SUV随一の上質さにあの辛口評論家も思わず唸る![公道初試乗](1/3)

マツダ 新型 CX-5、国産SUV随一の上質さにあの辛口評論家も思わず唸る![公道初試乗]
<マツダ 新型 CX-5 XD PROACTIVE[4WD/ディーゼル/ボディカラー:ソウルレッドクリスタルメタリック]>CX-5[2017年2月発売] 公道試乗レポート/国沢光宏 マツダ 新型 CX-5[2017年2月発売] 公道試乗レポート/国沢光宏 <マツダ 新型 CX-5 25S L Package[4WD/ガソリン/ボディカラー:マシーングレープレミアムメタリック]>CX-5[2017年2月発売] 公道試乗レポート/国沢光宏 <マツダ 新型 CX-5 XD PROACTIVE[4WD/ディーゼル/ボディカラー:ソウルレッドクリスタルメタリック]>CX-5[2017年2月発売] 公道試乗レポート/国沢光宏 <マツダ 新型 CX-5 XD PROACTIVE[4WD/ディーゼル/ボディカラー:ソウルレッドクリスタルメタリック]>CX-5[2017年2月発売] 公道試乗レポート/国沢光宏 <マツダ 新型 CX-5 XD PROACTIVE[4WD/ディーゼル/ボディカラー:ソウルレッドクリスタルメタリック]>CX-5[2017年2月発売] 公道試乗レポート/国沢光宏 <マツダ 新型 CX-5 XD PROACTIVE[4WD/ディーゼル/ボディカラー:ソウルレッドクリスタルメタリック]>CX-5[2017年2月発売] 公道試乗レポート/国沢光宏 <マツダ 新型 CX-5 XD PROACTIVE[4WD/ディーゼル/ボディカラー:ソウルレッドクリスタルメタリック]>CX-5[2017年2月発売] 公道試乗レポート/国沢光宏 <マツダ 新型 CX-5 XD PROACTIVE[4WD/ディーゼル/ボディカラー:ソウルレッドクリスタルメタリック]>CX-5[2017年2月発売] 公道試乗レポート/国沢光宏 <マツダ 新型 CX-5 XD PROACTIVE[4WD/ディーゼル/ボディカラー:ソウルレッドクリスタルメタリック]>CX-5[2017年2月発売] 公道試乗レポート/国沢光宏 <マツダ 新型 CX-5 XD PROACTIVE[4WD/ディーゼル/ボディカラー:ソウルレッドクリスタルメタリック]>CX-5[2017年2月発売] 公道試乗レポート/国沢光宏 画像ギャラリーはこちら

待ちに待った公道での試乗

<マツダ 新型 CX-5 25S L Package[4WD/ガソリン/ボディカラー:マシーングレープレミアムメタリック]>CX-5[2017年2月発売] 公道試乗レポート/国沢光宏

マツダのSUV「CX-5」が新型に生まれ変わった。SKYACTIVテクノロジーを搭載するマツダの新世代商品群の中では初のフルモデルチェンジ。これまでオートックワンでは2016年11月のニューヨークショー発表以来、新型CX-5の新型車解説や雪上試乗レポートなど様々な情報を随時お届けしてきたが、いよいよ2017年2月には正式発売もスタート。新型CX-5で初めての公道試乗が実現できた。果たして舗装路での印象はどうだったのか。雪上での試乗に続き、自動車評論家の国沢光宏さんが速報でレポートする。

>>[画像123枚!]マツダ 新型 CX-5(2017年2月発売) フォトギャラリー

すっかりおなじみだけど、公道で乗るのはこれが初めて

<マツダ 新型 CX-5 XD PROACTIVE[4WD/ディーゼル/ボディカラー:ソウルレッドクリスタルメタリック]>CX-5[2017年2月発売] 公道試乗レポート/国沢光宏

車種紹介や写真などタップリ見てきたせいか、すっかりお馴染みになったような気がする新型CX-5ながら、初めての公道試乗だったりする。

前回紹介したのは主に雪道でのインプレッションのため、舗装路の乗り心地やハンドリングについては細かくチェックできませんでした。

ということでまず、新型CX-5の乗り心地&ハンドリングから紹介してみたい。

むむ! 走り出しからして、予想を超える ”良い感じ”だ!

<マツダ 新型 CX-5 XD PROACTIVE[4WD/ディーゼル/ボディカラー:ソウルレッドクリスタルメタリック]>CX-5[2017年2月発売] 公道試乗レポート/国沢光宏

Dレンジをセレクトして走り出すと、予想外に良い感じ。サスペンションはキッチリ動いている。

アウディやBMWなどドイツ車のサスペンションと比べれば「普通」ながら、日本車としちゃ特上クラスと評価してもよかろう。乗り心地にウルさい私でも、新型CX-5は標準のサスペンションのまま乗れるレベル。

辛口評論家、国沢光宏も「国産SUVの中で最も上質」と認めた新型CX-5

<マツダ 新型 CX-5 XD PROACTIVE[4WD/ディーゼル/ボディカラー:ソウルレッドクリスタルメタリック]>CX-5[2017年2月発売] 公道試乗レポート/国沢光宏

ハンドリングは「いいね!」。

ボディ全体の剛性感が高く、挙動からして素直。さらにマツダ得意のGVC[G-ベクタリングコントロール](全グレード標準装備)も効能を発揮しているのだろう。直線安定性良好。いわゆる「良いクルマ感」が出てます。

レクサスを含め、新型CX-5は国産SUVの中では最も上質なクルマに仕上がっていると言っていい。

>>マツダ 新型 CX-5の魅力を123枚の大量画像でもじっくりチェック

1 2 3 次へ

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

国沢 光宏
筆者国沢 光宏

1958年生まれ。ベストカーガイド編集部員を経て自動車評論家に。空気を全く読まず言いたいことを言い、書きたいことを書くので自動車メーカーから嫌われている。現在所有しているクルマは日産 リーフやトヨタ MIRAIなど多数。趣味はラリーに出場すること。人気のない(本人談)Webサイトを運営中。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ryugon(龍言)

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

マツダ CX-5の最新自動車ニュース/記事

マツダのカタログ情報 マツダ CX-5のカタログ情報 マツダの中古車検索 マツダ CX-5の中古車検索 マツダの記事一覧 マツダ CX-5の記事一覧 マツダのニュース一覧 マツダ CX-5のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる