autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 新型CX-5はマツダ始まって以来の“良いクルマ!”先行試乗で見えた深化とは

試乗レポート 2016/12/22 10:45

新型CX-5はマツダ始まって以来の“良いクルマ!”先行試乗で見えた深化とは(1/3)

関連: マツダ CX-5 Text: 国沢 光宏 Photo: 茂呂幸正・和田清志
新型CX-5はマツダ始まって以来の“良いクルマ!”先行試乗で見えた深化とは

新型CX-5でひと足お先に冬の北海道を試す

マツダ 新世代商品群

マツダのCX-5がフルモデルチェンジし、2017年2月2日より発売を開始する。オートックワンではこれに先駆け、テストコースでの先行試乗が実現した。しかも場所は真冬の北海道。i-ACTIV AWDの雪上性能も確かめることが出来た。現地からのレポートを届けてくれたのは自動車評論家の国沢光宏さん。辛口派で知られる国沢氏、果たして2代目となる新型CX-5をどう評価するのか! どこよりも速くお届けします。

>>[画像77枚]マツダ 新型 CX-5 フォトギャラリー

国沢光宏が断言! 「CX-5はマツダ始まって以来の”良いクルマ”」である!

<マツダ 新型 CX-5 XD L Package>

口の悪い自動車評論家連中から「変わり映えしない」とか「華が無い」と言われるマツダの新型CX-5に試乗したら、思わずウナってしまった。

何と! ”マツダ始まって以来の良いクルマ”である!

しかもFFモデルなら、パワフル&燃費良い”SKYACTIV-D”ディーゼルエンジン搭載の”XD”はナビを着けたって余裕で300万円を切る価格設定(2,775,600円)。

確かに変わり映えしないが、魅力タップリです。

Aピラー位置が後退し”カッコ良くなった”。だがしかし・・・

<マツダ CX-5 XD L Package[4WD]>

まず最初に不満点から。

新型CX-5の運転席に乗り込もうとすると、身長183cmかつ加齢により柔軟性落ちたワタシだと、アタマがAピラーの柱などに当たる。大柄なクルマなのに寸法的な余裕は無いらしい。

最近のマツダ車全般に言えることながら、デザインも大切だけれど、もう少しスペースが欲しいと思う。ホンダ ヴェゼルとマツダ CX-3の室内スペースの差など驚くほど。

このインテリアのハイクオリティっぷりなら、レクサスにも勝てる!

<インテリア・運転席回り/マツダ 新型 CX-5 XD L Package[4WD/インテリアカラー:ピュアホワイト(本革)]>

とはいえ新型CX-5の場合は、乗り込んでしまえば全く問題なし。そしてインテリアの仕上がりは素晴らしい!

>>マツダ 新型 CX-5 フォトギャラリー[インテリア画像もたっぷり!]

先代よりデザインレベルが高くなっただけでなく、センターコンソールにもドア内張にも本物のステッチが入っており、お金も掛かっている。先代CX-5と車格が2ランク違う感じ。レクサスと勝負したって勝てるほど。

マツダ CX-5 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ CX-5 の関連記事

マツダ CX-5の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ CX-5 の関連記事をもっと見る

マツダ CX-5 の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/20~2017/8/20