マツダ CX-3 2018年大幅改良モデル 徹底解説│ディーゼルエンジンのライトサイジング化や内外装を大幅変更(1/2)

画像ギャラリーはこちら

技術指向のマツダらしいすべての機能を刷新したCX-3

ヒット作が続くここ最近の今日のマツダ車の中で、売れ行きの伸び悩む車種がコンパクトSUVのCX-3だ。2015年2月に発売された時の販売計画は、1ヶ月に3000台だったが、2017年1~12月の月販平均は1265台にとどまる。発売当初に搭載したエンジンは直列4気筒1.5リッターのクリーンディーゼルターボのみだったが、販売不振を受けて2017年6月に2リッターのガソリンを加えた。それでも計画台数の42%しか売れていない。

ちなみにCX-3のようなコンパクトSUVカテゴリーは、今の国内市場に適した売れ筋ジャンルとされ、ホンダ ヴェゼル、トヨタ C-HRなどは販売が好調だ。それなのにCX-3は残念な状態にある。

そこで2018年5月17日に大幅な改良を実施した。発売から3年以上を経過したこともあり、改良の範囲は幅広い。クリーンディーゼルターボは排気量を従来の1.5リッターから1.8リッターに拡大して、2リッターのガソリンエンジンにも改良を施した。

足まわりは前輪側のコイルスプリング、ショックアブソーバー、スタビライザー(ボディの傾き方を制御する棒状のパーツ)を改良して、フルモデルチェンジでないのに18インチタイヤを新開発している。

このほか外観、シートの座り心地、安全装備まで、ほとんどすべての機能を刷新した。このあたりは技術指向のマツダらしさだ。

フロントマスクやホイールの他、内装に至っては全面的に手が入れられている

まず外観では、フロントマスクのラジエターグリルを変更した。グリルの輪郭がハッキリと分かる形状にして、存在感と質感を高めている。

18インチのアルミホイールも変更された。従来型のスポークでは、ブラックの部分を強調していたが、新型は切削の輝きを際立たせている。SUVらしく大径に見えるデザインだ。

内装はインパネからシートまで、全面的に改めた。インパネの上部は、運転席から助手席の前側まで伸びる横長のデコレーションパネルとエアコン吹き出し口の形状を変えて、ボリューム感を強めた。デコレーションパネルの素材は、Lパッケージについては、新たにスウェード調人工皮革のグランリュクスを使う。肌触りが上質だ。

前席の中央に位置するATレバーを収めたセンターコンソールの形状も大幅に変わった。パーキングブレーキの操作方法が従来のレバー式から、オートホールド機能を備えた電動式になったからだ。パーキングブレーキをスイッチで操作するから、センター部分のスペースが節約され、十分なサイズを備えたアームレストを装着できた。この下側にはマルチボックスが備わる。

シートは背もたれや座面の形状、シートを縁取るパイピングなども見直した。前席の座面には、CX-8と同じく振動を減らす効果の高い高減衰ウレタンを採用している。足まわりだけでなく、シートでも乗り心地を向上させるように配慮した。

効率向上を狙い、ディーゼルエンジンは1.5リッターから1.8リッターに拡大

メカニズムの変更ではエンジンが注目される。特にクリーンディーゼルターボのSKYACTIV-D(スカイアクティブD)は、前述のように排気量を従来の1.5リッターから1.8リッターに拡大した。

このねらいは効率の向上だ。動力性能を高めるのではなく、環境性能と実用燃費を向上させ、なおかつ運転がしやすく、伸びの良い加速感も味わえるようにした。燃料噴射については、超高応答マルチホールピエゾインジェクターを採用する。4段の多段階噴射が行われ、噴射タイミングと噴射量も緻密に制御することで、燃焼期間を短縮した。ディーゼル特有の騒音も減っている。

また排気量を拡大したことで酸素の供給力が高まり、すべての運転領域で、排気ガスを燃焼室に環流させるEGR効果が得られるようになった。動植物に有害な窒素酸化物が低減される。

燃費数値は WLTCモードのみで表記

排気量を1.8リッターに拡大した新しいクリーンディーゼルターボの動力性能は、最高出力が116馬力(4000回転)、最大トルクは27.5kg-m(1600~2600回転)だ。1.5リッターの従来型に比べて11馬力高まり、最大トルクは等しい。トランスミッションは、従来と同じく6速のATとMTがある。

燃費数値は新しいWLTCモードのみで表記され、6速ATの2WDは20km/L、4WDは19km/Lだ。WLTCには市街地/郊外/高速道路の3モードがあり、これを平均的な使用時間の配分で構成した数値が、先に挙げたWLTCモードになる。各走行モードの内訳を2WDで見ると、市街地:16.8km/L、郊外:20km/L、高速道路:22.2km/Lだ。

ガソリンエンジンにはCX-5と同等の技術を投入

2リッターのガソリンエンジンは、エッジカットピストン、低抵抗ピストン、新ノズル付き拡散インジェクターなどの技術を取り入れた。先行してマイナーチェンジを行ったCX-5の2リッターエンジンに準じるが、チューニングは異なる。CX-3では最高出力が150馬力(6000回転)、最大トルクは19.9kg-m(2800回転)とした。

注目されるのは最大トルクで、CX-5の20.3kg-m(4000回転)に比べると、最大値は小さいが、実用回転域の2800回転で発生させている。最大トルクを3000回転以下で発生させるガソリンエンジンは、最近では珍しい。CX-3では運転のしやすさに重点を置いた。

関連記事

マツダが業績好調の中で予想外の社長交代!新体制後の展開に内外から不安の声も?

マツダ 新型CX-5 2018年3月改良モデルに試乗 進化した2.2ディーゼルと2.5ガソリン 2つの新エンジンは走りにどう影響した?

国産人気SUV実燃費ランキング|本当に燃費がいいSUVはどれだ!CX-5、C-HR、ハリアーなど21車種を徹底比較【2018年現行モデル版】

マツダの3列シートSUV”CX-8”はミニバンの代わりになるのか!?慣らし運転後に試乗したら驚きの結果に!

マツダ、新型アテンザワゴン(MAZDA6)をマイナーチェンジして発表【ジュネーブショー2018】

マツダ/CX-3
マツダ CX-3カタログを見る
新車価格:
216.7万円315.2万円
中古価格:
108万円316万円
1 2 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 奥湯河原 結唯 -YUI-
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

マツダ CX-3の最新自動車ニュース/記事

マツダのカタログ情報 マツダ CX-3のカタログ情報 マツダの中古車検索 マツダ CX-3の中古車検索 マツダの記事一覧 マツダ CX-3の記事一覧 マツダのニュース一覧 マツダ CX-3のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる