マツダ CX-3、189万円〜買えるガソリンモデルで十分!? 街中メインなら走りも先進安全装備も文句なしの仕上がりだった

画像ギャラリーはこちら
今やコンパクトSUV市場がもっともホットなマーケットとなっている。その市場に早い段階で国産メーカーとして参入したのがマツダ CX-3である。デビューは2015年と今年2021年には7年目を迎えるモデルであるが、2020年に実施したマイナーチェンジを機に再び注目されているのだ。今回は2021年11月15日〜19日まで広報車をお借りしてその実力を再確認してきた。その実力を確かめるとともに、CX-3のお勧めパワートレインをご紹介する。
目次[開く][閉じる]
  1. CX-3は1.5リッターガソリンモデルが売れ筋! 価格の安さで大ウケ
  2. CX-3のガソリンモデルは燃費も上々! 唯一のネガは高速道路での追い越し時
  3. 運転支援機能はオプションでつけるべき! 疲労軽減にも貢献

CX-3は1.5リッターガソリンモデルが売れ筋! 価格の安さで大ウケ

今回お借りしたのは2020年のマイナーチェンジで追加された1.5リッターガソリンモデルである。デビュー当初はディーゼルエンジン車のみのラインアップであったが、その後2リッターガソリンモデルを追加。そして2020年に1.5リッターガソリンを設定している。

現在は1.5リッターガソリンモデルがもっとも売れているパワートレインとなっており、その実力を確かめるべくお借りしたわけだ。ちなみに2021年11月に実施された改良で2リッターガソリンモデルは廃止となっている。

なぜ1.5リッターガソリンモデルが人気かといえば、ひとえに価格の安さにある。ディーゼルモデルは228万4000円〜となっているが、1.5リッターガソリンは189万2000円〜と、同等グレードで比べると40万円近くもお手頃な価格設定なのだ。

CX-3はセカンドカー需要が多い!? 街中メインのユーザーが大半

マツダによれば「1.5リッターガソリンモデルを購入する方はセカンドカーとして選んでいる人が多い」と語る。旦那さんがより大きなCX-5などを所有し、奥さんのクルマとしてCX-3のガソリンモデルを選択するようなイメージだ。

>>マツダ CX-3こそコスパ最強のコンパクトSUVだった!? 注目は8インチになったディスプレイと189万2000円〜という価格設定にあり

CX-3のガソリンモデルは燃費も上々! 唯一のネガは高速道路での追い越し時

実際に乗ってみると、ディーゼルモデルほどのパワフルな加速こそないが、街中であれば十分な走行性能であった。今回高速道路やバイパスといった速度域の高いシーンも走行してみたが、追い越しなどの際にもう少しパワーが欲しいなと思ったのも事実である。だが、先に挙げたような使用シーン、つまり街中メインであれば十分すぎる内容でもある。

ちなみにCX-3のガソリンモデルは17.0km/L(WLTCモード)となっているが、今回約500km走行した平均燃費は14.9km/Lをマークしていた。カタログ値ほどではないが、まずまずの結果であった。

>>マツダ CX-3燃費レポート|ガソリンモデルはWLTCモード燃費を上回る低燃費を記録!

運転支援機能はオプションでつけるべき! 疲労軽減にも貢献

そしてグレードによってはメーカーオプションとなってる「マツダ・レーダー・クルーズコントロール」は絶対にオススメしたい機能だ。こちらはドライバーが任意に設定した速度と車間距離をキープしながら追従してくれるクルーズコントロールで、疲労軽減に大きくつながる機能なのだ。

じつは今回試乗したい際に、高速道路にて大渋滞にはまってしまったのだが、その際に活躍してくれたのだ。この手の機能は操作が難しそうと思う方も少なくないと思うが、スイッチボタンを押し、速度と車間距離を設定さえすれば稼働してくれるとあって手軽さも嬉しいポイントだ。

>>マツダ CX-3は2022年度以降にフルモデルチェンジか!? 新型は大型ディスプレイを採用し、マイルドハイリッド化へ

ディーゼルモデルの長距離テストも実施した筆者に言わせれば、価格差や装備内容を考えてもCX-3はガソリンモデルで十分という結論となった。もちろんディーゼルモデルのパワフルな加速は捨てがたいが、街中メインで使用するならば運転支援機能も充実しているガソリンモデルをオススメしたいのだ。これからCX-3を検討している方は、この記事を参考にパワートレイン選びを進めて欲しい。

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

マツダ/CX-3
マツダ CX-3カタログを見る
新車価格:
189.2万円321.2万円
中古価格:
97.5万円320.9万円

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部 木村 剛大
筆者MOTA編集部 木村 剛大

記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 有馬グランドホテル

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

マツダ CX-3の最新自動車ニュース/記事

マツダのカタログ情報 マツダ CX-3のカタログ情報 マツダの中古車検索 マツダ CX-3の中古車検索 マツダの記事一覧 マツダ CX-3の記事一覧 マツダのニュース一覧 マツダ CX-3のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる