【ハイエースで車中泊】おすすめカスタムショップ・便利グッズTOP5|費用相場から季節対策まで徹底解説

画像ギャラリーはこちら
車中泊カスタムのベース車として、人気が高いトヨタ ハイエース。

職人が使う仕事グルマというイメージも強いハイエースに、車中泊仕様のカスタムを施すユーザーが急増しています。

なぜハイエースが車中泊カスタムのベース車に適しているのか? いくつもあるモデルの中から、どれを選べばいいのか? そして、どうすれば快適な車中泊仕様にカスタムできるのか? おすすめのアイテムや、ショップの情報も合わせて紹介していきます!

目次[開く][閉じる]
  1. 車中泊のおすすめ車種 ハイエースってどんなクルマ?
  2. ハイエースが車中泊におすすめの理由とは|カスタムは自分で? それともショップ?
  3. ハイエースを車中泊仕様にカスタムする際の費用相場は主に3パターン
  4. ハイエースで車中泊! おすすめカスタムショップTOP5
  5. 大手通販サイトで買える! ハイエースで車中泊する際のおすすめ便利グッズTOP5
  6. ハイエースで車中泊する際の注意点:夏編
  7. ハイエースで車中泊する際の注意点:冬編
  8. まとめ

車中泊のおすすめ車種 ハイエースってどんなクルマ?

ハイエースは1967年に誕生したトヨタのロングセラー車。現在のハイエースの主流は、新車、中古車とも2004年にフルモデルチェンジを果たした200系です。

その200系ハイエースもマイナーチェンジを繰り返してきたので、複数の型があります。

そして現行モデルが200系の何型になるのかは、どのマイナーチェンジをカウントするのかによって変わってくるので非常にややこしいのです。

というわけで異論があるかと思いますが、当記事では2017年11月の一部改良はマイナーチェンジにカウントせず、200系4型を現行モデルのハイエースとして話を進めていきます。

現行モデルのハイエースは、サイズ別に主に3種類にわかれます。

1つ目は、ロングバン・標準ボディ・標準ルーフ(標準ボディ)のハイエース。

2つ目は、ロング・ワイドボディ・ミドルルーフ(ワイドボディ)のハイエース。

そして3つ目が、スーパーロング・ワイドボディ・ハイルーフ(スーパーロング)のハイエースです。

基本的に標準ボディは4ナンバー貨物登録のバンのみとなっており、ワイドボディは4ナンバー貨物登録のバンと3ナンバー乗用登録のワゴン、スーパーロングは1ナンバー貨物登録のバンと3ナンバー乗用登録のワゴンのラインナップ。

標準ボディが基本的に“バンのみ”と表現したのは、メーカー発表はバンのみですが、荷室にシートを追加して5ナンバー乗用登録に変更することもできるからなのです。

ハイエースを車中泊仕様にカスタムする際はワゴンの2&3列目シートをフルフラット可能なタイプに換装するという手もあるのですが、バンの荷室にベッドキットを取り付けるのが一般的な車中泊仕様となります。

また、車内空間が広大なスーパーロングのハイエースをベースにしたキャンピングカーという選択肢もあります。

ハイエースが車中泊におすすめの理由とは|カスタムは自分で? それともショップ?

ハイエースが車中泊カスタムのベース車として人気な理由は、他の車種よりも手を加えやすいからです。特にバンは荷室に最小限の装備しかありません。

商用車のハイエースは、オーナーが職種に合わせてアレンジした方が使いやすくなるため、あえて余白を残しています。

その余白は、車中泊カスタムにも使えます。ベッドキットを取り付けやすく、荷物もたくさん積めます。

車中泊を前提にハイエースを検討している人にはコンプリートカーがおすすめ

そんなニーズに応えるアイテムが多くのパーツメーカーからリリースされていることも、ハイエースが車中泊仕様にカスタムしやすい理由のひとつ。

そうしたカスタムパーツを使用して自分で仕上げるDIY派の方も多いですが、腕に自信がない人はプロのショップにお願いすることをおすすめします。

またハイエースを購入して車中泊仕様にカスタムしようと考えている人には、ショップが仕上げたコンプリートカー(カスタムを終えてから販売される車両)もおすすめです。

コンプリートカーであれば、一気に作業を進めるので工賃を格段に抑えることができますし、構造変更などの面倒な手続きも済ませた状態で納車されます。

コンプリートカーで購入すると、取り付けた部品代が実質タダになるくらいお得になる場合もあります。

車両販売も手掛けるショップはコンプリートカーの基本パッケージを複数揃えていたり、そこに追加できるオプションを豊富に用意していることも多いので、総額の目途を立てやすいというメリットがあるのです。

ハイエースを車中泊仕様にカスタムする際の費用相場は主に3パターン

1:ただ寝泊まりできれば良いレベルなら4万円ほどでカスタム可能

ベッドの厚みや調整機能の有無などによって価格は異なりますが、普通に車中泊できるレベルのベッドキットなら4万円ほどで購入できます。

標準ボディのハイエースにこの価格帯のベッドキットを取り付ければ、なんとか大人2名が車中泊できる仕様にカスタムできるでしょう。

ハイエースの荷室にはフロアカーペットの下にボルト穴があるので、専用設計のベッドキットなら一般ユーザーでも取り付けることができるはず。

ちなみに10万円ほどまで予算を上げれば、リクライニングやレイアウト変更が可能なベッドキットなど、選択の幅を広げることができます。

2:快適に室内で数日過ごしたいなら100万円はかけてカスタムしたい

数日快適に過ごせる車中泊仕様にカスタムするには、少なくとも100万円の費用がかかるでしょう。

なぜならレイアウト変更が可能なベッドキットを選ぶ必要がある上、フロア加工や収納、照明、テーブルなども追加した方が良いからです。

ハイエース自体も、標準ボディより荷室が広いワイドボディをベースにしたいところです。

ここまで大規模なカスタムを施すなら、コンプリートカーの購入を検討した方が良いでしょう。

ワイドボディのハイエース(スーパーGL)に100万円のカスタム費用を加算すると約400万円になりますが、コンプリートカーなら同等の価格でより設備が充実した車中泊仕様のハイエースを購入できます。

3:長期間、快適に車中泊したいなら200万円は必要

長期間快適に過ごせるレベルとなると、カスタム費用は200万円以上になるでしょう。

ベースにするハイエースも、ワイドボディかスーパーロングを選択したいところ。

前述した100万円クラスの設備に加えて、サブバッテリーやAC電源、家電などもあった方が良いです。

そうなると、水道設備や炊事設備なども必要な8ナンバーのキャンピングカー登録をすることになります。

その場合、キャンピングカーはコンプリートカーで購入するのをおすすめします。

なぜなら車両を持ち込んでキャンピングカーのレベルまでカスタムすると膨大な費用がかかりますが、500万円ほどでかなり設備が充実したキャンピングカーを購入できるからです。

ハイエースで車中泊! おすすめカスタムショップTOP5

必要最小限の装備しかないハイエースには、仕事、レジャー、トランポ、車中泊など、使い方に合わせてカスタマイズしやすいメリットがあります。

そのため、ハイエースカスタムを手掛けるショップは多いです。ハイエースを車中泊仕様にカスタムしたいのなら、その道のプロにお願いするのが得策でしょう。

DIYする場合も、ハイエース車中泊カスタムのスペシャリストがプロデュースするアイテムを使うのがおすすめです。

ここからは、そんなプロショップやスグレモノをTOP5形式で紹介していきます。

ハイエース車中泊カスタムおすすめショップその1:トイファクトリー

ハイエースベースのキャンピングカーといえば、トイファクトリーは必ずチェックしておくべきショップです。

キャンピングカー専門店のトイファクトリーは、ハイエースをベースにしたコンプリートカーを数多く展開し、車中泊でも使えるアウトドアグッズを取り揃えています。

またベースにするハイエースは、新車だけでなく認定中古車や中古車からも選べます。いずれのコンプリートカーも、車内にいることを忘れさせるような快適空間を実現しています。

そのフラッグシップモデルにあたるのが、スーパーロングのハイエースをベースにした8ナンバー登録の「BARDEN(バーデン)」。

乗車定員は7名で5名が車中泊可能。全席前向き乗車が可能な2&3列目シートは、対面対座やフルフラットベッドにも展開でき、広々とした室内には電装設備や冷蔵庫も完備しています。

BADENは、人間工学に基づいて設計されているため、リラックスしてオフタイムを過ごすことができます。

フロアやボディには完全な断熱処理が施されており、収納も充実しているので、長期間車中泊しても快適に過ごせるでしょう。

なおトイファクトリーは、東京都町田にある商業施設、南町田グランベリーパーク内でもショップを構えているので、興味のある方は足を運んでみてくださいね。

▼車中泊カスタムおすすめショップ:トイファクトリーの記事はコチラ

ハイエース車中泊カスタムおすすめショップその2:クラフトプラス

今乗っているハイエースを自分の手でハイセンスな車中泊仕様にカスタムしたいという人には、クラフトプラスがおすすめです。

クラフトプラスはハイエースのインテリアパーツを展開する有限会社ビーンズの自社ブランド。

一般ユーザーでも簡単に取り付けや取り外しできるハイエース用のインテリアパーツを揃えています。

なかでもオシャレで実用性が高いと好評なのが、標準ボディ用のE-Lifeカーゴキットです。

4分割式のセンターマットは、車中泊のベッドとして利用可能。2枚を外して背もたれにしたり、コの字にアレンジすることもできます。

標準ボディの荷室にすっぽり収まるサイズに設計されているので簡単に車外に持ち出すことができ、4脚のベンチとしても利用できるのです。

しかも、右サイドにはウッディな収納も完備。収納の天板は、引っ張り上げれば作業机にもできちゃいます。

ベッドの表地はハワイアンなイメージのデニム×モンステラ柄。熟練の職人が自社工房で作り上げるので、さまざまな生地から表地を選ぶことができます。

▼車中泊カスタムおすすめショップ:クラフトプラスの記事はコチラ

ハイエース車中泊カスタムおすすめショップその3:ダイレクトカーズ

「ワンコと一緒に旅行できなくて困っている」「ワンコを連れて車中泊やキャンプを楽しみたい」という、愛犬家にぜひ注目してほしいハイエースが「ダイレクトカーズ」が手掛けたコンプリートカー「DOG ACE(ドッグエース)」。

ドッグエースは動物好きのスタッフが多いダイレクトカーズがユーザーの声を聞き、テストに次ぐテストを重ねて作り上げた愛犬家のためのハイエース。

ペットの身体を洗えるシャワー、リードを掛けられるフックを使いやすい場所に備えるなど、愛犬家に嬉しいカスタムが施されています。

ラゲッジスペースはフローリング加工が施され、キズや汚れに強いPVCレザーを採用したベッドキットは自由にレイアウト変更可能。夢の「愛犬と一緒に車中泊」がハイエースで実現できるのです。

ベースに使用するハイエースは標準ボディのスーパーGL。デモカーはトヨタ車のカスタムブランドであるモデリスタが外装に遊び心を加えたリラクベースをベースにしています。

他にもダイレクトカーズでは、趣味に特化した専用仕様のハイエースを多数用意。ワイドボディやスーパーロングのハイエースをベースにしたキャンピングカーも販売しています。

▼車中泊カスタムおすすめショップ:ダイレクトカーズの記事はコチラ

ハイエース車中泊カスタムおすすめショップその4:MGR

できるだけコストを抑えてハイエースを車中泊仕様にカスタムしたいのなら、MGRカスタムのベッドキットがおすすめです。

標準ボディ用は3万9600円(税込み)~。カタカタとした金属音が発生しないように特注の樹脂インナースリーブを装着。

またサーフィンの車中泊に使っても錆びないようにステンレス製のステープルを使用するなど、ディテールにこだわりながらこのリーズナブルな価格設定を実現しています。

取り付けは既存のボルト穴を使用するので、ボディ加工は一切不要。一般ユーザーでも簡単に取り付けることができます。

フレームの高さは5段階調整可能。またベッド下に収納する荷物に合わせて位置を変えることができます。さらにマットを取り外してフレームの外側に収納し、荷室を広くとることもできちゃいます。

バンはもちろん、ほぼすべてのハイエースに対応しているのもポイント。3ナンバーのワイドボディやスーパーロング用のベッドキットも用意しています。

▼車中泊カスタムおすすめショップ:MGRの記事はコチラ

ハイエース車中泊カスタムおすすめショップその5:レガンス

ハイエースのインテリアパーツを豊富に取り揃えるレガンス。

こちらもハイエースを車中泊仕様にカスタムする際にはチェックしたいブランドです。

レガンスのインテリアパーツは、程よい柔らかさを体感できるワッフル地が大きな特徴。

ワッフルベッドキットも、その名の通りブランドのアイコンであるワッフル状のステッチが入れられています。

ベッドの高さは3段階調整が可能となっており、ベッド下の使い方に合わせて位置を変えることができるのです。

対応グレードは標準ボディのハイエース(スーパーGL)とワイドボディのハイエース(ワゴンGL)。

標準ボディ用はマットの厚みを65mmに増し、上質なパティシエ生地を採用したワッフルベッドキットVer.2もラインナップ。

そしてもうひとつ注目したいアイテムが、プライバシーを確保してくれるカーテンです。

スーパーGLとワゴンGLに対応するドレスアップリアカーテンセットは、荷室の窓をしっかり遮光。

ABS間仕切りカーテンキットも追加すれば、安眠空間を実現することができます。

▼車中泊カスタムおすすめショップ:レガンスの記事はコチラ

大手通販サイトで買える! ハイエースで車中泊する際のおすすめ便利グッズTOP5

DIYで車中泊仕様にカスタムしたハイエースはもちろん、設備が充実したキャンピングカーであっても、車内で就寝する際に用意しておくと便利なアイテムは多いです。

なぜならベッドキットを備えていても布団がないと寝付けないという声も聞かれますし、車中泊ならではの必需品も数多くあるからです。

ここでは、ハイエースで車中泊する際のおすすめ便利グッズにクローズアップ。Amazonなどの大手通販サイトで買える安眠快適グッズを紹介していきます!

ハイエース車中泊おすすめ便利グッズその1:アイズ マルチシェード

カーテンなどで窓を遮光していないのなら、ぜひ備えたい車中泊おすすめグッズがアイズ マルチシェードです。

マルチシェードは、すべて完全車種別設計。ハイエース用も型式やグレードごとに、フロント・リア別に取り揃えています。

車外側の素材は遮光性の高いアルミ蒸着シート。車内側には難燃性フレンチパイル生地を使用し、断熱性を高める中綿を挟み込んでいます。

夏は強い日差しを反射させて車内温度の上昇を抑え、冬は窓からの冷気の侵入も防いでくれるという優れもの。

取り付けは吸盤で貼り付けるだけ。吸盤は吸着力が低下しやすいので、交換部品も用意しています。

ハイエースにおすすめの車中泊グッズ|Aizu(アイズ) マルチシェード
メーカー名Aizu(アイズ)
商品名ハイエース200系IV・V型 マルチシェード
Amazon販売価格23,100円(2020年5月25日時点)
楽天販売価格(2020年5月25日時点)21,780円(2020年5月25日時点)

ハイエース車中泊おすすめ便利グッズその2:Vantozon LEDランタン

車内にはルームランプも純正装備されていますが、夜通し使うわけにはいきませんよね。

そうした理由からおすすめしたい車中泊グッズがLEDランタンです。

懐中電灯があればいいのでは? と思う人も多いのかもしれませんが、実際に車中泊してみると、直線的な強い光は不便に感じることが多いのです。

ぼんやりとでも、広い範囲を明るくできる照明の方が便利で落ち着きます。また日が暮れてから就寝するまでの8時間は点灯させたいので、LEDのランタンがおすすめなのです。

使用する際は天井にバーを設置し、フックなどで吊るすとより快適性が増します。

ハイエースにおすすめの車中泊グッズ|Vantozon LEDランタン
メーカー名Vantozon
商品名LEDランタン
Amazon販売価格2,000円(2020年5月25日時点)

ハイエース車中泊おすすめ便利グッズその3:Jackery(ジャクリ) ポータブル電源

いまや電気は欠かせない生活インフラ。ハイエースで車中泊する際も、ポータブル電源を備えていると何かと便利です。

防災グッズとしても利用価値が大きいので、一台持っていると心強いです。

価格はバッテリー容量と比例するため、購入する際はどのような電気機器をどれくらい使うのかを考えて価格帯を決めるのが良いでしょう。

例えばスマホやタブレットの充電、デスクライトくらいのLED照明を使う程度であれば、2万円ほどのポータブル電源で足りるでしょう。

それに加えて扇風機や電気毛布なども使いたい場合は、5万円以上のポータブル電源を選びたいところです。

ハイエースにおすすめの車中泊グッズ|Jackery(ジャクリ) ポータブル電源
メーカー名Jackery(ジャクリ)
商品名ポータブル電源
Amazon販売価格25,800円(2020年5月25日時点)
楽天販売価格(2020年5月25日時点)20,640円(2020年5月25日時点)

ハイエース車中泊おすすめ便利グッズその4:AirExpect 車中泊エアーマット

実際にハイエースのベッドキットで車中泊してみると、硬く感じて寝付きにくいこともあります。

そんな時にあるといいグッズがキャンプ用のマットです。なかでも自動膨張式のエアマットは、ある程度まで自然に広がってくれるのでおすすめです。ベッドの上に加えるだけで、格段に快適性が増します。

選ぶ際は、ベッドとの相性を考えると良いでしょう。ワゴンのフルフラット式シートに合わせるなら大きくて厚みがある方がいいですし、バンのベッドキットの上に敷くなら薄くても十分快適になります。

大きくて厚みがあるマットは展開しにくく、使わない時に邪魔になることも多いので、大は小を兼ねるという考えは持たない方がいいでしょう。

ハイエースにおすすめの車中泊グッズ|AirExpect 車中泊エアーマット
メーカー名AirExpect
商品名車中泊エアーマット
Amazon販売価格3,580円(2020年5月25日時点)
楽天販売価格(2020年5月25日時点)4,580円(2020年5月25日時点)

ハイエース車中泊おすすめ便利グッズその5:エムール ごろ寝布団セット

車中泊する際に一番難しいのが実は寝具選び。どこでもぐっすり眠れるという人はいいですが、車中泊は寝心地の悪さが気になるという声も多く聞かれます。

シュラフ(寝袋)などを試した結果、家で使うような普通の布団に行き着いたというユーザーも多いのです。

なので家庭用の寝具を持ち込むのも否定はしませんが、車中泊用の布団がおすすめです。

車中泊用の布団は軽くて収納しやすいのが特徴。丸洗いができるタイプもあるほか、敷布団と掛布団がセットになっていたり、連結しているのにシュラフほど圧迫感がないものもあります。

また掛布団だけのタイプもあるので、ベッドキットやマットと合わせて検討するといいでしょう。

ハイエースにおすすめの車中泊グッズ|エムール ごろ寝布団セット
メーカー名エムール
商品名ごろ寝布団セット
Amazon販売価格11,000円(2020年5月25日時点)
楽天販売価格(2020年5月25日時点)11,000円(2020年5月25日時点)

ハイエースで車中泊する際の注意点:夏編

海や山に出かけたくなる夏は、車中泊仕様のハイエースが大活躍する季節。標高が高いところでなければ、布団を持ち込む必要もないでしょう。

一方で、暑さに悩まされることもあります。2名以上で車中泊するとさらに顕著になります。

寝る時はドアと窓を閉め切らなければいけないため、湿気と熱気がこもりますし、エアコンをつけるわけにもいきません。

とはいえ窓を開けてしまうと、蚊や虫が入ってきて落ち着いて眠れないですよね。

そんな不満を解消してくれる夏の必需品が網戸です。

ハイエース用の網戸にはリアゲートいっぱいに取り付けるタイプもありますが、それだと防犯上の問題が出てくるので車中泊にはあまりおすすめできません。そのため窓に取り付ける網戸でしのぐ方がいいでしょう。

音があまり気にならない人には扇風機も有効です。ポータブル電源を持ち込めば、車内でも扇風機が使えます。

また夏は日が昇るのが早いため、カーテンや日除けシェードも必須です。なぜなら朝の日差しで目が覚めると、二度寝したくても眠れないほど車内が明るくなってしまうからです。

そのため、夏の車中泊は可能な限り日差しを遮り、風通しも良くするのがポイント。

なるべく朝陽が差し込まない場所に駐車し、東側の窓をカーテンや日除けシェードで完全に覆うことをおすすめします。逆に西側の窓には網戸を取り付けて、外気を取り込むといいでしょう。

ハイエースで車中泊する際の注意点:冬編

冬の車中泊の大敵といえば、やはり寒さが一番に挙げられます。

そのためスキー場の駐車場ではエンジンをかけたままエアコンを動かして車中泊するハイエースも見受けられますが、それだけは厳禁です。

なぜならマフラーから排気される一酸化炭素が車内に充満し、一酸化炭素中毒に陥る危険性があるからです。

では冬の寒さをどうしのげばいいのか? それは、まずは冷気を遮断すること。すべての窓に断熱性のあるシェードを取り付け、ボディやフロアにも断熱加工を施せば、防寒性を高めることができます。

その上で電気毛布と冬用の布団をかぶれば、普通に車中泊できるはず。電気毛布の電源はサブバッテリーやポータブル電源からとりましょう。

それでも眠れないという寒がりの人や極寒地での車中泊には、トランポ専門店の「オグショー」が展開するドイツ・エバスペヒャー社製ガソリン小型燃焼器の「ハイドロニックDS5」を活用した暖房システムがおすすめ。

これはエンジンオフの状態でも車内を暖めることができるウォーターヒーター。真冬の夜であっても、1時間もつければ汗が出るほど車内を暖かくできます。タイマー設定もできるので、真冬の車中泊の強い味方になってくれることでしょう。

まとめ

仕事グルマとしてはもちろん、トランポ、キャンピングカー、車中泊仕様の分野でも活用が広がるハイエース。

守備範囲の広いハイエースは、ユーザーの思いを叶えてくれる夢の箱車ともいえます。

でもハイエースを所有すると、待っているのはいいことばかりではありません。

ハイエースは盗難被害件数上位車種の常連。世界的に人気が高いが故に、車両盗難に遭いやすいのです。

そのためカスタムするのと同じくらい、車両盗難対策を講じることも重要なのです。ハイエースと過ごすカーライフを思い出深いものにするためにも、確実なセキュリティシステムも構築しておきましょう。

[筆者:井口 豪]

この記事の画像ギャラリーはこちら
井口 豪
筆者井口 豪

1975年4月29日生まれ。血筋は九州の埼玉県出身。自動車雑誌編集部員を経て、2004年にフリーランスに転身。多彩な趣味を持つウンチク好きの性分を生かし、自動車関連、ファッション、スポーツ、ライフスタイル、医療、環境問題など、幅広い分野で執筆活動を展開している。器用貧乏を地で行くフリーライター。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 雲風々
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる