絶版間近なホンダ S660、買うなら“残クレ”が狙い目!? 驚異の残価率に注目せよ!

  • 筆者: 小鮒 康一
  • カメラマン:小林 岳夫・MOTA編集部・Honda
画像ギャラリーはこちら
軽スポーツカー「ホンダ S660」が2022年3月に生産を終了します。ホンダから2021年3月12日(金)に発表された衝撃のニュースを聞き、各地の販売店ではにわかにS660の注文が急増しているそう。筆者の小鮒 康一氏も、思わず注文を入れてしまったひとりです。

小鮒氏は購入時、ホンダの残価設定ローン「残クレ」を利用して注文を入れました。ホンダの残クレは、一定期限で車両を返却することで、月々の支払いを軽減するローン形態ですが、S660はこの残価設定が凄かったのです!

終わっちゃうなんて信じられない! ホンダ S660を写真でもっと見る![画像46枚]

目次[開く][閉じる]
  1. S660を買うなら残価設定ローン“残クレ”がオススメだ!
  2. 残価設定ローンの利点を最大限に活用しよう
  3. 唯一の落とし穴に注意! 車両保険への加入は必須だ

S660を買うなら残価設定ローン“残クレ”がオススメだ!

軽で200万円台の車両本体価格はちょっとハードルが高い!?

2022年3月をもって生産終了がアナウンスされたホンダ S660。その直後、それまで購入を迷っていたユーザーが背中を押された格好になったのか、全国各地のディーラーでS660の商談をする姿が一気に増加したと言われています。

軽自動車ながらミッドシップレイアウトを採用し、ほぼ専用設計で作られたS660は、その内容を考えれば破格。

ではあるものの、2シーターかつほぼゼロと言っても過言ではない荷室スペースなど、実用性が皆無の軽自動車に200万円以上の金額を支払うというのは、ややハードルが高い行為と言えるかもしれません。

新しい買い方“残クレ”こと残価設定ローンとはどんな買い方!?

しかしS660で特筆すべき点と言えるのが、その残価率※です。

残価率とは、残価設定型クレジット(ホンダの場合は“残クレ”という名称)で車両を購入したときに最後に据え置かれる金額のことであり、人気のある車種であればその数値が高くなるもの。

この残価率、例えば5年の残価設定型クレジットでは多くの車種が30%もあれば御の字で、コンパクトカーなどは20%台というものも珍しくありません。

※オプションを含まない車両本体価格(税抜き)に対し、5年後も乗り続ける場合の設定価格を照らし合わせた率(2021年3月22日現在)

5年後の残価率、通常30%あれば御の字だが…S660は驚異の46%!

一方、ホンダ S660の5年後の残価率はなんと驚異の46%!

5年乗ってもほぼ半分しか価値が目減りしない計算となるのです。

上級グレードの“α”(232万1000円・消費税込)でも、5年後の残価がおよそ100万円となります。実質130万円程度のクルマを購入したときと同じくらいの負担でS660を楽しむことができる、というワケです。

この残価率は変動しているためあくまで執筆時点での数値となりますが、よほどのことがない限りS660が販売終了するまでにこの数値が大きく変動する可能性は少ないでしょう。ホンダの残価率は全国一律という点も嬉しいところです。

残価設定ローンの利点を最大限に活用しよう

残価設定ローンには大きく分けて2つのタイプがある

ちなみにこの残価には最終回にそのままその額の支払いを残すタイプのものと、その残価を保証し最終回に車両を返却することで残価の支払いが免除となるものが存在し、ホンダの残価設定型クレジットは後者となります。

そのため指定された走行距離やキズ、凹みが許容範囲内であれば、例えそのときにS660の市場価値が大幅に下落していたとしてもその残価が保証されるというワケ。

逆にそのときにS660の市場価値が大きくアップしていれば、他の買取店などに売却してもOKですし、気に入ったのならそのまま買い取って乗り続けるという選択を採ることも可能ということで、ほぼユーザー側にデメリットのないものと言えるでしょう。

残価額はクレジット会社が手堅く見積もる数値! さらに高値の可能性も!?

基本的にクレジット会社の設定する残価率は、会社が損をするリスクがないように比較的余裕を持った数値となっているため、5年間大切に乗っていれば残価額を上回る査定を叩き出す可能性も少なくありません。

特にS660のように趣味性の強いクルマではその傾向が強く、実際現時点で市場に流通しているS660の中古車で、最も安い部類のものでも車両価格が100万円を切るものは1台もありません。

特にMT車やモデューロXに代表される特別仕様車などは更なる高値となっているため、5年後に手放すときは残債が清算できるだけでなく、次の愛車の頭金にプラスできるほどの額になる可能性も大いにあるのです。

唯一の落とし穴に注意! 車両保険への加入は必須だ

万が一の事故に備えるためにも車両保険への加入は必須

ただ、残価設定型クレジットで購入する際に気を付けてもらいたいのが事故。修復歴に該当するような事故はもちろんですが、全損となってしまった場合は最終的に返却するはずだった車両がなくなってしまうため、高額な支払いだけが残ってしまいます。

そうならないためにも事故に気を付けることはもちろん、万が一のときカバーしてくれる車両保険の加入はマストと言えます。

幸いS660は軽自動車ですから任意保険も安めとなっていますので、あとで泣きを見ないためにも必ず加入しておきましょう。

[筆者:小鮒 康一]

ホンダ/S660
ホンダ S660カタログを見る
新車価格:
203.2万円304.3万円
中古価格:
129.8万円330万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
小鮒 康一
筆者小鮒 康一

1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後に急転直下でフリーランスライターへ。国産旧車に造詣が深いが、実は現行車に関してもアンテナを張り続けている。また、過去に中古車販売店に勤務していた経験を活かし、中古車系の媒体でも活動中。最近では「モテない自動車マニア」の称号も獲得。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 藤龍館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

ホンダ S660の最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ S660のカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ S660の中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ S660の記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ S660のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる