軽にもここまで安全装備が備わった! 未然に事故防止に役立つ「標識認識機能」「誤発進抑制機能」【 I LOVE 軽カー 】(1/2)

画像ギャラリーはこちら
軽自動車は広い居住空間や高い利便性だけ? やっぱり事故ったら普通車に比べて危ない? そんなこと全然ありません! 最近の軽自動車は安全性能が格段に進化しているのです。ここでは、具体的に何がどう進化しているのか、メーカーによって何が違うのかを、各安全装備ごとに分かりやすくお届け!

今回は、軽自動車の「標識認識機能」と「誤発進抑制」について解説していきます。

目次[開く][閉じる]
  1. 少し前までは想像もできなかった安全装備
  2. 見落としを防いで事故を防ぐことにつながる「標識認識機能」
  3. メーターに標識が表示されることで、事故のリスクを減らしてくれる
  4. アクセルとブレーキを踏み間違えても、勢いよくぶつかるのを防ぐ「誤発進抑制機能」
  5. 機能や作動できる環境はメーカーや車種により違うので、しっかりとチェック!

少し前までは想像もできなかった安全装備

軽自動車に安心して乗るために、安全性について取り上げているこの連載。ここ10年ほどで軽自動車の安全装備は驚くほど進化し、先を争うように先進装備が広く普及する状況になっている。今回紹介する「標識認識機能」と「誤発進抑制」のふたつの機能も、少し前までは想像もできなかったような安全装備。果たしてどんな機能で、どんなことを防いで安全をもたらしてくれるのかお伝えしよう。

見落としを防いで事故を防ぐことにつながる「標識認識機能」

まずは「標識認識機能」だ。

もし、メーターパネルに制限速度や進入禁止、そして一時停止などの道路標識が表示されたらドライバーにとってメリットは大きいだろう。制限速度は場所によって変わるので、道を走っていると「この道の制限速度は何キロ?」と気になる時があるが、メーターにも表示されれば安心できる。さらに一時停止や進入禁止を知らせてくれれば見落としを防いで事故を防ぐことにもつながる。標識をしっかり把握することは、安全に道を走るための大前提だ。

実は、最新のクルマにはそんな機能の普及が進んでいる。もちろん軽自動車だって例外ではない。ここ1年の間に発売された軽乗用車のほとんどに採用されているから、今後は軽自動車でも一般的になるのは間違いなさそうだ。メーターなどに表示できる標識は「最高速度」「進入禁止」「一時停止が基本」。メーカーによっては加えて「はみ出し通行禁止」や「規制終わり」の補助標識を映すものがある。

メーターに標識が表示されることで、事故のリスクを減らしてくれる

仕組みは、先進安全機能を作動させるためにクルマに備えたカメラを活用。道路わきの標識を読み込んで表示に反映するのだ(例外的に車両の機能としてではなくナビの機能として備えて画面に表示する一部のカーナビでは、地図データに制限速度や一時停止などが登録されている場合もある)。

この機能は、よく知らない道を走っている時にこそ真価を発揮するだろう。慣れていない道だと、進むべき道や曲がる場所を把握するだけでも意識が必要で、一時停止や進入禁止を見落とす可能性が高まる。いずれも見落とせば事故につながる可能性が高い。そんなときでも、メーターに標識が表示されることで、事故のリスクを減らしてくれるというわけだ。

クルマ選びにおいては、その機能が備わっているか、そしてどの標識が表示可能かをチェックしよう。

各メーカーの最新モデルの標識認識機能が対応する標識は以下の通りだ。

メーカー別、標識認識機能

ホンダ N-WGN

認識できる標識:制限速度、一時停止、進入禁止、はみ出し通行禁止

日産 ルークス/三菱 eKスペース

認識できる標識:制限速度、一時停止、進入禁止

ダイハツ タント

認識できる標識:制限速度、一時停止、進入禁止

スズキ ハスラー

認識できる標識:制限速度、一時停止、進入禁止、はみ出し通行禁止、規制終わり

ホンダ/N-WGN
ホンダ N-WGNカタログを見る
新車価格:
122.7万円182.7万円
中古価格:
36.8万円1,031.1万円
日産/ルークス
日産 ルークスカタログを見る
新車価格:
141.6万円206.7万円
中古価格:
14万円224.2万円
三菱/eKスペース
三菱 eKスペースカタログを見る
新車価格:
139.9万円176.8万円
中古価格:
29.9万円189.4万円
1 2 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
工藤 貴宏
筆者工藤 貴宏

クルマ好きが高じて在学中から自動車メディア業界に足を踏み入れ、気が付けば四半世紀。自動車雑誌編集者から編集プロダクション勤務を経てフリーランスの自動車ライターとして独立。自動車関連の雑誌やウェブで活躍している。モットーは「そのクルマは誰を幸せにするのか」。使い勝手などユーザー目線の記事を得意とする。永遠のスポーツカー好きで愛車はフランス製のホットハッチとディーゼルエンジンを積んだSUV。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 南熱海網代山温泉竹林庵みずの
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

ホンダ N-WGNの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ N-WGNのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ N-WGNの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ N-WGNの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ N-WGNのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる