【2022年】身長153cmの小柄女子がホンダ 新型N-BOXに試乗! 人気の理由に迫る【話題のクルマを運転してみた】

2022年上半期も販売台数1位を記録! ホンダ 新型N-BOXの概要

新型N-BOXは2022年4月〜9月までの販売実績でも8万6876台と2位に大差をつけて1位に君臨し続ける人気モデル。

軽自動車の中で人気のある全高1700mmを超えるスーパーハイトワゴンに分類されます。直近の一部改良では待望の電動パーキングブレーキとアダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)に全車速追従機能が追加されました。これにより、長距離の移動でも疲労を軽減することができ、安心して遠出ができる車に仕上がっています。

ホンダ N-BOXの価格/グレード

N-BOXのボディサイズは全長3395mm × 全幅1475mm × 全高1790mm(4WD:1815mm)、ホイールベースは2520mm。

今回試乗したのは、ホンダ N-BOX L・ターボ・コーディネートスタイル。動力源(パワーユニット)は、660ccのターボ付きエンジンとなります。

ホンダ N-BOXのグレード構成と価格は下記の通りです。エンジンや最高出力、最大トルクは2WDと4WDで同じです。

ホンダ N-BOX(2WD)ホンダ N-BOX(4WD)
シートタイプグレードエンジン最高出力/最大トルクWLTCモード燃費価格(税込)WLTCモード燃費価格(税込)
ベンチシート仕様G660cc直列3気筒58馬力/65Nm21.2km/L144万8700円19.8km/L158万1800円
L157万9600円171万2700円
L・コーディネートスタイル179万9600円193万2700円
L・ターボ64馬力/104Nm20.2km/L177万8700円19.0km/L191万1800円
L・ターボコーディネートスタイル190万9600円204万2700円
スーパースライド仕様EX58馬力/65Nm21.2km/L167万8600円19.8km/L181万1700円
EX・ターボ64馬力/104Nm20.2km/L182万9300円19.0km/L196万2400円

コーディネートスタイルはオシャレな2トーンカラー2色を設定!|ホンダ 新型N-BOXのデザイン

外観(エクステリア)は四角いコロンとした可愛らしいデザインが特徴的です。初代と比べると大きな変化はありませんが、スタイリッシュさに磨きがかかっているように感じます。

今回試乗したL・ターボ・コーディネートスタイルのボディカラーはプレミアムアイボリー・パールIIにルーフ色をブラウンにした2トーンのボディカラーです。

特別仕様車であるコーディネートスタイルにはプラチナホワイト・パールとルーフ色ブラウンの2トーンカラーの2パターンが設定されていますが、プレミアムアイボリー・パールIIの方が柔らかい印象を感じました。

また、通常グレードと異なる点としては、メッキドアハンドルとディッシュホイールが設定されています。

内装(インテリア)は、コーディネートスタイルだとダークブラウンで統一したデザインになります。細かな部品やシート表皮をブラウン色調とすることで落ち着いていながらもオシャレな仕立てになっています。

全高の高さがアダになる?|ホンダ 新型N-BOXに試乗して感じた乗り心地

新型N-BOXの走行性能は、今回試乗したターボエンジンモデルだと高速道路の合流など加速が必要な場面でパワフルな走りを見せてくれました。

コンパクトサイズであることから取り回しは非常にしやすく、街乗りではキビキビと走れる印象です。

乗り心地は一般道だと不満を感じることはありません。しかし、全高の高さもあって高速走行だと少しフラつきを感じました。強風が吹いている時などはいつも以上に慎重に車をコントロールする必要があります。スーパーハイトワゴンやミニバンなど背の高い車に慣れていない人は注意が必要です。

スーパーハイトワゴンならではの使いやすさ!|新型N-BOXの室内空間

車内は全高の高さがいきていて、広くて快適です。スライドドアは開口幅が広く、かさばる荷物の出し入れもしやすく便利でした。子育てファミリーにとっても使いやすいポイントになると思います。

また、走行中も後席の乗員と話すことができ、静粛性が高い印象を受けました。

ホンダ 新型N-BOXを運転していて感じたこと|新型N-BOX試乗

背の高い新型N-BOXで少し気になったのが、一般道の信号の位置が悪いと新型N-BOXの背の高さが邪魔をして信号が確認しにくいということです。先頭で待つ際に真上に信号機があるところで感じました。

またメーター位置も気になるポイントです。一般的な車はステアリングの前にメーターが設置されていますが、新型N-BOXの場合ステアリングより上に配置されています。長身の人であれば見やすいのですが、私のような小柄な人にとっては少し視界が遮られるような位置にきてしまいます。

まとめ

少し気になった点はありましたが、全体的に不満は少なく、軽自動車の優等生という印象でした。新型N-BOXが売れている理由も納得です。

今回試乗した新型N-BOX L・ターボコーディネートスタイルは2WDモデルでも190万9600円と、軽自動車であることを考えると値段は少々高めにはなってしまいますが、オシャレで可愛らしい車に乗りたいというファミリー層や長距離移動が多いけれどもコストはなるべく抑えたいという人にはオススメです。

【筆者:篠田 英里夏(MOTA編集部) カメラマン:MOTA編集部】

ホンダ/N-BOX
ホンダ N-BOXカタログを見る
新車価格:
144.7万円234.1万円
中古価格:
18.9万円280万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

篠田 英里夏(MOTA編集部)
筆者篠田 英里夏(MOTA編集部)

クルマ好きが高じて、大学卒業後は自動車専門紙の記者や自動車メディアの編集を経験し、現職に至る。MOTA編集部ではこれまでの知識を生かし、主に記事制作や取材、企画などを担当。最近ではeモータースポーツのレースにもたびたび参戦している。記事一覧を見る

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 別邸 仙寿庵

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

ホンダ N-BOXの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ N-BOXのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ N-BOXの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ N-BOXの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ N-BOXのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる