街乗りオンリーならNA、遠出するならターボ! N-BOXの悩ましいグレード選びをランニングコストやリセールバリューから考えてみた

  • 筆者: 永田 恵一
  • カメラマン:雪岡 直樹/ホンダ
画像ギャラリーはこちら
軽自動車を買う際にNA(ノンターボ)とターボが設定されるモデルだと「どちらにするか?」はなかなか難しい選択だ。

ここでは日本一売れている軽自動車であるホンダ N-BOXを例に、5年5万km走行という長期的な期間で、総合的な出費を含め「どちらにするべきか?」を考えてみた。例に挙げるのはN-BOXでは標準的なLグレード同士で比較してみた。

目次[開く][閉じる]
  1. N-BOX のLグレード(NA)は乗り出し185万円! ランニングコストはおよそ45万4000円かかる
  2. ターボモデルはNAに比べて約20万円高いが装備も充実
  3. 街乗りメインならNA、遠出が多いならターボ! 悩んでいるならターボが吉

N-BOX のLグレード(NA)は乗り出し185万円! ランニングコストはおよそ45万4000円かかる

まず、NAのLグレード(157万円9600円)にフロアマット、ETC、ベーシックなカーナビを加えた乗り出し価格が185万円となる。

次にNAとターボで違いが出そうなランニングコスト(クルマを走らせるために掛かるコスト)としてガソリン代とエンジンオイル交換代を計算してみよう。

NAのガソリン代はカタログに載るWLTCモード総合燃費が21.2km/Lなので、実用燃費をその90%となる19.0km/L、レギュラーガソリン1リッターを165円で計算すると5年5万km走行に掛かるガソリン代は43万4000円となる。

オイル交換は、NAの場合では1年に1回もしくは1万km走行ごとに1回のペースなので、1回5000円×4回で2万円といった費用だろう。

5年5万km走行後の査定は残価設定ローンの最終回支払い額を参考にすると56万円(39%)なので、N-BOX LグレードのNAを5年5万km使った大雑把な収支決算は(乗り出し価格185万円+ガソリン代43万4000円+オイル交換代2万)-査定56万円で174万4000円となる。

ターボモデルはNAに比べて約20万円高いが装備も充実

対するターボのLグレードは車両本体価格177万8000円と約20万円高いが、サイド&カーテンエアバック、右スライドドアの自動開閉機能、革巻きハンドル+パドルシフトといった装備も加わるので、実質的なNAとの差額は14万円程度だ。

NA同様に計算していくと乗り出し価格は207万円。5年5万km走行に掛かるガソリン代はWLTCモード総合燃費がNAと意外に変わらない20.2km/Lなので、実用燃費をその90%と仮定し、18.2km/Lで計算すると45万3000円である。

オイル交換は、ターボの場合では半年に1回もしくは5000km走行ごとに1回のペースなので、1回5000円×9回で4万5000円と想定する。

結果、5年5万km走行後の査定は63万円(39%)なので、N-BOX Lグレード ターボを5年5万km使った大雑把な収支決算は(乗り出し価格207万円+ガソリン代45万3000円+オイル交換代4万5000円)-査定63万円で193万8000円となる。

N-BOXのNAとターボを長い目で見た出費の差額は、車両価格や乗り出し価格の差額に近い19万4000円、装備の差を加味すると13万4000円となる。

街乗りメインならNA、遠出が多いならターボ! 悩んでいるならターボが吉

この差額をどう見るかは「街乗りオンリーなら安いNA、高速道路やワインディングロードを走ることが多いなら動力性能に大幅な余裕が加わるターボ、迷っているなら差額分の価値はあるのでターボ」という選び方がいいだろう。

また、軽自動車には日産 デイズ、スズキ スペーシア、スズキ ハスラー、ダイハツ タフトなど、NAとターボの差額が10万円程度と小さいものも少なくない。こういったモデルでは絶対的な価格や使い方、クルマの性格もあるが、ターボを基本に考えた方がより長期間に渡って満足度の高いカーライフを送れるだろう。

【筆者:永田 恵一】

ホンダ/N-BOX
ホンダ N-BOXカタログを見る
新車価格:
144.7万円234.1万円
中古価格:
20.5万円1,664.4万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

永田 恵一
筆者永田 恵一

1979年生まれ。26歳の時に本サイトでも活躍する国沢光宏氏に弟子入り。3年間の修業期間後フリーランスのライターとして独立した。豊富なクルマの知識を武器に、自動車メディア業界には貴重な若手世代として活躍してきたが、気付けば中堅と呼ばれる年齢に突入中。愛車はGRヤリスと86、過去には日本自動車史上最初で最後と思われるV12エンジンを搭載した先代センチュリーを所有していたことも。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... オーベルジュ 箱根フォンテーヌ・ブロー仙石亭

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

ホンダ N-BOXの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ N-BOXのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ N-BOXの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ N-BOXの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ N-BOXのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる