新型ホンダ フィットは旧型モデルから一体何が変わった?|サックと新旧比較

画像ギャラリーはこちら
2001年の登場以来、大人気のホンダ フィットが2020年2月にモデルチェンジした。内外装ともシンプルなデザインとなったほか、安全運転支援システムを全車標準装備とするなど、文句なしの進化を果たした。グレード構成にも手が加えられ、フィット史上初となるクロスオーバーモデル「クロスター」が新設定されるなど、ますます魅力いっぱいの1台に。今回は、旧型モデルから変わった点など気になることをサラッとご紹介!

>>フィットのSUVモデルがカッコ良すぎる! その詳細はコチラ

目次[開く][閉じる]
  1. 柴犬がモチーフのほんわかデザインへ
  2. メーターを液晶タイプに! クラストップレベルの未来っぽさがイイっ
  3. MT廃止は残念だが、ハイブリッドはEVに近い乗り味でキビキビ感アップ!
  4. 4種類のタイプをラインアップ! フィット史上初のSUV風モデルも
  5. 【動画】ホンダ 新型フィットe:HEV HOME 公道試乗

柴犬がモチーフのほんわかデザインへ

4代目へとフルモデルチェンジを果たした新型ホンダ フィット。プラットフォームは先代モデルと同じであるものの、全体の雰囲気からパワートレインなどソフト面、ハード面ともに大きく一新された。

ボディサイズは引き続き5ナンバーサイズとなっており(クロスターを除く)全長が5mm長くなり、全高が10mm低くなった程度であるが(全長4090mm×全幅1725mm×全高1545mm)、先代の抑揚の強いデザインからシンプルなデザインへと一転したことで、コンパクトになった印象を受ける。

新型フィットをもっと知りたい! って方はコチラの記事も併せてチェック▼

メーターを液晶タイプに! クラストップレベルの未来っぽさがイイっ

内装も外装と同じく極力シンプルな造形となり、メーターはアナログメーターを廃して液晶パネルに変更。全グレードで電子制御パーキングブレーキを採用したことで、センターコンソールもスッキリとした。

MT廃止は残念だが、ハイブリッドはEVに近い乗り味でキビキビ感アップ!

ハイブリッドモデルが新たにオデッセイハイブリッドやC-RVハイブリッドで採用している2モーター方式に変更となり、ガソリンモデルは1.5Lモデルを廃して1.3Lに一本化。併せて先代モデルに設定されていた3ペダルMTも消滅している。

4種類のタイプをラインアップ! フィット史上初のSUV風モデルも

グレード体系も、標準的な「BASIC」、装備充実の「HOME」、アクティブな「NESS」、SUVスタイルの「CROSSTAR」、上質な「LUXE」と明確にキャラクター分けがなされ、先進安全装備は全車標準装備となるなど、メーカーオプションも簡略化。クルマ選び初心者にも分かりやすくなっている。

【筆者:小鮒 康一】

【動画】ホンダ 新型フィットe:HEV HOME 公道試乗

最後まで読んで頂いた方には超豪華な旅館宿泊のチャンス!

2019年12月17日からMOTAにてリリースされた「ドライブ/宿」企画。

今回は、MOTA厳選宿公開記念として、1組2名さまに抽選で当たる宿泊券プレゼントキャンペーンを実施します。

応募条件は、以下のページからMOTAのメールマガジンに会員登録し、当キャンペーンに応募するだけ。

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この機会に是非ご応募ください! 中には1泊10万円以上の宿も…!?

どんな宿があるかは、ページ上部右端の「ドライブ/宿」ページで見れるので要チェック!

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

ホンダ/フィット
ホンダ フィットカタログを見る
新車価格:
155.8万円253.7万円
中古価格:
12万円291万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
小鮒 康一
筆者小鮒 康一

1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後に急転直下でフリーランスライターへ。国産旧車に造詣が深いが、実は現行車に関してもアンテナを張り続けている。また、過去に中古車販売店に勤務していた経験を活かし、中古車系の媒体でも活動中。最近では「モテない自動車マニア」の称号も獲得。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 和心亭豊月
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

ホンダ フィットの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ フィットのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ フィットの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ フィットの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ フィットのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる