ハスラーとは全く別モノ! タフトは究極のミニマリストだった

  • 筆者: MOTA編集部 木村 剛大
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
世界的に大流行のSUV。その波は軽自動車にも及び、2013年デビューのハスラーやジムニーなどが人気を博しているのはご存知の通り。現状軽SUVに関してはスズキの独壇場だったが、ダイハツもタフトで挑戦。その完成度たるや普通車以上というが、一体どんなクルマなのか? 詳しく見ていこう。

約135万円で充実の先進安全装備

かつて軽自動車といえば100万円も出せば“フツー”のクルマが買えたものの、今は先進安全装備など付帯装備もかなり増えたため200万円はくだらない。そんななか、タフトの135万円台〜というのはかなりお買い得だ。

というのも、タフトは衝突被害軽減ブレーキはもちろん、車線逸脱抑制制御や電動パーキングブレーキなどが全車標準。さらに最上級グレードのGターボには全車追従式クルーズコントロールを標準装備※とするなど、普通車顔負けの充実の安全装備がついているのだ。

※NAエンジンのGにはメーカーオプション

カクカクボディがいい! タフトの全貌はコチラ

NA(ノンターボ)エンジンとターボモデルをラインアップ。WLTCモード燃費はそれぞれ20.5km/L、20.2km/Lをマークをマークし、それほど大きな差がないのは嬉しいポイント。

タフトの前席と後席でデザインがガラッと違う理由とは

広い足もとに注目! タフトの運転席をもっと見る

前席はブラックを基調としたシート地と内装なのに対し、後席はグレー基調と、前後で色合いを分けている。これにも意味があるという。

直接的なライバルとなるハスラーとは異なり、リヤシートの足もとはFF/4WDモデルに関わらずはセンタートンネルが突き出たイメージとなっている。全長を低く抑えているため、足もとをフラットにすると床が上がり、窮屈となってしまう。そこで、足もとスペースを確保するために敢えてフラットにはしなかったという。

さらに、リヤシートは前後スライド機能の設定がそもそもない。ダイハツが軽自動車ユーザーを調査したところ、平均乗車人数が1.5人と後席は荷室として使用するケースが多かったという。

こうしたユーザーの実情を踏まえつつ、そして何より求めやすい価格を実現するため、ダイハツではタフトの後席の仕様をある程度割り切った。つまり前後席デザインの違いは、ダイハツが考えるタフトのコンセプトを端的に表現したものなのだ。

シートアレンジが超簡単! 意外と積めるゾ

本当にユーザーが必要としている機能だけを織り込んだタフト。先進安全装備も充実しているだけに、ヒットメーカーになること間違いなしだ。

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。

鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし!

簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

ダイハツ/タフト
ダイハツ タフトカタログを見る
新車価格:
135.3万円173.3万円
中古価格:
115万円220万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者MOTA編集部 木村 剛大
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 櫻湯 山茱萸
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

ダイハツ タフトの最新自動車ニュース/記事

ダイハツのカタログ情報 ダイハツ タフトのカタログ情報 ダイハツの中古車検索 ダイハツ タフトの中古車検索 ダイハツの記事一覧 ダイハツ タフトの記事一覧 ダイハツのニュース一覧 ダイハツ タフトのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる