毎日の運転で感じるヒヤリハットを回避できる! ダイハツ 新型 軽SUV“タフト”徹底解説!

画像ギャラリーはこちら
2020年6月、ダイハツから新型軽SUVのタフトがデビューした。軽SUVとして大ヒットしたスズキ ハスラーに対抗するモデルだ。タフトならではの特徴、ライバルとの違いなどを国内外の新車を熟知するカーライフ・ジャーナリスト、渡辺 陽一郎氏が全4回に渡って徹底解説する。今回はダイハツ タフトに積まれる2つのエンジンと、先進運転支援技術についてご紹介しよう。

>>ロングドライブでも問題なし! 新型タフトに搭載の安心機能を画像でチェック!

いつものアクセル操作でも気持ちのいいスムーズな加速を実現したエンジン

エンジンはノーマルタイプとターボ付きの2種類を用意した。ノーマル(ノンターボ)エンジンは最高出力が52馬力(6900回転)、最大トルクは6.1kg-m(3600回転)。ターボは64馬力(6400回転)・10.2kg-m(3600回転)となる。

WLTCモード燃費は、2WD仕様で見るとノーマルエンジンが20.5km/L、ターボは20.2km/Lだ。ターボの最大トルクはノーマルエンジンの1.7倍に達するが、燃費数値はほとんど同じ。ターボに組み合わせるCVT(無段変速AT)は、ギヤ駆動を併用するD-CVTで、効率を向上させたこともあって燃費数値がノーマルエンジンと同等になった。

ペダルを踏み間違えたときに、急発進を抑制

注目度の高い衝突被害軽減ブレーキも進化した。センサーとして使われる2個のカメラを刷新させ、夜間の歩行者検知も可能だ。ブレーキの対応速度も高めている。誤発進抑制機能は、前後両方向に対応してブレーキも作動させる。

車線から逸脱した時は、警報を発して、必要に応じてステアリング操作も支援する。車線のない場所でも機能する路側逸脱警報も採用した。GとGターボには、進入禁止や一時停止の標識を表示する機能も備わる。

夜間走行時もしっかりサポート

ハイビームで走行中に対向車や先行車を検知した時は、LEDヘッドランプを自動的にロービームに切り替える機能をXに採用した。

さらにGとGターボでは、アダプティブドライビングビームにグレードアップする。複数装着されたLEDヘッドランプのいくつかを消灯して、ハイビーム状態を保ちながら、相手車両の眩惑を抑える。サイド&カーテンエアバッグも全車に標準装着した。

先進の運転支援機能搭載で不安解消!

運転支援機能も先進的だ。

車間距離を自動制御できるクルーズコントロール(ACC)は全車速追従型になる。しかも前述のようにパーキングブレーキが電動式だから、追従停車時間が長引いた時は、パーキングブレーキを自動作動させて停車を続けられ、渋滞走行にも対応した。

レーンキープコントロールも採用され、車線に沿って走りやすいように、電動パワーステアリングの操舵を支援する。

全車速追従機能付ACCとLKCはGターボに標準装着され、Gもメーカーオプション「スマートクルーズパック」として装着可能だ(4万4000円)。

快適装備も充実させた。インテリアの項でもお伝えしたが、大型ガラスルーフのスカイフィールトップを全車に標準装着する。通常は8~10万円でオプション設定されるものだが、装着コストを抑えるため標準装備とした。

[筆者:渡辺 陽一郎/撮影:ダイハツ工業]

次回グレード選び編は2020年6月22日(月)公開予定!

いかがでしたか。新しいダイハツ タフトの2種類のエンジンの違いや先進機能がよくわかりました。もっと気になったアナタは、ぜひ実際に販売店でも確かめてみてくださいね。

ダイハツ タフト 新型車解説、次回はいよいよ最終回です。おススメグレードやライバル車などについて詳しく解説する「グレード選び編」をお届けします。お楽しみに。

ダイハツ タフト 主要スペック比較表
グレード名XGGターボ
全長×全幅×全高3395mm×1475mm×1630mm3395mm×1475mm×1630mm3395mm×1475mm×1630mm
ホイールベース2460mm2460mm2460mm
駆動方式FF(2WD)

フルタイム4WD(4WD)

FF(2WD)

フルタイム4WD(4WD)

FF(2WD)

フルタイム4WD(4WD)

エンジン種類水冷直列3気筒

12バルブDOHC

インタークーラーターボ横置

水冷直列3気筒

12バルブDOHC横置

水冷直列3気筒

12バルブDOHC横置

総排気量658cc658cc658cc
トランスミッションCVTCVTCVT
価格135万3000円(2WD)

147万9500円(4WD)

148万5000円(2WD)

161万1500円(4WD)

160万6000円(2WD)

173万2500円(4WD)

※スペックはダイハツ社内測定値 。価格はいずれも消費税込み

新型タフト スマートアシスト 全車速追従機能付ACC編【ダイハツ公式動画】

寝ながらマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。

鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝ながらマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし!

簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる2社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

ダイハツ/タフト
ダイハツ タフトカタログを見る
新車価格:
135.3万円173.3万円
中古価格:
115万円183.4万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 櫻湯 山茱萸
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

ダイハツ タフトの最新自動車ニュース/記事

ダイハツのカタログ情報 ダイハツ タフトのカタログ情報 ダイハツの中古車検索 ダイハツ タフトの中古車検索 ダイハツの記事一覧 ダイハツ タフトの記事一覧 ダイハツのニュース一覧 ダイハツ タフトのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる