デビュー前から人気車種になる予感しかなかった!? 遂に発売されたダイハツ軽SUV“タフト”を徹底解説!

画像ギャラリーはこちら
2020年6月、ダイハツから新型軽SUVのタフトがデビューした。軽SUVとして大ヒットしたスズキ ハスラーに対抗するモデルだ。タフトならではの特徴、ライバルとの違いなどを国内外の新車を熟知するカーライフ・ジャーナリスト、渡辺 陽一郎氏が全4回に渡って徹底解説する。

>>アウトドア好きには最高! 内装とカラバリを写真でチェック

目次[開く][閉じる]
  1. まだまだ伸びしろのありそうな軽のクロスオーバーSUVというジャンル
  2. スクエアなフォルムでオモチャっぽさもある楽しいデザイン
  3. 視界が広々としており、開放的な室内空間が楽しめる内装に

まだまだ伸びしろのありそうな軽のクロスオーバーSUVというジャンル

昨今は新車として売られるクルマの37%前後を軽自動車が占める。しかも軽乗用車の80%以上は、全高が1600mmを超える背の高い車種だ。またいっぽうで乗用車全般の状況を見てみると、SUVカテゴリーの人気が上昇中だ。乗用車(新車)総販売台数の15%前後を占めるほどに成長している。

そんな中2020年6月10日、背の高い軽自動車とSUVという、2つの売れ筋要素を併せ持つ新型車が登場した。それがダイハツ タフトだ。

ダイハツ タフトの全高は1630mmだから、ダイハツのハイトワゴン、ムーヴと同程度になる。

プラットフォームは最新のDNGA(Daihatsu New Global Architecture)の考え方に基づく設計の新しいタイプで、ホイールベース(前輪と後輪の間隔)の数値も2460mmだから、2019年にDNGAの設計思想で誕生した軽スーパーハイトワゴンの4代目タントと同じだ。

価格は135万3千円から173万2千500円で、最近の軽自動車の中では全体にお手頃な価格設定となっている。なお詳しいグレード解説やエンジンラインナップなどについては、順次ご紹介していく。

スクエアなフォルムでオモチャっぽさもある楽しいデザイン

まずは特徴的なダイハツ タフトの外観からご紹介する。

タフトはボンネットを含めて水平基調のデザインで、前後左右ともにピラー(柱)や窓、リアゲートなどの角度を直立させた。小さいながらSUVらしい存在感が強い。しかも四角い形状は、広い室内を確保する上でも有利になる。

フロントマスクは上下方向に厚みがあり、角型LEDヘッドランプも備わるから、遠方からでもタフトだと認識される。

ボディサイドのホイールが収まるフェンダー部分と下まわり、前後バンパーの下側には、ボディを守るイメージの黒い樹脂パーツも装着した。これらも力強いSUVらしさを際立たせる。

トレンドをしっかり押さえた全9色のカラバリをチェックする!

視界が広々としており、開放的な室内空間が楽しめる内装に

インパネ・ダッシュボードまわりなど、外観と同じようにダイハツ タフトの内装デザインも直線基調でまとめられている。

ATレバーはインパネの中央に配置され、この左側には空調スイッチが備わる。機能的で、メーターを含めて視認性と操作性も良い。

インパネ中央の下側にトレイが備わり、この一番手前にパーキングブレーキスイッチを配置した。レバー式や足踏み式のパーキングブレーキに比べて操作しやすい。

パーキングブレーキは電動式となり、スイッチにより操作できる。オートブレーキホールド機能も備え、停止時にブレーキを保持し、アクセルを踏むと自動的に解除してくれる。

またダイハツ タフトの大きな特徴となるのが、大型ガラスルーフのスカイフィールトップだ。これは全車に標準装着される。通常このような装備は8~10万円のオプションで設定されることが多いが、装着コストを抑えるために全車に標準装着している。

このため車内は明るく開放的だ。気になる紫外線対策や車内の室温上昇については、スーパーUV(紫外線)&IR(赤外線)カットガラスを採用し、さらに開閉式のシェードも備えている。

[筆者:渡辺 陽一郎/撮影:ダイハツ工業]

次回、パッケージング編は2020年6月16日(火)公開予定!

いかがでしたか。新しいダイハツ タフトは内外装のデザインがとても特徴的でしたね。大きなスカイフィールトップがある室内にも一度乗ってみたくなります。

ダイハツ タフト 新型車解説、次回はタフトの室内や荷室の広さについて徹底的に解説する「パッケージング&使い勝手編」をお届けします。お楽しみに!

ダイハツ タフト 主要スペック比較表
グレード名XGGターボ
全長×全幅×全高3395mm×1475mm×1630mm3395mm×1475mm×1630mm3395mm×1475mm×1630mm
ホイールベース2460mm2460mm2460mm
駆動方式FF(2WD)

フルタイム4WD(4WD)

FF(2WD)

フルタイム4WD(4WD)

FF(2WD)

フルタイム4WD(4WD)

エンジン種類水冷直列3気筒

12バルブDOHC

インタークーラーターボ横置

水冷直列3気筒

12バルブDOHC横置

水冷直列3気筒

12バルブDOHC横置

総排気量658cc658cc658cc
トランスミッションCVTCVTCVT
価格135万3000円(2WD)

147万9500円(4WD)

148万5000円(2WD)

161万1500円(4WD)

160万6000円(2WD)

173万2500円(4WD)

※スペックはダイハツ社内測定値 。価格はいずれも消費税込み

新型タフト スカイフィールトップ【ダイハツ公式動画】

自宅に居ながら気軽に愛車の査定をしてみませんか?

クルマがいくらで売れるのか知りたくありませんか?

でもディーラーや買取店にいくのはちょっと面倒。

かといって買取店の方に自宅へ来てもらって査定してもらうのも気が引けますよね。

MOTA車買取なら、PC・スマホで愛車の情報を入力するだけ!

外出せずとも自宅に居ながら概算の見積り額を出すことが可能です!

MOTA車買取はこちら

「お店に行かずに簡単に買取申込をしたい」

「今すぐに売りたいわけではないけど、自分のクルマの価格が知りたい」

そんな人はお気軽にMOTA車買取をクリック! 最短45秒でエントリーが完了します!

MOTA車買取はこちら

ダイハツ/タフト
ダイハツ タフトカタログを見る
新車価格:
135.3万円173.3万円
中古価格:
115万円183.4万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 南熱海網代山温泉竹林庵みずの
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

ダイハツ タフトの最新自動車ニュース/記事

ダイハツのカタログ情報 ダイハツ タフトのカタログ情報 ダイハツの中古車検索 ダイハツ タフトの中古車検索 ダイハツの記事一覧 ダイハツ タフトの記事一覧 ダイハツのニュース一覧 ダイハツ タフトのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる