グレード選びに迷っている人は必読! ダイハツ 新型 軽SUV“タフト”徹底解説!

画像ギャラリーはこちら
2020年6月、ダイハツから新型軽SUVのタフトがデビューした。軽SUVとして大ヒットしたスズキ ハスラーに対抗するモデルだ。タフトならではの特徴、ライバルとの違いなどを国内外の新車を熟知するカーライフ・ジャーナリスト、渡辺 陽一郎氏が全4回に渡って徹底解説する。第4弾となる今回はダイハツ タフトのグレードと、豊富なオプションの選び方を伝授。おススメの組み合わせをご紹介する!

>>お手軽にドレスアップできる! パッケージオプションを画像で詳しくチェック!

目次[開く][閉じる]
  1. とてもシンプルで女性にも分かりやすいグレード展開!
  2. 多彩に用意されるパッケージオプションはどう選ぶ!?
  3. メリットとデメリットがはっきりしたクルマ

とてもシンプルで女性にも分かりやすいグレード展開!

ダイハツ タフトのグレード展開は3つ。

X(2WDの価格は135万3000円)、G(148万5000円)、Gターボ(160万6000円)とシンプルだ。

GはXに比べて13万2000円高いが、アダプティブドライビングビーム、アルミホイール、ルーフレール、スーパーUV&IRカットガラスなど18万円相当の装備が加わる。

GターボはGに比べて12万1000円高いが、前者にはターボと併せて運転支援機能も加わる。このオプション価格は前述の4万4000円だから、ターボの正味価格は実質7万7000円と換算される。

CVTも上級化して、ターボながら燃費がほとんど悪化しないから、実施価格が7万7000円なら割安と判断できる。

従って街中を中心に走るならG、峠道を登ったり高速道路を使う機会が多い場合はGターボを選ぶのがおススメだ。4WDも車両重量が50kg増えて880kgになるから、動力性能が高まるターボが効果的だ。

多彩に用意されるパッケージオプションはどう選ぶ!?

なお選ぶ時に注意を要するのが、外観をドレスアップするオプションだ。

生産ラインで装着するメーカーオプションとして、クロムパック(1万6500円)、ブラックパック(1万1000円)、ホワイトパック(5500円)がある。

さらに販売店で装着するディーラーオプションには、メッキパック(4万1316円)、ダークブラックメッキパック(5万2536円)などを豊富に用意した。

メーカーオプションは生産ラインで装着するため、価格は全般的に割安だ。逆にディーラーオプション価格には、販売会社が受け取る粗利が多く含まれて割高になる。

従って割安に済ませるなら、メーカーオプションのみを装着したい。ただしスタイルパック(外装のメーカーオプション)は、GとGターボのみに用意されて、Xには対応していない。

Gにホワイトパックを装着すると、外観が部分的にホワイト塗装され、ホイールもアルミからスチールのホワイトに変更される。これはグレードダウンと受け取られるが、同じホワイトのスチールホイールをディーラーオプションでXに装着すると、4本セットで4万8290円だ。

従ってホワイト外観が欲しいなら、Gを選び、メーカーオプションのホワイトパックを装着する方が明らかにトクだ。Xをベースにすると、ホワイトホイールだけで4万8290円に達するから割高になってしまう。

メリットとデメリットがはっきりしたクルマ

タフトの実用面で注意すべきは、シートアレンジが単純なことだ。特に子育て世代の場合、チャイルドシートを装着した後席を前側へスライドさせたい。

運転席に座る親との間隔が縮まり、信号待ちの時などに子供のケアをしやすく、車内最後部の空間は広がってベビーカーなどを積めるからだ。

ライバルのスズキ ハスラーをはじめ、最近発売されている多くの軽自動車にはこのような後席のスライド機構が備わるが、タフトには設定がない。

ただタフトはこれらの使い勝手が悪い代わりに、スカイフィールトップを全車に標準装着するなど、価格の割に装備を充実させた。安全装備と運転支援機能も進歩的だ。

このようにメリットと欠点がハッキリしたクルマなので、自分の好みや用途との親和性を考えて購入したい。

2020年6月時点で販売店に確かめたところによると、納期は1か月から1か月半なので、今のところさほど長引いてはいないようだ。

[筆者:渡辺 陽一郎/撮影:ダイハツ工業]

ダイハツ タフト 主要スペック比較表
グレード名XGGターボ
全長×全幅×全高3395mm×1475mm×1630mm3395mm×1475mm×1630mm3395mm×1475mm×1630mm
ホイールベース2460mm2460mm2460mm
駆動方式FF(2WD)

フルタイム4WD(4WD)

FF(2WD)

フルタイム4WD(4WD)

FF(2WD)

フルタイム4WD(4WD)

エンジン種類水冷直列3気筒

12バルブDOHC

インタークーラーターボ横置

水冷直列3気筒

12バルブDOHC横置

水冷直列3気筒

12バルブDOHC横置

総排気量658cc658cc658cc
トランスミッションCVTCVTCVT
価格135万3000円(2WD)

147万9500円(4WD)

148万5000円(2WD)

161万1500円(4WD)

160万6000円(2WD)

173万2500円(4WD)

※スペックはダイハツ社内測定値 。価格はいずれも消費税込み

新型タフト 商品紹介ムービー【ダイハツ公式動画】

▼ダイハツ タフト 徹底解説 これまでの記事を見てみる▼

寝ながらマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。

鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝ながらマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし!

簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる2社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

ダイハツ/タフト
ダイハツ タフトカタログを見る
新車価格:
135.3万円173.3万円
中古価格:
115万円183.4万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 南熱海網代山温泉竹林庵みずの
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

ダイハツ タフトの最新自動車ニュース/記事

ダイハツのカタログ情報 ダイハツ タフトのカタログ情報 ダイハツの中古車検索 ダイハツ タフトの中古車検索 ダイハツの記事一覧 ダイハツ タフトの記事一覧 ダイハツのニュース一覧 ダイハツ タフトのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる