ヴォクシー、じゃなくて「シトロエン グランドC4スペースツアラー」|あえて選ぶガイシャのススメ Vol.10

画像ギャラリーはこちら
あえて選ぶガイシャのススメ。この企画では「国産車、じゃなくて輸入車」をテーマに、様々なカテゴリーの車種を比較検討します。第10回のテーマはミニバン対決。「トヨタ ヴォクシー」と、「シトロエン グランドC4スペースツアラー」を徹底比較してみます!

>>トヨタ あなたならどっちを選ぶ!? ヴォクシーとシトロエン グランドC4スペースツアラーを画像でチェック!

目次[開く][閉じる]
  1. 家族の夢を丸ごと載せる? ベストセラーのヴォクシー
  2. シトロエン グランドC4スペースツアラーはミニバンじゃない?
  3. パワーはヴォクシー、走りやすいのはグランドC4スペースツアラー
  4. 選ぶならどっち!?
  5. 選ばれたのは、シトロエン グランドC4スペースツアラー!
グランドC4スペースツアラーの最新自動車ニュース&記事

家族の夢を丸ごと載せる? ベストセラーのヴォクシー

2019年には8万台を超える販売を記録したミニバンのトヨタ ヴォクシー。

トヨタ シエンタ、日産 セレナに次いでミニバンとしては3番目に売れているクルマです。家族の夢を丸ごと載せる広々とした室内空間を実現し、Fun(快適性)、Utility(使用性)、Nenpi(燃費)を高次元で融合する「Spacious FUN Box」をキーワードに開発されたのがこのヴォクシー(とノア)です。

トヨタ/ヴォクシー
トヨタ ヴォクシーカタログを見る
新車価格:
255.6万円344.3万円
中古価格:
9.9万円1,170.9万円

具体的には、“EMOTIONAL BOX”をデザインコンセプトに、個性豊かな表情と魅惑的な印象を備えた力強いハコ(箱)を追求したデザイン。個性的なフロントマスクにより、“毒気”のあるカッコよさを表現しています。

新開発の低床フラットフロアによるパッケージを採用することで、広々空間やノンステップによる子供・高齢者にも優しい乗降性、使い勝手の良い荷室を実現。

さらに、7人乗り仕様車のセカンドシートに、横スライド機構とワンタッチスペースアップサードシートの組み合わせで超ロングスライド(スライド量810mm)を実現したキャプテンシートを始め、様々なシートレイアウトを可能とし、更にその操作が女性でも軽く出来ることが大きなポイントとなっています。

そのほかにも、駐車枠を自動認識して駐車支援するインテリジェントパーキングアシスト(イージーセット機能付)や、バックカメラの視野角を約180度まで拡大した広角カラーバックガイドモニター、ワンタッチスイッチ付パワースライドドア(デュアルイージークローザー付)、おくだけ充電などの快適装備も採用されています。

シトロエン グランドC4スペースツアラーはミニバンじゃない?

一方のシトロエン グランドC4スペースツアラーは、TECHNOSPACE(テクノスペース)をコンセプトに、シトロエンの独創的なクルマづくりの哲学を結集したMPVです。ちなみに少し前までは「グランドC4ピカソ」という名前でしたが、2018年秋に名称を変更しています。

近未来的なエクステリアとフルデジタルのインターフェイス、使う人の期待に応えるフレキシビリティを具現化し、同クラスの中でも極めて個性的なモノスペースとして人気を博しています。

グループPSAの次世代プラットフォーム「EMP2」による低重心で、安定した走りと広大な室内スペース、完全独立の7名分のシートは5.7m2におよぶクラス最大級のパノラミックガラスルーフと相まって、いわゆるミニバンの既成概念を超えた開放感とくつろぎ感、シトロエンならではのコンフォート性を他にないレベルで両立させています。

さらに、パワーユニットは8速オートマチックEAT8にクリーンディーゼル2リッターターボエンジンを搭載。最大トルク400Nmによ17.3km/L(WLTCモードでJC08モードでは18.8km/l)という優れた燃費性能を誇っています。

パワーはヴォクシー、走りやすいのはグランドC4スペースツアラー

では諸元表で比較をしてみましょう。

トヨタ ヴォクシー ハイブリッド ZS / シトロエン グランドC4スペースツアラー シャイン ブルーHDi 主要スペック比較表
車種名ヴォクシーグランドC4スペースツアラー
グレード名1.8 ハイブリッド ZS CVTシャイン ブルーHDi ディーゼルターボ AT
価格(消費税込み)335万円416万円
乗車定員7名7名
全長×全幅×全高4710mm×1735mm×1825mm4605mm×1825mm×1670mm
ホイールベース2850mm2840mm
車両重量1620kg1660kg
総排気量1797cc1997cc
エンジン種類直列 4気筒 DOHC直列 4気筒 DOHC

ディーゼルターボ

エンジン最高出力73kW(99PS)/5200rpm120kW(163PS)/3750rpm
エンジン最大トルク142Nm(14.5kg・m)/4000rpm400Nm(40.8kg・m)/2000rpm
使用燃料レギュラー軽油
駆動方式FFFF
トランスミッション電気式無段変速機/インパネ CVT8速AT/コラム 8
燃料消費率(JC08モード燃費)23.8km/L18.8km/L
タイヤサイズ205/55R16205/55R17

ボディサイズはグランドC4スペースツアラーの方が短く広く低く、どちらかというと乗用車とミニバンの間のサイズ感です。パワートレインをヴォクシーのハイブリッドと比較をしてみると、パワーはヴォクシーの方が(エンジンとモーターを足すと)ありますが、トルクはグランドC4スペースツアラーの方が厚く、かつ、低回転域で最大トルクを発生していますので、フル乗車したときでも、発進時などより走りやすい仕上がりと言えそうです。

選ぶならどっち!?

乗る人への優しさが伝わってくるヴォクシー

ヴォクシーは徹頭徹尾、ミニバンのシルエット。いかに室内のスペースを稼ぐかに重きを置いたもので、リアゲートをはじめ、サイド部分も基本的には抑揚を持たせず、地面に対して垂直に近い面構成を持たせています。

ヴォクシーを選んだ場合のメリット。まずは、スライドドアです。子どもの乗り降りやベビーシートなどに親が乗せる場合には、スライドドアはかなりのメリットとなるでしょう。

また、シートレイアウトのやりやすさや操作時の軽さはまさに日本車ならでは。女性でも軽々こなせます。

明るく楽しいシトロエン グランドC4スペースツアラー

では、シトロエン グランドC4スペースツアラーの場合はどうでしょうか。

まず圧倒的な室内の明るさがあります。前席の頭付近にまで広がるフロントウインドウやガラスルーフなどから降り注ぐ日の光は他のクルマではまず味わえないものです。

また、個々人を大切にするフランスならではともいえるのがシートです。

7席それぞれが独立し、かつ、シートの柄が中央に向かって描かれています。これは聞くところによると、内側に向いて話しやすくするイメージなのだそうです。そして何よりもどこまでも走っていけるほど快適な乗り心地は日本車では味わえないもの。

家族皆で遠出をして、着いた先で疲れてしまっては元も子もありません。

シトロエン/グランドC4スペースツアラー
シトロエン グランドC4スペースツアラーカタログを見る
新車価格:
416万円416万円
中古価格:
276.2万円396万円

選ばれたのは、シトロエン グランドC4スペースツアラー!

これらのメリットを比較して考えると、やはりグランドC4スペースツアラーを選びたいと思います。

ミニバンですから家族や友人たちと出かけることが多いでしょう。その時に明るく楽しく解放感に溢れ、かつ、それぞれが快適に移動できること。しかも、ドライバーをはじめ誰もが疲れずに現地に到着し、皆で遊ぶことが出来る。これこそがミニバンを選ぶ大きなポイントであり、価値と言えるからです。

[筆者:内田 俊一]

毎週火曜日は「あえて選ぶガイシャのススメ」

毎週火曜日は「国産車、じゃなくて輸入車」をテーマに、様々なカテゴリーの車種をご紹介しています。次回は4月14日火曜日の予定です! お楽しみに~!

最後まで読んで頂いた方には超豪華な旅館宿泊のチャンス!

2019年12月17日からMOTAにてリリースされた「ドライブ/宿」企画。

今回は、MOTA厳選宿公開記念として、1組2名さまに抽選で当たる宿泊券プレゼントキャンペーンを実施します。

応募条件は、以下のページからMOTAのメールマガジンに会員登録し、当キャンペーンに応募するだけ。

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この機会に是非ご応募ください! 中には1泊10万円以上の宿も…!?

どんな宿があるかは、ページ上部右端の「ドライブ/宿」ページで見れるので要チェック!

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この記事の画像ギャラリーはこちら
内田 俊一
筆者内田 俊一

1966年生まれ。自動車関連のマーケティングリサーチ会社に18年間在籍し、先行開発、ユーザー調査に携わる。その後独立し、これまでの経験を生かしてデザイン、マーケティング等の視点を中心に執筆。また、クラシックカーの分野も得意としている。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 食べるお宿 浜の湯
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

シトロエン グランドC4スペースツアラーの最新自動車ニュース/記事

シトロエンのカタログ情報 シトロエン グランドC4スペースツアラーのカタログ情報 シトロエンの中古車検索 シトロエン グランドC4スペースツアラーの中古車検索 シトロエンの記事一覧 シトロエン グランドC4スペースツアラーの記事一覧 シトロエンのニュース一覧 シトロエン グランドC4スペースツアラーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる