ホンダ フィット、じゃなくて「シトロエン C3」|あえて選ぶ外車のススメ Vol.6

  • 筆者: 内田 俊一
  • カメラマン:内田 俊一・茂呂 幸正
画像ギャラリーはこちら
あえて選ぶ外車のススメ。この企画では「国産車、じゃなくて輸入車」をテーマに、様々なカテゴリーの車種を比較検討します。第6回のテーマはBセグメントハッチバック対決。ついに登場した待望の4代目「ホンダフィット」と、現行で台数を伸ばしている「シトロエンC3」を徹底比較してみます!

>>シトロエン C3とホンダ フィットを徹底比較![フォトギャラリー]

目次[開く][閉じる]
  1. 機能価値から感性価値へ
  2. シトロエンは遥か昔から感性価値の塊だった
  3. シトロエン C3とホンダ フィットを徹底比較!
  4. 東京から仙台まで乗って行くなら…どっちを選ぶ!?

機能価値から感性価値へ

センタータンクレイアウトによる室内空間の徹底追及をはじめ、燃費、運転のしやすさなど機能価値を追求して来たホンダ フィット。その結果、競合他車を大きく引き離す技術を身にまとう優れたクルマとして成長して来ました。

機能性価値とは具体的に数値上で評価が可能なものがほとんどです。そして、技術力を集結し目標を実現した結果、その後競合他車も当然そこに追いついて来ますので、その価値は普通のものになってしまいます。すると、次はまたそこを超えていかねばなりません。

しかし、本当にユーザーはそういったことを望んでいるのか、本当にその技術解消によって嬉しいと感じてもらえているのか。その疑問はホンダの創業者、本田宗一郎の考えに基づくものでもありました。技術は人のためにある、その技術で本当に人を喜ばすことが出来るのか。そういった疑問から4代目の開発はスタートしたのでした。

ホンダ/フィット
ホンダ フィットカタログを見る
新車価格:
155.8万円286.7万円
中古価格:
8万円289.9万円

そこで4代目となった現行はその機能価値の追求から一転、これまでの機能価値を踏まえたうえで感性価値を追い求めたといいます。具体的には、“ここちよさ”とは何か。

ホンダは研究所で“人研究”を古くから行っています。そこが生み出した新たな調査手法を用い、フィットのターゲットユーザーがクルマに何を求めているのかを改めて考えました。その結果が、“ここちよさ”だったのです。

4代目ホンダフィットはその“ここちよさ”を体現するために、心地よい視界であること、乗り心地がよいこと、座り心地がよいこと、使い心地がよいことをキーに作り上げられました。ここちよさは数値で表現することは難しい感性価値であり、人それぞれの感覚もあります。

そこでフィットはその最大公約数をHOMEというグレードに込め、そこからBASIC、NESS、CROSSTAR、LUXEというグレードを展開。上下関係のないユーザーのライフスタイルに合ったここちよいグレードが選べるように設定されたのです。

シトロエンは遥か昔から感性価値の塊だった

発売から間もなく3年が経過する現行シトロエン C3。先代と比較すると3倍の月販販売台数を記録し、好調に推移しています。その理由は大きく2つ。

ひとつは機能性価値として、2015年から4年連続でインターナショナルエンジンオブザイヤーの1.5リッター以下の部門を受賞しているピュアテック1.2リッターガソリンエンジンが挙げられるでしょう。また、トルコン方式6速ATに変更されたことも大きくあります。ただし、簡単にいってしまうと、競合車たちと同じレベルになったということで、頭抜けているわけではないことは言い添えておきましょう。

もうひとつは感性価値として、座り心地の良いシートと広々として明るい室内空間があります。先代にあったゼニスウインドウ(前席の頭上近くまで広がったフロントウインドウ)はなくなってしまったものの、その代わり広々としたパノラミックサンルーフを手に入れ、前席だけでなく後席にも開放感を与えています。

そして一目でシトロエンと分かる内外装のデザインもその魅力に華を添えています。

シトロエン/C3
シトロエン C3カタログを見る
新車価格:
236.1万円272.5万円
中古価格:
29.8万円294.3万円

シトロエン C3とホンダ フィットを徹底比較!

このような両車の特徴を踏まえながらも、やはり比較としては数値で見るのがわかりやすいものです。C3にはハイブリッドは設定されていませんので、フィットもガソリンモデルで比較をしてみましょう。

シトロエン C3 vs ホンダ フィット スペック比較表
車種名シトロエン C3ホンダ フィット
グレード名SHINE[FF]HOME[FF]
価格(消費税込み)252万6000円171万8200円
全長×全幅×全高3,995mm×1,750mm×1,495mm3,995mm×1,695mm×1,515mm
駆動方式FF(前輪駆動)FF(前輪駆動)
車両重量1,160kg1,090kg
総排気量1,199cc1,317cc
エンジン最高出力81kW(110PS)/5,500rpm72kW(98PS)/6,000rpm
エンジン最大トルク205Nm/1,500rpm118Nm(12.0kgf・m)/5,000rpm
使用燃料
トランスミッション6速ATCVT
燃料消費率(JC08モード燃費)18.7km/L24.2km/L

価格以外で大きく差がついているのはエンジントルクで、C3が205Nmであるのに対し、フィットは118Nmです。これはC3が3気筒ターボエンジンを搭載しているからです。それ以上に注目したいのがその最大トルクの発生回転です。C3が1500rpmであるのに対し、フィットは5000rpmと非常に高回転なのです。とても良く出来たCVTのおかげで決して街中で乗りにくいということはありませんが、どちらかというと高回転域を好むエンジンということが出来ます。

東京から仙台まで乗って行くなら…どっちを選ぶ!?

さて、いまここにフィットとC3の2台があって、どちらか1台で仙台まで往復して来てくださいといわれたらどちらを選ぶでしょう。筆者は迷うことなくC3を選びます。その理由は、“楽”だからです。多分トイレさえ我慢できればノンストップで行き着く自信があります。

その理由はこれまで一切出てこなかった直進安定性の高さがあるからです。これはどこの数値にも表れてこない、ある意味感性価値といえるもの。さらに、シートの出来の高さも見逃せません。何時間乗っていても疲れにくい素晴らしいシートは一度腰を掛けて最適なシートポジションを得られれば、そのまま何時間でも座り続けていられます。

フィットも今回ボディスタビライジングシートを開発採用しました。耐圧を面で受け止めることで乗員をしっかり支え、疲労を軽減するというシートです。しかしC3は一切そんなことをうたっていません。なぜならこのシートが普通でカタログに触れる必要もないのです。シトロエンであればこのくらいのシートは当たり前ですから。

確かに安全運転支援システムははるかにフィットの方が充実しています。クルーズコントロールも前車追従ではありませんし、レーンキープアシストもステアリングアシストは装備されません。だからどうしたというのでしょう。疲れたら休めばいいのです。もちろん万が一の時にアシストしてくれる安心感が大きいことはその通りですが、それ以上にそういういった装備に頼らない、クルマ本来の真っ直ぐに走り、疲れにくいクルマに仕上げること。これこそが重要で、C3はそれを実現している、そこを大いに評価したいと思います。

街中で普通に走らせてみても、渋滞で長時間座り続けなければならないとき、良く出来たシートであればそれほど苦痛には感じないでしょう。

インパネ周りに目を転じれば、フィットのすっきりとしたデザインに好感を持ちますが、もう少し色気も欲しい。C3はところどころに赤を配色する(アーバンレッド内装)などでそれを感じさせています。

エクステリアも同様で、エアバンプと呼ばれるサイドプロテクションにワンポイントのカラーを配するなどの遊び心も忘れていません。

こういった感性価値は一概に評価できるものではなく、本当に好きか嫌いかで選ぶもの。C3もフィットもそういう意味では好き嫌いで選んで間違いはないでしょう。感性価値を取り入れて新たな1歩を踏み出したフィットは大いに好感が持てますし、どんどん街にあふれてほしいと思っています。

それでも筆者はC3をお勧めしたいのです。それは前述した遠くまで疲れなく走っていくことが出来るコンパクトなクルマだからです。そもそもクルマは自分の行動半径を広げてくれるもの。もちろん実行はしなくても、それが出来るんだという“夢”があると思うからです。思い立ったらすぐにどこまでも出かけていける、そう考えただけで楽しくさせてくれる、そういうものをC3は持っていますし、だからこそ所有する喜びにつながるのではないでしょうか。

[筆者:内田 俊一/撮影:内田 俊一(C3)・茂呂 幸正(FIT)]

毎週火曜日は「あえて選ぶガイシャのススメ」

消費増税の影響もあってか、最近は日本車もだいぶ価格が高くなった気がしませんか。むむむ、その値段を出すならいっそ輸入車って選択肢もあるんでは!? と感じることも多いはず。そんなワケで、毎週火曜日は「国産車、じゃなくて輸入車」をテーマに、様々なカテゴリーの車種をご紹介しています。

へー、そんな選択肢もアリじゃん。そう思って頂けたら嬉しいです。

>>毎週火曜日更新「外車のススメ」記事一覧はこちらから

最後まで読んで頂いた方には超豪華な旅館宿泊のチャンス!

2019年12月17日からMOTAにてリリースされた「ドライブ/宿」企画。

今回は、MOTA厳選宿公開記念として、1組2名さまに抽選で当たる宿泊券プレゼントキャンペーンを実施します。

応募条件は、以下のページからMOTAのメールマガジンに会員登録し、当キャンペーンに応募するだけ。

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この機会に是非ご応募ください! 中には1泊10万円以上の宿も…!?

どんな宿があるかは、ページ上部右端の「ドライブ/宿」ページで見れるので要チェック!

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
内田 俊一
筆者内田 俊一

1966年生まれ。自動車関連のマーケティングリサーチ会社に18年間在籍し、先行開発、ユーザー調査に携わる。その後独立し、これまでの経験を生かしてデザイン、マーケティング等の視点を中心に執筆。また、クラシックカーの分野も得意としている。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 鬼怒川金谷ホテル

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

シトロエン C3の最新自動車ニュース/記事

シトロエンのカタログ情報 シトロエン C3のカタログ情報 シトロエンの中古車検索 シトロエン C3の中古車検索 シトロエンの記事一覧 シトロエン C3の記事一覧 シトロエンのニュース一覧 シトロエン C3のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる