ホンダ ヴェゼル、じゃなくて「フォルクスワーゲン T-CROSS」|あえて選ぶ外車のススメ Vol.8

画像ギャラリーはこちら
あえて選ぶ外車のススメ。この企画では「国産車、じゃなくて輸入車」をテーマに、様々なカテゴリーの車種を比較検討します。第8回のテーマはデザインコンシャスなコンパクトSUV対決。「ホンダ ヴェゼル」と、「フォルクスワーゲン T-CROSS」を徹底比較してみます!

>>ホンダ ヴェゼルと、フォルクスワーゲン T-CROSSを徹底比較![フォトギャラリー]

目次[開く][閉じる]
  1. クーペのようなフォルムで人気のホンダ ヴェゼル
  2. 扱いやすいボディーサイズが魅力のフォルクスワーゲン T-CROSS
  3. 少し大きなヴェゼルとトルクが大きなT-CROSS
  4. カラーを選ぶ楽しさはどこかへ出かけたくなる

クーペのようなフォルムで人気のホンダ ヴェゼル

コンパクトというには少しサイズは大きいかもしれませんが、デザインコンシャスなSUVといえばホンダ ヴェゼルが浮上してきます。

ユーザーの皆さんは、幻想的な霧の中の首都高速や都会を駆け巡る赤いヴェゼルと「Suchmos」の”STAY TUNE”が流れるCMを覚えていますか。まさにデザインに特化したシティユースのSUVを表現しているものでした。

ホンダ/ヴェゼル
ホンダ ヴェゼルカタログを見る
新車価格:
200.1万円361.8万円
中古価格:
96.1万円364.2万円

ヴェゼルは、2013年にSUVの力強さ、クーペのあでやかさ、ミニバン並みの使い勝手など、ジャンルの枠を超えた価値を高次元で融合したクルマとして誕生しました。

その後、商品ラインナップや安全運転支援システムなどを充実させた結果、全世界で累計約327万台、日本では累計約42万台を販売。洗練されたデザインや広い荷室、室内空間で、世界中の幅広い層のお客様から支持されているとホンダはコメントを発表しています。

実際に運転しても、若干左後方の視界が悪いことを除けば、センタータンクレイアウトを採用していますので、室内の広さも十分。その上で、2ドアクーペのように見せるエクステリアデザインはお見事です。

リアのドアハンドルをCピラーに隠し、同じくリア側のドアに、後方に向かって駆け上がるキャラクターラインを入れることでドアのカットラインを目立たなくしています。

さらに、ルーフのピークをセンターピラー位置から少し前にすることで、ドライバーズカーに見せ、且つ、6ライトにしなかったことも2ドアクーペに見せる効果を生んでいます。このようにあちらこちらにデザインのこだわりが見て取れるのです。

扱いやすいボディーサイズが魅力のフォルクスワーゲン T-CROSS

一方のフォルクスワーゲン T-CROSSですが、一見コンパクトカーのポロをベースに背高にしただけのように見えますが、パネル類も大きく変わっています。

輸入元のフォルクスワーゲングループジャパンも、ポロとサイズがほぼ一緒なのは、同じ工場で一台ずつ交互に流れてきても大丈夫という生産上の都合によるところが大きいようですとコメントしています。

フォルクスワーゲン/T-Cross
フォルクスワーゲン T-Crossカタログを見る
新車価格:
303.9万円339.9万円
中古価格:
281.6万円347万円

ポロのサイズは競合などを見据え、売れ筋の地域であるラテンヨーロッパ周辺での使いやすさから決められたものです。ほぼ同様の地域にT-CROSSも導入するので、ポロそのものに縛られているというより、マーケットの需要に合わせた結果としてポロと全長全幅がほぼ一緒になったといえるでしょう。

精緻な作り込みはフォルクスワーゲンならではで、このコンパクトクラスでも手は抜いていません。LED ヘッドライトはフロントフェンダー周りにまでつなげることで幅広く見えるように工夫され、バンパー周りの黒いモールディングと埋め込まれたフォグランプは、幅広さとともに高さのあるクルマにも見せています。

この手法はリアも同様で、横いっぱいに広がるブラックトリムフレームを備えたリフレクターバンドは、新形状の LED テールランプとともにクルマの幅広さと躍動感を視覚的に演出しています。

サイドもがっちりとしたCピラーとスクエアなデザインがSUVらしさを表現していますし、シャープな2本のキャラクターラインはフォルクスワーゲンの他モデルと共通で、洗練された印象を与えています。

そして最も特徴的なのはカラーバリエーションです。基本8色のボディカラーに内外装のカラーコーディネートができるデザインパッケージが標準設定(1stPlusのみ)されました。

ダッシュパッド、シート、アルミホイール、ドアミラーをオレンジ、グリーン、ブラックの3色から選ぶことができるもので、このデザインパッケージとボディカラーの組み合わせは13通り。そこに標準の8色を加えた内外装のトータルの組み合わせは21通りもあるのです。実用車であるとともに遊びグルマでもあるSUVですから、選ぶ楽しさも重要ですね。

少し大きなヴェゼルとトルクが大きなT-CROSS

では恒例のスペック比較をしてみましょう。T-CROSSがガソリンモデルしかないので、ヴェゼルも同様のモデルを選択してみました。

ホンダ ヴェゼル RS ホンダセンシング / フォルクスワーゲン T-Cross TSI 1st プラス 主要スペック比較表
車種名ヴェゼルT-Cross
グレード名RS ホンダセンシング ATTSI 1st プラス AT
価格(消費税込み)266万円336万円
全長×全幅×全高4340mm×1790mm×1605mm4115mm×1760mm×1580mm
ホイールベース2930mm2550mm
最小回転半径5.5mm5.1mm
駆動方式FFFF
エンジン種類直列 4気筒 DOHC直列 3気筒 DOHCターボ
総排気量1496cc999cc
エンジン最高出力131PS/6600rpm116PS/5500rpm
エンジン最大トルク155Nm/4600rpm200Nm/2000rpm
トランスミッションCVT7速DSG
使用燃料レギュラープレミアムガソリン
燃料消費率(WLTCモード燃費)20.2km/L19.3km/L

ボディサイズはヴェゼルの方がT-CROSSよりも一回り大きい印象で、それに伴いエンジン排気量も大きくなっています。

ここで注目したいのはそれぞれの最高出力と最大トルクの発生回転。どちらもT-CROSSの方が低い回転域で発生しています。

さらに、最大トルクの値はT-CROSSの方が大きいため、エンジンの性格が高回転を好むのがヴェゼル、それほど回す必要がないのがT-CROSSとなるわけです。安全運転支援システムに関してはどちらも必要なものは装備されていますので、大きな差はないといっていいでしょう。

カラーを選ぶ楽しさはどこかへ出かけたくなる

さて、このどちらを選ぶかはまさにお好みでどうぞという感じなのですが、個人的にはあえてT-CROSSを選びたいと思います。

その理由は2つで、まずはクリーンなデザイン。決してヴェゼルのデザインがよろしくないということではなく、飽きの来ないシンプルなデザインのコンパクトSUVも魅力だと思うからですし、気軽に乗ることを楽しめそうな気がするのです。

そして、カラーを選ぶ楽しみがあります。前述の通り21パターンもの組み合わせが可能。

マウイ島のビーチをイメージしたという新色のマケナターコイズメタリックも魅力ですし、ピュアホワイトにオレンジのデザインパッケージを組み合わせた仕様も楽しそう。こんな仕様にしたらどこへ出かけよう、そんな気持ちにさせてくれるのがT-CROSSなのです。

[筆者:内田 俊一]

毎週火曜日は「あえて選ぶガイシャのススメ」

毎週火曜日は「国産車、じゃなくて輸入車」をテーマに、様々なカテゴリーの車種をご紹介しています。次回は3月31日火曜日の予定です! お楽しみに~!

>>毎週火曜日更新「外車のススメ」記事一覧はこちらから

最後まで読んで頂いた方には超豪華な旅館宿泊のチャンス!

2019年12月17日からMOTAにてリリースされた「ドライブ/宿」企画。

今回は、MOTA厳選宿公開記念として、1組2名さまに抽選で当たる宿泊券プレゼントキャンペーンを実施します。

応募条件は、以下のページからMOTAのメールマガジンに会員登録し、当キャンペーンに応募するだけ。

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この機会に是非ご応募ください! 中には1泊10万円以上の宿も…!?

どんな宿があるかは、ページ上部右端の「ドライブ/宿」ページで見れるので要チェック!

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この記事の画像ギャラリーはこちら
内田 俊一
筆者内田 俊一

1966年生まれ。自動車関連のマーケティングリサーチ会社に18年間在籍し、先行開発、ユーザー調査に携わる。その後独立し、これまでの経験を生かしてデザイン、マーケティング等の視点を中心に執筆。また、クラシックカーの分野も得意としている。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ウブドの森 伊豆高原
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

フォルクスワーゲン T-Crossの最新自動車ニュース/記事

フォルクスワーゲンのカタログ情報 フォルクスワーゲン T-Crossのカタログ情報 フォルクスワーゲンの中古車検索 フォルクスワーゲン T-Crossの中古車検索 フォルクスワーゲンの記事一覧 フォルクスワーゲン T-Crossの記事一覧 フォルクスワーゲンのニュース一覧 フォルクスワーゲン T-Crossのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる