BMWでファミリーカー買うならどれがイイ? イチオシは2列シートも3列シートも選べる2シリーズ!

画像ギャラリーはこちら
そろそろ20代で買った愛車からの乗り換えを考えているけど、まだまだ子育て真っ最中だし、使い勝手は無視できない、でも趣味にも使いたいし、あんまり生活感があるクルマはちょっと……。なんてお悩みはありませんか?

この記事では、そんな30代パパ・ママにぴったりな、見た目も使い勝手も走りも素晴らしい、イケてるファミリーカーをご紹介します。

目次[開く][閉じる]
  1. 荷室は最大1500L以上! BMWでファミリーカーを買うなら2シリーズがおすすめ
  2. 2種類のツアラーモデル、どっちを選べばいい?
  3. ディーゼル+4WDが欲しいなら最上級グレードの検討を
2シリーズアクティブツアラーの最新業界ニュース・自動車ニュース&記事

荷室は最大1500L以上! BMWでファミリーカーを買うなら2シリーズがおすすめ

家族のお出かけでも、1人で仕事や趣味に使う時にもぴったりハマるのは、BMW 2シリーズのアクティブツアラーとグランツアラー。

どちらもコンパクトサイズながら、ゆったりとした室内、最大1500L以上にもなる大容量ラゲッジを備えたモデルです。

2種類のツアラーモデル、どっちを選べばいい?

コスパ重視なら2列シートのアクティブツアラー! 街中利用メインの2〜4人家族におすすめ

とくに、日頃は買い物や送り迎えなど、市街地でのチョイ乗りがメインで、たまに休日のレジャーなどでロングドライブに出かけるという人には、「218i アクティブツアラー Luxury」444万円がオススメ。

218i アクティブツアラー Luxuryは、2列シートの5人乗りで、1.5Lの3気筒ガソリンエンジンモデルなので、市街地でも軽やかに走れて燃費も優秀。

装備もクロームメッキで豪華な外観から、フルオートエアコンなど快適装備まで、欲しいものが揃っていてコスパがいいのです。

ロングドライブ多め+アウトドア利用なら3列シートのグランツアラーがおすすめ

そして、家族が多いので3列シートが欲しい人や、頻繁にロングドライブをしたり、アウトドアの趣味などで山道をよく走るという人には、「218d グランツアラー Luxury」506万円がイチオシ。

こちらは低回転からモリモリとしたトルクが得られるクリーンディーゼルモデルで、外観はやはりクロームメッキで豪華になり、とても3列シートがあるような生活感がないのが嬉しいところ。安全装備や快適装備もフルに揃っています。

4WDになる「218d xDriveグランツアラー Standard」474万円の方が、同じクリーンディーゼルモデルの中では32万円ほど安いので、マニュアルエアコンになったり外観にクロームメッキがなくなったりと、やや装備は簡素になりますが、とりあえず4WDがあればいいかな、という人にはこちらもいいと思います。

ディーゼル+4WDが欲しいなら最上級グレードの検討を

もし、ディーゼルエンジンと4WDがマストで装備はフルがいいというなら、トップグレードとなる「218d xDriveグランツアラー Luxury」531万円。

そこにさらに、両手がふさがっていても自動でテールゲートが開閉できる「オートマチック・テールゲート・オペレーション」などの便利装備がセットになった「コンフォート・パッケージ」13万6000円を付けたら、もう完璧ですね。

街乗りメインでアクティブツアラーを買うなら運転サポート機能をまとめたオプションの検討も

また、「218d xDriveアクティブツアラー Luxury」495万円でもディーゼルと4WDの組み合わせは手に入るのですが、36万円の差がある分、リアビューカメラやPDC(パーク・ディスタンス・コントロール)、パーキングアシストといった、車庫入れなどの際にありがたい運転サポートがオプションとなってしまうので、市街地をよく走る人は要検討。オプションで「パーキングサポートパッケージ」15万円を装着すると安心かなと思います。

3列シートを最優先し価格を抑えたいならグランツアラー Standardモデル

このほか、7人乗りがマストなんだけど、外観の豪華さとかフル装備とかはそれほどこだわらないな、という人には「218iグランツアラー Standard」は423万円とリーズナブル。

これなら、「パーキングサポートパッケージ」が最初から標準装備されています。

おすすめオプションはルーフに自転車を積めるバイシクルホルダー

そしてオススメの純正アクセサリーは、「バイシクルホルダー」2万790円。

アクティブツアラーもグランツアラーも、スノーボードやキャンプ道具など、たいていの荷物は積みこめる大容量ラゲッジですが、自転車はルーフに積んだ方が効率的ですよね。

快適な日常と、健康的な趣味がどちらも素敵に楽しめる2シリーズアクティブツアラー/グランツアラーを、家族で存分に使い倒しましょう。

[筆者:まるも 亜希子]

毎週水曜日はダディ×マミー!

MOTA毎週水曜日連載コーナー「ダディ×マミー」では、世のイケパパ・ママたちへ様々なカーライフネタをお届け!

当企画では、様々な車種を設定した人物象へ向けて“イチオシのグレード”をご紹介!

次の更新は2月3日(水)。次回もお楽しみに!

▼前回はトヨタ カローラスポーツをご紹介!

▼最新TOP3

BMW/2シリーズアクティブツアラー
BMW 2シリーズアクティブツアラーカタログを見る
新車価格:
386万円495万円
中古価格:
108.9万円371.2万円
BMW/2シリーズグランツアラー
BMW 2シリーズグランツアラーカタログを見る
新車価格:
423万円531万円
中古価格:
135万円469.4万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
まるも 亜希子
筆者まるも 亜希子

大学卒業後、編集プロダクション株式会社エディトリアル・クリッパーに就職、自動車雑誌「ティーポ(Tipo )」の編集者として6年間勤務。2003年にフリーランスとして独立。現在は雑誌やウェブサイトの自動車関連記事に出演・寄稿している。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、日本自動車ジャーナリスト協会会員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 蛍雪の宿 尚文
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

BMW 2シリーズアクティブツアラーの最新自動車ニュース/記事

BMWのカタログ情報 BMW 2シリーズアクティブツアラーのカタログ情報 BMWの中古車検索 BMW 2シリーズアクティブツアラーの中古車検索 BMWの記事一覧 BMW 2シリーズアクティブツアラーの記事一覧 BMWのニュース一覧 BMW 2シリーズアクティブツアラーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる