【スバル新型レヴォーグ】現役オーナーが価格409万円の最上級グレードSTI sport EXをおすすめする理由

画像ギャラリーはこちら
20代の頃に頑張って新車で購入した愛車も、そろそろ古くなってきたなぁと感じている30代の皆さん。

運転支援システムとかどんどん進化してるらしいし、乗り換えたいけど、あんまり予算はないんだよなぁ、なんてお悩みではありませんか?

目次[開く][閉じる]
  1. スバル 新型レヴォーグのおすすめグレードは価格409万円のSTI Sport EX!
  2. セカンドチョイスは最上級より38万円安いGT-H EXグレードがおすすめ
  3. 新型レヴォーグに妥協グレードは存在しない? 柔軟な価格設定が魅力

スバル 新型レヴォーグのおすすめグレードは価格409万円のSTI Sport EX!

そんな皆さんにぴったりなのが、世界に誇れる先進の運転支援技術と高性能な走り、快適装備の数々が、驚きのコスパの良さで手に入る、スバル レヴォーグ。

まだまだ子育てにお金がかかる世代でも、これならイケる!? と夢膨らむこと間違いなしです。

実際に購入した現役オーナーイチオシのSTI sport EX!

そんなレヴォーグのイチオシグレードは、「STI Sport EX」409万2000円。

最上級グレードなので、「もっとお得なグレードがあるんじゃないの?」と疑問に思う人も多いかもしれないんですが、実は我が家は実際に新型レヴォーグのこのグレードを購入済み。

夫は走りにうるさく、妻は安全性と乗り心地を含む快適性にうるさい。そんな夫婦が、初めて「これならいいね」と意見が一致した、奇跡の(!?)グレードだったんです。

STI sportの優位性は自由に組み合わせできるドライブモード選択

走りの面では、「STI Sport」にしか装着されない「電子制御ダンパー」と、4つの走行モードがスイッチ1つで選べる「ドライブモードセレクト」が標準装備。

そして、安全性と乗り心地を含む快適性の面では、「EX」が付くグレードに標準装備となる、渋滞時に両手をハンドルから離して走れる「渋滞時ハンズオフアシスト」など先進機能盛りだくさんの「アイサイトX」が大きな目玉。

それに、大きな11.6インチディスプレイでいろんな操作がスマホみたいに簡単にできる、「11.6インチセンターインフォメーションディスプレイ&インフォテインメントシステム」もEXだと標準装備。

加えて、夫が気に入った「ドライブモードセレクト」の1つであるコンフォートモードには、湿度を下げずに快適な温度を保ってくれる「エアコンマイルドモード」があって、これはお肌を乾燥させたくない女性にはかなり嬉しい機能なんですよね。

セカンドチョイスは最上級より38万円安いGT-H EXグレードがおすすめ

「ウチは別に電子制御ダンパーとかいらないかなー」というのであれば、「STI Sport EX」より38万5000円安く買える「GT-H EX」370万7000円がおすすめ。

「GT-H EX」でもスバルが誇る先進の運転支援システムは体感できるので、満足度は高いと思います。

ただ、「STI Sport EX」にはほかにもボルドー/ブラックのツートーンがエレガントな本革シートなど、たくさんの豪華装備がつくので、逆に言えば38万5000円アップで抑えられているなんて超大盤振る舞い! って気がしてきます。

GT-H EXがダメならGTもあり? ベースグレードでも装備は申し分なし!

念のためほかのグレードも見ていくと、ベースグレードとなる「GT」310万2000円でも、十分な内容ではあるんです。

フルオートエアコンもフルLEDライトも、前席のシートヒーターも標準装備。

もちろんアイサイトだってコアテクノロジーと運転支援テクノロジーは付いています。

タイヤが17インチになったり、運転席のパワーシートがほかは10wayのところ、8wayになったりしますけど、それほど不満はないはず。

新型レヴォーグに妥協グレードは存在しない? 柔軟な価格設定が魅力

310万2000円のベースグレード「GT」に、近未来のドライブが味わえる「アイサイトX」や、12.3インチのフル液晶メーター、デカスマホのような11.6インチのセンターインフォメーションディスプレイ&イフォテインメントシステムを加えたい人は、38万5000円アップで「GT EX」348万7000円にすれば、より充実すると思います。

で、さらに内外装をもうちょっと豪華にオシャレにしたいな~とか、高速道路めっちゃ走るからタイヤは18インチの方がいいかな~。でも別にアイサイトXまではいらないや、という人は、「GT-H」332万2000円がおすすめ。

「GT」から22万円アップでお望みの内外装とタイヤ、さらに後席のシートヒーターやハンズフリーオープンパワーリヤゲートなんかまで付いてきちゃう。使い勝手と快適性重視の人にも「GT-H」はオススメです。

水濡れ防止! スキー・スノボ勢へおすすめのオプションは3Dカーゴマット

というわけで、近未来の運転も乗り心地も快適性もまるっと全部欲しい人には、「STI Sport EX」でキマリ。

全車がAWD(常時全輪駆動)のレヴォーグは、いよいよオンシーズンとなった、スキーやスノボなどのウインタースポーツのお供にもピッタリなので、オプションの「3Dカーゴマット」2万3540円もぜひ。

日常にも使いやすいカーペット生地ながら、その下に樹脂層を挟んで水濡れを抑えてくれて、フチが高い形状で汚れなどがこぼれ落ちるのも防いでくれますよ。

冬のお出かけも、レヴォーグなら安心して楽しめそうですね。

[筆者:まるも 亜希子]

▼2020-2021 日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したスバル レヴォーグを動画でチェック!▼

毎週水曜日はダディ×マミー!

MOTA毎週水曜日連載コーナー「ダディ×マミー」では、世のイケパパ・ママたちへ様々なカーライフネタをお届け!

当企画では、様々な車種を設定した人物象へ向けて“イチオシのグレード”をご紹介!

次の更新は12月16日(水)。次回もお楽しみに!

▼前回は日産 新型ノートをご紹介!

▼最新TOP3

スバル/レヴォーグ
スバル レヴォーグカタログを見る
新車価格:
310.2万円409.2万円
中古価格:
84.8万円478万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
まるも 亜希子
筆者まるも 亜希子

大学卒業後、編集プロダクション株式会社エディトリアル・クリッパーに就職、自動車雑誌「ティーポ(Tipo )」の編集者として6年間勤務。2003年にフリーランスとして独立。現在は雑誌やウェブサイトの自動車関連記事に出演・寄稿している。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、日本自動車ジャーナリスト協会会員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 尾上温泉 旅館 紅鮎
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

スバル レヴォーグの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル レヴォーグのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル レヴォーグの中古車検索 スバルの記事一覧 スバル レヴォーグの記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル レヴォーグのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる