装備充実で用途も広く、価格以上の満足感! ファミリーにもアウトドアにも最適なコンパクトハッチバック「新型BMW 2シリーズ アクティブ ツアラー」

画像ギャラリーはこちら
2022年6月14日、日本で「新型BMW 2シリーズ アクティブ ツアラー」が発売開始されました。

取り回しが良くてラゲッジも広いなど、使い勝手がよいコンパクトハッチバックとして日本でも人気の高かった初代モデル。2代目となる当モデルは、どこが進化したのでしょうか。また、ドライバーだけではなく同乗する家族にもドライブの歓びが感じられる「JOY MOVES FAMILY」というコンセプトは、どんな部分に反映されているのでしょうか。

今回はモータージャーナリストの岡本 幸一郎さんに、新型BMW 2シリーズ アクティブ ツアラーの内外装デザインや使い勝手、走りについてのインプレッションをレポートしてもらいました。

目次[開く][閉じる]
  1. 人気の初代モデルから大幅に魅力を高めて新登場
  2. 新型になり魅力が増した2シリーズ アクティブ ツアラーの内外装
  3. 快適で安全なドライブを実現する最新の運転アシスト機能
  4. “ただの移動”ではなく“駆けぬける歓び”がある走りの良さ
  5. 装備の充実さ、用途の広さから“価格以上の満足感”が得られるクルマ

人気の初代モデルから大幅に魅力を高めて新登場

世界的なSUVブームの一方で、欧州では「MPV=マルチパーパスビークル(多目的車)」と呼ばれる、使い勝手を重視したパッケージングのクルマも人気を博しています。ただし、プレミアムブランドの参入例はあまりなく「2シリーズ アクティブ ツアラー」はその貴重な1台です。

2014年に登場した初代モデルは、BMWとしてかつてない商品として注目されました。とくに日本では「セダンやワゴンではなく、ラゲージの広さなど使い勝手を重視したファミリー向けのクルマを選ばざるを得ない。だけれど、憧れのBMWにこういうクルマがあるならぜひ欲しい」という方も多かったことで、売れ行きは上々でした。

新型BMW 2シリーズ アクティブ ツアラーが登場

そんな2シリーズ アクティブ ツアラーが、2022年6月にフルモデルチェンジ。持ち前の使い勝手のよさに加えて、内外装デザインに磨きをかけ街中でもアウトドアでも映えるデザインとなりました。装備をさらに充実させ、後席の快適性を高めるなど、より魅力度を増した2代目モデルとなり新登場しました。

ファミリーはもちろん、日常とアウトドアどちらも1台で楽しみたいと考えている若い年代の方々も要チェックの仕様となっています。デザインはもちろん、使い勝手の良さなどにもフォーカスをしてご紹介していきましょう。

プレミアムブランド「BMW」ゆえに高嶺の花だと思ってしまいそうなところですが、実はそうでもなくて、400万円台前半から選べる手が出しやすいクルマです。ぜひ“自分ごと”として読んでいただけると幸いです。

新型になり魅力が増した2シリーズ アクティブ ツアラーの内外装

まずは2シリーズ アクティブ ツアラーの内外装デザインや使い勝手についてご紹介していきましょう。

ビジネス・フォーマルなシーンでも映えるスタイリッシュな外観デザイン

2シリーズ アクティブ ツアラーのモデルラインは3つとシンプル。「スタンダードモデル」に上質さを高めた「Exclusive(エクスクルーシブ)」、スポーティモデルの「M Sport(Mスポーツ)」をラインアップ。

スタイリングは、控えめだった初代に比べて、主張のある若々しいデザイン。試乗をおこなったMスポーツは、車名にもある「アクティブ」なイメージをさらに高めています。

初代よりも大きくなって印象が強くなった「キドニーグリル」や、シャープな意匠のヘッドライトによって構成された力強いフロントフェイスのデザインは、遠目にも存在感があります。

ドアノブはフラップタイプになりサイドビューがスッキリとしました。リアビューでは下部のボリューム感が増し、スリムなLEDテールライトやスポイラーによって精悍なイメージを高めています。

スポーティなハッチバックながら落ち着いた印象もあり、ビジネスやフォーマルなシーンでも映える、スタイリッシュな外観デザインでしょう。

日常シーンでの使い勝手と高級感を両立させた内装

続いて、内装のデザインや使い勝手を見ていきましょう。

運転席に座ると視界のよさを実感します。ボディサイズはそれほど大きくはないのに、シンプルに整えられた装備レイアウトによって、もっと大きなクルマに乗っているようなゆったり感もあります。

インテリアを眺めてみると、デザインや素材を細部にまでこだわっていることが分かります。これぐらいの価格とサイズの実用車で、見栄えもよく高級感のあるクルマはなかなかありません。

全体的に凝っているなと感じた中でも、とくに中央から助手席側にかけてのダッシュボードの形状やエアコン吹き出し口のデザイン、ドアトリムあたりの滑らかな曲線を用いたデザイン。

加えて、上質な素材と立体感のある縫製が施された座り心地の良いシートが装備されており、プレミアムブランドであるBMWらしさを感じさせてくれます。ライバルといえるメルセデス・ベンツ Bクラスはここまでのものは備わっていなかったように記憶しています。

収納スペースも豊富に設定されていて、開閉のしやすさや形状など、それぞれ使いやすいよう考慮されていることを感じます。

中でも、「フローティングコンソール」は、スマートフォンや財布など、ちょっとした荷物を収めるのに重宝します。日常シーンでも使いやすいことがお分かりいただけるはず。

室内の上質感を高め、情報が見やすい「カーブド・ディスプレイ」を搭載

装備も充実していて、BMWの新しい上級モデルと同じよう、曲面ディスプレイの「カーブド・ディスプレイ」が標準装備されています。

平面よりも曲面のほうが両端にいくほど見やすく、無意識のうちにディスプレイとの一体感が高まっているはずです。コックピットに座った際にも、横長のディスプレイが上質な印象を与えてくれ、所有欲も満たしてくれるでしょう。

刷新されたインフォテイメント系は、見た目にも先進感があり、情報を得やすく、見やすくなっています。また、個々のニーズやルーティンに合わせて機能を調整することもできるなど、AI音声対話機能「インテリジェント・パーソナル・アシスタント」も進化しています。

メニュー画面は使いやすく設計されています。たとえばエアコンのコントローラーも物理スイッチを廃してディスプレイで操作しますが、常に手前に表示されて、温度以外の調節も即座に呼び出せるようになっています。

後席に乗る同乗者の居心地やアウトドアでの使い勝手を考慮した「JOY MOVES FAMILY」なデザイン

後席も十分な広さが確保されていて、平均的な成人男性+αの体格である筆者が座っても、頭上やひざ前に余裕があります。

前後スライドやリクライニングが可能で、アレンジ性にも優れています。後席乗員向けのエアコン送風口もぬかりなく装備されており、後席の快適性を重視していることがわかります。

仲間やファミリーでいっしょに出かけるのもよし、ソロキャンプで車中泊するもよし、いろいろな使い方にしっかり対応してくれます。3分割可倒式なので、中央部だけ倒して長尺物を積みながらも左右に人がゆったり座ることができます。

荷室も広くて、積載能力も優れています。キャンプ道具をフルに積んでもこのとおり。テントや50リッター以上のクーラーボックス、チェアなど大きなものもそのまま載せられます。アウトドアユースにも持ってこいでしょう。

快適で安全なドライブを実現する最新の運転アシスト機能

新型BMW 2シリーズ アクティブ ツアラーは、運転をアシストする最新の機能も充実しています。特徴的なものをいくつか挙げていきましょう。

高速道路では「ステアリング&レーン・コントロール・アシスト」が重宝します。先行車との車間距離を適切に保つため自動的に加減速するのはもちろん、ステアリング操作をサポートして、車線に沿って走ってくれるので、長距離のドライブでの疲労度も変わってくるでしょう。

あわせて、周囲の安全をセンサーで確認してくれます。人間の目による確認に加え、後方や死角に位置する車両を検出してくれることで、事故の可能性をグッと下げてくれます。

「ヘッドアップ・ディスプレイ」とARビューを含んだオプション「BMWライブ・コックピット」も快適性と安全性を高めてくれる装備です。

中でも、分岐点や曲がり角をわかりやすく表示する拡張ビュー機能「ARビュー付ナビゲーション・ガイダンス」が注目ポイント。直感的に判断ができるようになり、走りに集中することができます。

“ただの移動”ではなく“駆けぬける歓び”がある走りの良さ

デザインや使い勝手、機能が良いだけではありません。新型BMW 2シリーズ アクティブ ツアラーは、走りも楽しいのです。“駆けぬける歓び”をスローガンとするBMWらしく、走りにこだわりたい方の期待にもしっかり応えてくれています。

パワートレインは、ツインパワーターボを搭載する1.5リッター直列3気筒DOHCガソリン・エンジンの「218i」と、2.0リッター直列4気筒DOHCディーゼル・エンジン「218d」の2種類。

今回は「218i」をドライブしましたが、エンジンフィールは申し分なし。力強い低音のサウンドが官能的で、振動も少ないシルキーなエンジンは、3気筒としては世界一ではないかと感じるほど。アクセルを踏み込む心地良さを堪能することができます。

トランスミッションには、走りを追求するBMW MシリーズやZ4などに採用されているDCT(ダブル・クラッチ・トランスミッション)を組み合わせており、オートマチック・トランスミッションよりも吹け上がりが良く、スムーズで爽快なドライビングが楽しめます。

Mスポーツにはパドルシフトも標準装備されており、瞬時にシフトチェンジをすることも可能。新しい小ぶりのシフトセレクターは扱いやすく、見た目もスッキリとしておりスポーティな印象を高めています。

足回りのよさをドライブ中にずっと味わうことができるのも、歓びを感じるポイントです。

一般的なハッチバック車と比べると重心がやや高いのですが、高速道路での安定感を確保し、コーナリングでも車が傾いた状態になるロールを抑えてくれる安定感があります。

とくに今回試乗をしたMスポーツには、路面状況や走行スタイルに合わせて、サスペンションの特性を電子制御によって自動的に調整してくれる「アダプティブ M サスペンション」が装備されていることで、より安定したハンドリングを楽しむことができます。

BMWならではの「駆けぬける歓び」を味わえるのはドライバーだけではないのです。それら走りの爽快さと快適性が、同乗者も味わえるようにチューニングされていることがうかがえます。

家族を乗せるファミリーカーとして使われることに配慮して、乗り心地と走りの楽しさの最適なバランスを探ったように感じられます。ここも「JOY MOVES FAMILY」な部分であり、家族と一緒にドライブの歓びを分かち合えるでしょう。

装備の充実さ、用途の広さから“価格以上の満足感”が得られるクルマ

新型BMW 2シリーズ アクティブ ツアラーの使い勝手や走りの良さなどをご紹介してきました。ファミリーはもちろん、むしろキャンプなどを楽しむ若くてアクティブな方々にも興味を持ってもらえそうなクルマではないでしょうか。

価格は418万円から。1.5リッター直3ガソリンに対して29万円プラスで2.0リッター直4ディーゼルが選べます。また各エンジンのスタンダードモデルに対し、29万円プラスで上級仕様の「エクスクルーシブ」と「Mスポーツ」が選択できるお得なパッケージも用意されています。

>>「新型BMW 2シリーズ アクティブ ツアラー」の詳細はこちら【BMW公式】

試乗会の開催や、モニターキャンペーンも実施中

2022年8月には東京ミッドタウンで発売を記念し、新型BMW 2シリーズ アクティブ ツアラーによる“家族との外出を彩るライフスタイル”を体感できる「JOY MOVES FAMILY」を提案するイベント「BMW New Weekend Park」が開催され、同時に先行試乗会も実施されました。

今後もどこかで何らか同様のイベントが開催されるかもしれないので、関心のある方はぜひオフィシャルサイトの情報をチェックしてみてください。

また、新型BMW 2シリーズ アクティブ ツアラーを1泊2日でじっくりと試乗でき、星野リゾート宿泊ギフト券などの賞品が当たる「BMW 2シリーズ アクティブ ツアラー1泊2日モニターキャンペーン」が実施されています。キャンペーン期間(応募締め切り)は2022年9月30日までの予定なので、興味のある方は早めにお申込みください。

>>モニターキャンペーンやイベントの詳細はこちら【BMW公式】

筆者:岡本 幸一郎/撮影:小林 岳夫

撮影協力:ウォーターパーク長瀞/名栗温泉・大松閣(翆明館/別邸ハミング)

BMW/2シリーズアクティブツアラー
BMW 2シリーズアクティブツアラーカタログを見る
新車価格:
447万円476万円
中古価格:
86.9万円499.6万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

岡本 幸一郎
筆者岡本 幸一郎

ビデオ「ベストモータリング」の制作、雑誌編集者を経てモータージャーナリストに転身。新車誌、チューニングカー誌や各種専門誌にて原稿執筆の他、映像制作や携帯コンテンツなどのプロデュースまで各方面にて活動中。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 香雲館

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

BMW 2シリーズアクティブツアラーの最新自動車ニュース/記事

BMWのカタログ情報 BMW 2シリーズアクティブツアラーのカタログ情報 BMWの中古車検索 BMW 2シリーズアクティブツアラーの中古車検索 BMWの記事一覧 BMW 2シリーズアクティブツアラーの記事一覧 BMWのニュース一覧 BMW 2シリーズアクティブツアラーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる