autoc-one.jp 記事・レポート 日本版コンシューマレポート 日本版コンシューマレポート -日産 ジューク ユーザー試乗レビュー- 3ページ目

コンシューマレポート 2010/8/2 21:02

日本版コンシューマレポート -日産 ジューク ユーザー試乗レビュー-(3/6)

日本版コンシューマレポート -日産 ジューク ユーザー試乗レビュー-

ジュークのユーザー評価・レビュー/インテリア

「インテリアの質感が意外と低かった(でもかっこいいが・・・)」(フジバヤシさん、茨城県)

このコメント、「ジューク」の商品性をうまく見抜いている。

この「意外と低い」という点、外観デザインからくる「錯覚」である。

つまり「ジューク」の超変形スポーティな外観は、300万円級の「フェアレディZ」、400万円級の「インフィニティFX」ですら適わない程の迫力がある。だから「ジューク」へのインテリアにも「過剰な期待」がかかる。

しかし、所詮170~180万円のコンパクトカーなのだから、かけられるコストも限定されて当然だ。

とはいえ、「バイオモーション」と名付けられた、外観デザイン同様の抑揚感タップリの室内造型は、「かっこいい」と感じる。バイクの燃料タンクをモチーフとしたセンターコンソールが「かっこいい」と感じる。スキューバダイビング用のフィンをイメージしたドアトリムが「かっこいい」と感じる。

バイクっぽいシリンダー形式のメーター類が「かっこいい」と感じる。レッド&ブラックを大胆に散りばめたカラーリングが「かっこいい」と感じる。

さらに、エアコン操作表示と走行モードが同一画面が切り替わるインテリジェントコントロールディスプレイが「かっこいい」と感じる。

「ジューク」はとてもかっこいい、スポーツカーなのだ。

室内空間と使い勝手を見ると「室内の広さ」3.5点、「乗り降り運転席」3.9点、「同後席」3.3点、「カーゴスペース」3.4点と、決して高得点ではない。

だが、こうした点をユーザー側は「スポーツカー要件としては折込み済み」なのだと思う。端的な広さ感や使い勝手より「ワクワクする気持ち良さ」が優先する。それがスポーツカーだ。「ジューク」はスポーツカーなのだ。

また、「ハンドルやペダルの位置」が3.9点、「シフトレバーの位置」が3.9点、「スイッチの使いやすさ、タッチ感」が4.0点と、スポーツカーとしての最低ラインの条件を十分にクリアしている。

日産 ジューク 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 ジューク の関連記事

日産 ジュークの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 ジューク の関連記事をもっと見る

日産 ジューク の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/23~2017/10/23