autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 プリウス/ゴルフ/アクセラスポーツを徹底比較 ~注目の最新ミドルサイズハッチバック~ 3ページ目

3台比較 2016/2/26 10:55

プリウス/ゴルフ/アクセラスポーツを徹底比較 ~注目の最新ミドルサイズハッチバック~(3/4)

プリウス/ゴルフ/アクセラスポーツを徹底比較 ~注目の最新ミドルサイズハッチバック~

内装の質感が向上して安全装備も充実

トヨタ プリウス Aツーリングセレクショントヨタ プリウス Aツーリングセレクション

プリウスの内装の質感は現行モデルで向上した。光沢のあるブラックのパネルも採用され、流行を取り入れている。速度などはインパネの最上部に表示され、薄型の液晶画面ながら奥まった位置に装着されて視認性は良い。独特のATレバーは操作に少し慣れを要するが、さほど不満はない。

インパネ周辺で注意したいのは、前席の中央に配置されたフロントコンソールトレイだ。A以上のグレードはホワイトになり、表面が滑らかで洗面台などを連想させる。置いた小物も少し滑りやすい。内装色がブラックだとコントラストが強いため、A以上のグレードを選ぶ時はグレーの内装色も検討すると良い。同系色になると違和感が薄れる。

前席の居住性は快適だ。着座位置は適度で頭上にも十分な空間がある。座面の柔軟性は平均的だが、肩まわりのサポート性は良い。

着座位置は先代モデルと少し異なる。全高が20mm下がり、ヒップポイント地上高は59mm低くなった。床の位置も20mm下がったが、それでも床と座面の間隔が約40mm減っている。手足を伸ばし気味に運転する姿勢になった。

この変更で前席に座る乗員のスライド位置が少し後退している。後席の取り付け位置も後ろに寄せたから足元空間は減っていないが、着座感は腰が落ち込む。現行モデルでは駆動用電池も燃料タンクと併せて後席の下に配置したから、座面の柔軟性も不足気味だ。

身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る同乗者の膝先空間は握りコブシ2つ分。足元空間は相応に確保されて快適だ。頭上は握りコブシ半分程度。天井が後ろに向けて下降する外観デザインだから、頭上は少し狭い。

安全装備では「Toyota Safety Sense P(トヨタセーフティセンスP)」を採用した。ミリ波レーダーと単眼カメラを装着して、危険を検知すると警報を発する。それでも回避操作が行われない時は、緊急自動ブレーキを作動させる。歩行者の検知も可能だ。付加的な機能としてハイ/ロービームの自動切り替え、車間距離を自動制御できるクルーズコントロールも採用した。

トヨタ プリウスの画像ギャラリーはこちら(インテリア)

トヨタ プリウス Aツーリングセレクショントヨタ プリウス Aツーリングセレクショントヨタ プリウス Aツーリングセレクショントヨタ プリウス Aツーリングセレクショントヨタ プリウス Aツーリングセレクション

内装はオーソドックスなデザインだが質感を高めた

フォルクスワーゲン ゴルフ TSI ハイラインフォルクスワーゲン ゴルフ TSI ハイライン

ゴルフのインパネは水平基調のデザイン。メーターパネルは大径で、中央部分にはカーナビやエアコンのスイッチが機能的に配置されていて、使い勝手と視認性は良好だ。デザインはオーソドックスだが、機能性が優れ、質感にも配慮して仕上げた。

シートのサイズは十分に確保され、座り心地はドイツ車では柔軟な部類だ。シートの表皮によっても微妙に異なり、1.2リッターのトレンド/コンフォートラインのファブリックは、伸縮性があって柔軟に感じる。ハイラインのアルカンターラを使うシート生地は、ファブリックに比べると伸縮性が下がり、硬めのしっかりした印象だ。上質なのはハイラインだが、座り心地は好みで判断が変わるだろう。背もたれの高さは十分に確保されてホールド性は良い。

全高が1460mmに収まることもあり、後席は腰が少し落ち込む座り方だ。座面の前方を持ち上げたので大腿部は離れにくいが、座り心地は前席に比べると硬めで、特にアルカンターラのシート生地では拘束感が強まる。

身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る同乗者の膝先空間は握りコブシ1つ半。ボディサイズの割に狭いが、後席に座る乗員の足が前席の下に収まりやすいから窮屈には感じない。後席は前席に比べてゆったりしたリラックス感覚が乏しいが、大人4名の乗車は妨げない。

安全装備では緊急自動ブレーキを採用した。ミリ波レーダーが先行車を検知して、衝突不可避の時には自動ブレーキも作動させる。カメラを使って車線逸脱の警報と修正操舵も可能だが、歩行者は見分けられない。全車速追従型のクルーズコントロールは設けた。

また後方を並走する車両など、死角に入る部分の状況を検知して警報する機能も、ハイラインにはオプション設定される。

フォルクスワーゲン ゴルフの画像ギャラリーはこちら(インテリア)

フォルクスワーゲン ゴルフ TSI ハイラインフォルクスワーゲン ゴルフ TSI ハイラインフォルクスワーゲン ゴルフ TSI ハイラインフォルクスワーゲン ゴルフ TSI ハイラインフォルクスワーゲン ゴルフ TSI ハイライン

前席は囲まれ感があってスポーティーな雰囲気

マツダ アクセラスポーツ XD ディーゼルターボマツダ アクセラスポーツ XD ディーゼルターボ

アクセラスポーツは、インパネは外観と同様にスポーティーな雰囲気だ。囲まれ感が伴い、視覚的にも車両との一体感を得やすい。水平基調でスイッチ類の操作性は良い。インパネ全体のデザインはBMWに少し似ている。XDの場合、メーターはエンジンの回転をアナログ、速度はデジタルで表示する。

前席はサイドサポートが適度に張り出してホールド性が良い。座り心地にも適度なボリューム感を持たせた。体が座面に大きく沈む印象はないが、座り心地は上質だ。運転姿勢にもこだわり、シート/ステアリングホイール/ペダルの位置関係が最適化されている。このあたりもBMWのような後輪駆動車に近い。

後席は前席に比べて体の沈み方が少ない。腰が若干落ち込み、座面の前方をあまり持ち上げていないので、大腿部のサポート性がいまひとつだ。

身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る同乗者の膝先空間は握りコブシ1つ半。頭上の空間は握りコブシ半分程度だ。サイドウインドウの下端を後ろに向けて持ち上げたので、運転席から見た時だけでなく、後席の視界もいま一歩で閉鎖感が伴う。それでも前席の下に足が収まり、大人4名の乗車は可能だ。

安全装備はXDでは充実している。前方は短距離用の赤外線レーザー、中遠距離用のミリ波レーダーを併用し、危険が迫ると警報を発して緊急自動ブレーキも作動させる。後方に向けたミリ波レーダーも備わり、死角に入る並走車両などを検知して、接近しそうになると警報する。ただし歩行者の検知機能はない。

このほかカメラも装着して車線の逸脱を警報したり、ハイ/ロービームを自動的に切り替えることも可能だ。

時速30~100kmの範囲内で、車間距離を自動制御できるクルーズコントロールも装着した。

マツダ アクセラスポーツの画像ギャラリーはこちら(インテリア)

マツダ アクセラスポーツ XD ディーゼルターボマツダ アクセラスポーツ XD ディーゼルターボマツダ アクセラスポーツ XD ディーゼルターボマツダ アクセラスポーツ XD ディーゼルターボマツダ アクセラスポーツ XD ディーゼルターボ

内装・装備の総評

今回取り上げたミドルサイズのハッチバックは、いずれも室内設計が前席を優先させている。後席の足元空間は、ホンダ フィットなど空間効率の優れたコンパクトカーの方が広い。3ナンバー車となれば居住空間に余裕がありそうだが、実際はそうでもないから、大人4名で乗車するユーザーは注意したい。

荷室の造りも同様で、後席の畳み方はいずれの車種も単純だ。ボディ後部のリアゲートによって荷物の出し入れはしやすいが、基本的な機能は昔からあまり変わっていない。

一方、インパネなど内装の造りは、日本車、輸入車ともに重視して質感を高めた。前席は座り心地も快適だ。プリウスはハイブリッド車らしく内装のデザインに新鮮味があり、ゴルフはオーソドックスながら上質に造り込んだ。アクセラスポーツは文字どおりスポーティーな仕上がりだ。

装備は3車種とも安全性に力を入れ、緊急自動ブレーキを作動できる。3車種ともミリ波レーダーを使って高速域まで効果を発揮するが、歩行者を検知できるのはプリウスのみになる。

またドライバーの死角に入る後方の並走車両を検知する機能は、グレードによって設定が分かれるので確認したい。

ミリ波レーダーを使った車間距離を自動制御できるクルーズコントロールは、プリウスとゴルフは全車速に対応するが、アクセラスポーツは時速30~100kmの範囲になる。

トヨタ プリウス 関連ページ

フォルクスワーゲン ゴルフ 関連ページ

マツダ アクセラスポーツ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ プリウス の関連記事

トヨタ プリウスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ プリウス の関連記事をもっと見る

トヨタ プリウス の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/21~2017/11/21