autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 ダイハツカスタムシリーズ 徹底比較 3ページ目

3台比較 2007/3/16 14:27

ダイハツカスタムシリーズ 徹底比較(3/4)

ダイハツカスタムシリーズ 徹底比較

質感が高く意外なほど広い室内空間

フロントシートリアシート

ムーヴカスタムとは違うデザインテイスト。センターメーターではなく、乗用車っぽいセンタークラスターパネルを設定し、インパネセンターシフトを採用。エアコン吹き出し口は最近流行のタイプとなっている。

3台の中で価格はかなりリーズナブルな設定だが、ムーヴカスタムとは違う意味での非常に高い質感を呈している。フロントはベンチシートで、リアはカスタムRSでは分割可倒式となり、リクライニングも可能。255mmというロングスライドもできる。

外見からして、また先入観からしても、後席居住空間についてはそれほど大きいイメージはないのだが、前後シートのカップルディスタンスはカスタムRSで995mmを確保するなど、実際はムーヴカスタムに比べても引けをとらないほどの広さを実現している。

ただし、シートアレンジについては、アレンジのパターンはほぼ同じだが、ラゲッジモードとして倒しても、あまり平らでないところも見受けられる。

装備面では、ムーヴカスタムもそうであるが、セキュリティアラームが全車標準装備され、プッシュボタンスターターやリバース連動ドアミラーなどが装備される「アドバンストオペレーションパック」も安価で設定されている。

ステアリングメーターラゲッジドアオープン収納ボックス

もっともオールラウンドに使える

フロントシートリアシート

スペースの広さに特化したタントほどではないが、ハイトワゴンタイプの軽乗用車としては驚異的に室内空間が広い。

センターメーターを中心に、ダッシュとフードを別体としたような面白いデザインでまとめている。質感も非常に高い。

前後ともしっかりとした分厚いクッションのシートが備わる点は、タントカスタムよりも乗員の乗り心地の快適性重視で設計されたことが見て取れる。サイドシルが低く、乗降性にも優れる。

後ろに座っても車内はかなり広く感じられる。ただし、ミラカスタムほどではないが、やはり255mmのリアシートのスライドを一番後方にすると、ラゲッジは狭くなってしまうのは否めない。

普通の軽乗用車らしい取っつきやすい感覚を持ちながら、登録車の乗用車よりも上と思えるほどの居住性を持っている。

バックドアは横開きタイプとなっており、使い勝手においては一長一短な面はあるものの、ミラカスタムとの差別化もあり、こういう作り分けはいいのではと思う。

シートアレンジはいたってシンプル。後席の背もたれを前倒しすると同時に座面も沈み込み、ラゲッジモードではミラカスタムよりもムーヴカスタムのほうがきれいにフラットなる。広さではタントには及ばないものの、実際の用途においてはこれで不足に感じることなどないはず。むしろ、各部の使い勝手のよさには、ムーヴカスタムのほうに洗練された印象を持つ。

ステアリングメーターラゲッジドアオープン収納ボックス

広いキャビンはミニバン顔負け

フロントシートリアシート

ハイトワゴンをワンボックス化したような新しい発想で生まれたのがタントだ。圧倒的に広い室内空間、豊富な収納力は、乗用タイプの軽カーとしては随一である。

センターメーターに、インパネから生えたガングリップタイプのシフトノブや、ラウンドしたダッシュなど、ただでさえ広い室内をより広く見せる演出が施されている。

前席はセンターアームレスト付きベンチシートが備わり、左右ウォークスルーも行ないやすい。後席は5:5の分割可倒式で、ヘッドレストを付けたまま座面ごと前方のフロアに収納してフラットで低い広大な空間とすることができる。

今回の他の2台が、ウエストラインが斜めに切れ上がっているのに対し、タントカスタムは低く水平に近い。また、サイドウィンドウは垂直に近い角度となっている。おかげで後席に座っていても、開放感は非常に高い。

フロアとサイドシルの段差がほとんどなく、乗降性には非常に優れる。ドライビングポジションは、アップライトではあるが、それほど極端なものではない。むしろルーフがものすごく高い位置にあり、サンバイザーが遠くにあるところに異様な感覚を持つ。そこにはかなりの容量を持つオーバーヘッドコンソールまでも設置されている。

シート自体のサイズも大きい、スペースの広さと開放感の感覚は、今どきの国産ミニバンをしのぐものすらある。

後席の前後スライド量は260mmで、他の2台が左右一体であるのに対し、タントカスタムは左右独立して行なえる。また、背もたれを前倒しして座面ごとダイブダウンして床下に収納し、低く広いラゲッジスペースを得ることができる。

ステアリングメーターラゲッジドアオープン収納ボックス

内装・装備の総評

ベース車ではアイボリーなど明るい色調も設定されるが、カスタムはすべてブラック基調のインテリアカラーとなる。そして、MOMO製本革巻ステアリングホイールやなど、精悍な雰囲気を演出。ミラカスタムはムーヴカスタムとデザイン的な差別化を図りつつ、ユーティリティについては、ほとんど匹敵するという設定。スペースの広さは、タントカスタムがライバルを寄せ付けないレベル。ただし、後席の乗り心地については、シートの出来のよさと十分な広さからムーヴカスタムに微妙に分がある印象。ミラカスタムも外観から想像する以上のスペースと使い勝手を備えている。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ ミラ の関連記事

ダイハツ ミラの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ ミラ の関連記事をもっと見る

ダイハツ ミラ の関連ニュース

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/16~2017/12/16