autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 VW GTIシリーズが勢ぞろい!2018年7月3日から3モデルが同時ラインナップ

新型車リリース速報 2018/6/12 17:27

VW GTIシリーズが勢ぞろい!2018年7月3日から3モデルが同時ラインナップ

VW GTIシリーズ発表会
VW ゴルフGTIVW ポロGTIVW アップ!GTIVW 初代ゴルフGTI画像ギャラリーはこちら

GTIブランドが13年ぶりに3モデルになった!

2018年6月8日、フォルクスワーゲンは「up! GTI」、「Golf GTI Dynamic」、「Polo GTI」の3モデルを同時発表した。フォルクスワーゲンGTIといえば、スタンダードモデルのグレードのなかでもとりわけスポーツ色が強いグレードとして位置づけられていて、エンジンや足回りはもちろん外装や内装もGTI専用のものが採用され、特別なモデルに仕上がっていることでも知られている。

フォルクスワーゲンGTIの起源は、1976年に欧州で初登場した初代ゴルフ GTIにまで遡る。初代ゴルフGTIの発売当時、速く走れるクルマといえば大排気量でハイパワーなモデルしかなく、値段も高価だったため庶民ではなかなか手の届かないクルマばかりだった。

VW 初代ゴルフGTI

そんな時代に鳴り物入りで登場した初代ゴルフGTIは、標準仕様のゴルフ(1100/1500cc)をベースにパワフルな1600ccの直列四気筒SOHCエンジンを搭載し、庶民でも手の届く価格でありながらアウトバーンの左車線を悠々と走れるスペックを持った新ジャンルのクルマだった。

高い走行性能に加え、ハッチバックボディの使い勝手の良さ、大人5人が乗れるパッケージングなどが大いに受け入れられ、一躍大ヒットしたモデルでもある。

この初代ゴルフGTIの成功から、GTI=高性能ホットハッチという図式は現代でも成り立っており、GTIブランドが生み出した功績の大きさを物語っている。

>>VWの新しいGTIシリーズ3モデルを画像でじっくり見る!

発表された新しいGTIシリーズ3モデルの主な特徴

今回のGTIシリーズ3モデルの発表によって、フォルクスワーゲンのGTIブランドは13年ぶりに3モデル揃うことになった。フォルクスワーゲンがもつスポーツドライビングのテクノロジーを凝縮した、新しいGTIシリーズ3モデルの特徴をそれぞれ紹介する。

Polo GTI

VW ポロGTIヘッドライト

■最高出力147kW(200ps)、最大トルク320Nm(32.6kgm)を発生させる2.0L TSIエンジン

■電子制御式XDSディファレンシャルロック、スポーツサスペンション、アクティブダンパーが選択できる"Sport Select"シャシー付きスポーツパフォーマンスキット、ドライビングプロファイル機能を標準装備し、自分好みのスポーティな走りを実現

■GTIを象徴するラジエターグリルの赤ストライプやレッドブレーキキャリパーに加え、専用17インチアルミホイールやデュアルエキゾーストパイプ、リヤスポイラーを採用し、ダイナミックな走りを視覚的に表現

■GTI伝統のタータンチェックのファブリックシート柄に、レッドステッチの入ったマルチファンクションステアリングホイール、そしてべルベットレッドのダッシュパッドを採用し、赤と黒でコーディネートされたスポーティなインテリアを表現

■デジタルメータークラスター”Active Info Display”と日本初導入の「スマートフォンワイヤレスチャージング」を採用

■ボディカラーにはピュアホワイト、フラッシュレッド、ディープブラックパールエフェクトに加え、新色のライムストーングレーメタリックを追加

up! GTI(限定600台)

VW アップ!GTIヘッドライト

■最高出力85kW(116ps)、最大トルク200Nm(20.4kgm)を発生する1.0L TSIエンジンに加え、6速マニュアルトランスミッションを採用。初代ゴルフGTIを連想させるホットハッチ

■ラジエーターグリルの赤いストライプやタータンチェックのシート柄など、GTI伝統のエクステリアやインテリアを踏襲

■ダイナミックな走りを連想させる専用17インチアルミホイールやスポーツサスペンション、レッドのブレーキキャリパーを採用

■シートヒーターやパークディスタンスコントロール、アンビエントライトに加え、自身のスマートフォンを活用できるインフォテイメントパッケージも標準装備し、快適性を向上

■ボディカラーはピュアホワイト、トルネードレッド、ディープブラックパールエフェクトの三色展開(限定600台)

Golf GTI Dynamic

VW ゴルフGTIヘッドライト

■フォルクスワーゲン純正インフォテイメントシステム、”Discover Pro”やデジタルメータークラスター”Active Info Display”などの最新のテクノロジーを標準装備

■ハイビーム使用時の対向車への眩惑を防ぐ”ダイナミックライトアシスト”や、ステアリング操作に連動してヘッドライトの照射エリアを調整する”ダイナミックコーナリングライト”、さらにはLEDテールランプなどの装備を標準化し、安全性と快適性を向上

■アダプティブシャシーコントロール(DCC)やGTIを象徴するレッドストライプをあしらったダークカラーのホイールを装着し、GTIらしさを動力的にも視覚的にも表現

■ボディカラーはピュアホワイト、インジウムグレーメタリック、ディープブラックパールエフェクト(DSGモデル専用色)の三色展開

■6速マニュアルトランスミッションは100台限定で用意(ピュアホワイト50台、インジウムグレーメタリック50台)

>>VWの新しいGTIシリーズ3モデルを画像でじっくり見る!

刺激的な走りと使い勝手を両立したGTIシリーズは台数限定モデル有り!

VW ゴルフGTIインテリアVW ポロGTIインテリアVW アップ!GTIインテリアVW ポロGTIとティル・シェア氏

乗り心地や環境性能に重点が置かれて開発されることが多い最近の新型車のなかで、フォルクスワーゲンGTIシリーズのような純粋に走りを楽しめるモデルは非常に少なくなってきている。

日常での使い勝手は保ちつつも、たまにはヤンチャに走りたいと思っているユーザーにはうってつけのGTIシリーズ。今回の発表ではGTIシリーズの選択肢の幅が大きく広がったので、今まで以上に自分にハマるモデルが登場したと思う方も多いのではないだろうか。

消費税込みのそれぞれの価格は、up! GTIが219万9千円、Polo GTIが344万8千円、Golf GTI Dynamicが445万9千円(6MTは435万9千円)となっている。それぞれのモデルは2018年7月3日(火)より全国で販売開始され、なかには50台数限定の超希少なモデルも存在する。気になった方は、いち早くフォルクスワーゲン正規ディーラーを訪ねてみてはいかがだろうか。

[Text/Photo:松田 タクヤ(オートックワン編集部)]

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

フォルクスワーゲン up! の関連編集記事

フォルクスワーゲン up!の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン up! の関連編集記事をもっと見る

フォルクスワーゲン up! の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR