VW up! GTI試乗|ターボと6MTでup!史上最もパワフルなホットハッチが誕生

VWの末っ子up!に待望のGTIが登場

フォルクスワーゲンの末弟“up!”に待望のハイパフォーマンスバージョン“up! GTI”が誕生した。

1976年にデビューした初代ゴルフGTIの遺伝子を受け継ぐup! GTIは、up!用の3気筒 1リッター自然吸気エンジンにターボチャージャーを追加。ギアボックスを6段マニュアル式に換装するとともに足回りを強化した文字どおりのホットハッチである。

もっとも、up! GTIはホットハッチという言葉から想像されるキャラクターよりもはるかに優等生だった。

>>VW最小コンパクトハッチ、up! GTIのすべてを画像で見る

ホットハッチだけど優しい乗り心地

まず、乗り心地がとても優しい。街中をゆっくり走るような状況でもタイヤがドスンドスンと突き上げられることもなく、滑らかな走りが楽しめる。速度を上げればボディはさらに落ち着いて無駄な動きがなくなり、高速道路でも安心して走行できた。

実は、私は個人的に標準仕様のup!を所有しているけれど、それと比べてもサスペンションが大幅に硬くなったとは思えない。

up! GTIは、私のup!が履く185/55R15より2インチも大きな215/45R17を装着していたが、サスペンションのセッティングはタイヤサイズの変更分を織り込んだだけで、「ホットハッチなんだから足は硬くしなきゃ!」という意図はほとんど感じられない。

ワインディングはスポーツカーさながらのスピードで駆け抜ける

それでもup! GTIの走りは十分にすばしっこいし、コーナリングスピードだって驚くほど速い。

もともと私のup!も、幅の細いタイヤのどこにこんなグリップが潜んでいたんだろうと思うくらいタイヤの能力を引き出す能力に長けているのだけれど、それはup! GTIもまったく同じ。箱根のワインディングロードを駆け抜けたときのペースは、本格的なスポーツカーとほとんど変わらないくらい速いものだった。

標準up!に比べて最大トルクは2倍以上の200Nm

up! GTIが速いもうひとつの理由が、そのエンジンだ。

ターボチャージャーを得た1リッターエンジンは、標準仕様を41psも上回る116psを発揮。最大トルクは95Nmから200Nmへと2倍以上の伸びを実現している。もっともこのエンジン、音はうるさくないしトルクカーブもフラットなため、体感できるパワー感はさほどでもない。

それでも200Nmもあるトルクのおかげで勾配10%を越す箱根の急坂でもグイグイと加速していけるし、高速道路で追い越しを仕掛けるにもシフトダウンをする必要がない。アクセルペダルを踏む右足にちょっと力を込めるだけで、スルスルと加速していってくれるのである。

up!初のマニュアルギアボックスを設定

日本仕様のup!に初採用となったマニュアルギアボックスも往年のホットハッチ・ファンからは歓迎されそう。

クラッチペダルもシフトレバーもスムーズに動くから、渋滞を走っている最中もストレスには感じられないはず。いっぽうで、微妙なアクセル・ワークがクルマの駆動力へとダイレクトに反映される感覚はマニュアル・ギアボックスなればこそ。

これが、400psも500psもあるようなホンモノのハイパフォーマンスカーだったら、マニュアル・ギアボックスじゃとても追いつかないくらい機敏な加速を示すだろうが、いくらパワーアップしたとはいえ最高出力116psに過ぎないup! GTIのダッシュは穏やかなものなので、たとえ左手と両足でペダルやシフトレバーを操作しても「間に合わない!」ということはない。

それどころか、常にクルマの運転と向き合っている軽い緊張が心地いい充足感をもたらしてくれるだろう。

GTIの伝統ともいえる赤いチェック柄のシートも採用

GTIのエッセンスをいたるところに散りばめたデザインも、マニアにはたまらないはず。

幅がごく狭いup!のグリルもしっかりハニカムタイプに交換されているほか、その下側には赤い縁取りがあってGTIのスポーティなイメージを強調している。

極めつけはシートで、ゴルフGTIから連綿と受け継がれてきたチェック柄のシート地を採用。本革巻きのステアリングには赤いステッチが入るほか、GTIのロゴも誇らしげに輝いている。マニアであれば「憧れのGTIを手に入れた」満足感は120%だろう。

219万円というお買い得価格で600台限定

ちょっと心配なのは、up! GTIが全国600台の限定販売となっていること。本当だったら継続販売されるカタログモデルにして欲しいところだけれど、マニュアル・ギアボックスの需要は私たちが勝手に決めつけているほどには大きくないのかもしれない。

とはいえ、up! GTIの価格は219万円というバーゲン・プライス。だから、あっという間に完売してフォルクスワーゲンから「やっぱりカタログモデルにすることにしました!」というニュースが届くことを心待ちにしたい。

[TEXT:大谷達也/PHOTO:茂呂幸正]

フォルクスワーゲン up! GTIの主要スペック

車種名フォルクスワーゲン up! GTI
全長3625mm
全幅(車幅)1650mm
全高(車高)1485mm
ホイールベース2420mm
車両重量1000kg
乗車定員4人
エンジン種類直列3気筒DOHCインタークーラー付ターボ(4バルブ)
排気量999cc
最高出力85kW(116ps)/5000~5500rpm
最大トルク200N・m(20.4kgm)/2000~3500rpm
トランスミッション6速マニュアルトランスミッション
タイヤサイズ195/40R 17
価格(消費税込)219万9000円
この記事の画像ギャラリーはこちら
大谷 達也
筆者大谷 達也

1961年、神奈川県生まれ。エンジニア職を経験後、1990年二玄社に就職し、CG編集部に配属となる。以来、20年間にわたり同誌の新車情報、モータースポーツに関する記事を企画・編集・執筆。2010年3月フリーランスとなる。現在もCGの編集・執筆業務に携わる傍ら、ENGINE、GENROQ、東京中日スポーツ新聞、レーシングオンなどにも寄稿。日本モータースポーツ記者会会員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 古屋旅館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

フォルクスワーゲン up!の最新自動車ニュース/記事

フォルクスワーゲンのカタログ情報 フォルクスワーゲン up!のカタログ情報 フォルクスワーゲンの中古車検索 フォルクスワーゲン up!の中古車検索 フォルクスワーゲンの記事一覧 フォルクスワーゲン up!の記事一覧 フォルクスワーゲンのニュース一覧 フォルクスワーゲン up!のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる