autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 2018年夏国内導入の新型ポロGTIとUP!GTI、VWのGTIシリーズをスペインでイッキ乗り!

試乗レポート 2018/5/7 17:27

2018年夏国内導入の新型ポロGTIとUP!GTI、VWのGTIシリーズをスペインでイッキ乗り!

VW GTIラインナップ
VW  GTIシリーズVW GTIVW ゴルフGTI TCRVW ゴルフGTI TCR画像ギャラリーはこちら

VWのハイパフォーマンスモデル GTIシリーズをいち早く試した

フォルクスワーゲンのGTIシリーズと言えば、VWにとってもそうだし、我々クルマ好きにとっても特別な存在。そんなことを改めて思わせる国際試乗会がスペインで行われた。今回はなんとGTIシリーズだけを試すテストドライブ。用意されたのはUP!GTI、新型ポロGTI、ゴルフGTIパフォーマンス。場所はスペインのマラガで行われ、1950年代に活躍したレーシングドライバー、アルベルト・アスカリ氏の名前にちなんだアスカリサーキットを含めての試乗会である。

GTIはご存知の通り、1976年のゴルフGTIをスタートとする。その後、シロッコGTIなどが追加され、2000年に入るとルポGTI、ポロGTI、ゴルフGTIが続々と顔を揃えた。そして今回のラインナップ。ゴルフGTIパフォーマンスはすでに限定車として完売しているが、UP!GTIとポロGTIは今年夏頃にも日本上陸する予定だ。

>>VW GTIシリーズだらけの国際試乗会を写真で見る!【画像なんと197枚!】

115PSのUP!GTIはまるでゴーカートのような走り

VW up! GTI
VW UP! GTI

まずはアップGTIだが、注目はエンジンのパワーアップ。スタンダードモデルでは75psの1リッター3気筒ユニットだが、それをターボ化し115psまでチューンしている。車両重量1070kgを鑑みればいい感じのパワーウェイトレシオだ。

実際に走らせてもそれはすぐに感じ取れて、出だしから速さを体感できる。6速MTとの組み合わせなので、下のギアで引っ張りながら走るとゴーカートのような挙動を感じ取れ、じつに楽しい。

というのも、手を入れたのはエンジンだけでなく、ステアリングギアレシオもクイックにし、サスペンションもスポーティにチューンされている。よってそれがコーナリング中のGTIらしい走りを高めるのである。

さらにいうとサウンドアクチュエーターがエキゾーストノートを車内で響かせてくれる。これによりドライバーはよりアドレナリンを分泌するであろう。このサイズでこのサウンドはたまらない。

標準仕様から2倍以上のパワーを手に入れたポロGTI

VW ポロ GTI
VW ポロ GTI

ポロに関してはアップよりももっと違いがわかる。なぜなら日本仕様の新型ポロは1リッター直3ターボなのに対し、今回のGTIは2リッター直4ターボになっているからだ。おかげで最高出力は200ps。日本仕様の95psとは別物と言っていいだろう。トルクも175Nmから320Nmとグンと上がっている。

もちろん、足はスポーツサスペンションでデフにも手が入っている。スポーティな走りを手に入れるため入念にチューニングされているのだ。

よってこちらも走り出しから楽しさ満載。6速DSGはパドルシフトとギアシフトで思いのままのドライブフィールを手に入れられる。さらに、しっかりマネージメントされたオートマチックのシフトパターンはかなりスポーティな味付けなので、ドライブのままでもクルマ好きのハートを掴む要素はたっぷりある。この辺のマニアックさがじつはVWの真骨頂だったりもするのだ。

また、ポロの走りに関しては安定感の高さを強調したいところ。これは特にサーキット走行で感じたのだが、ステアリング操作に対するボディの一体感やロールを抑えた挙動の少なさは素晴らしい! の一言。コーナーでのふらつきは一切なく、ピタッと狙ったラインをトレースする。まさにふたクラス上のような安定感。ゴルフGTIに肉薄したスタビリティの高さといえよう。

ゴルフGTI TCRは2リッターエンジンから350PSを絞り出すモンスターマシン

VW ゴルフGTI TCR
VW ゴルフGTI TCR

こうしたGTIシリーズのクルマ作りの裏側にはレーシングカーの存在があることにも触れておきたい。それが今回サーキットにも展示されていたゴルフGTI TCR。TCRインターナショナルシリーズでタイトルを獲ったゴルフGTIのレース仕様車である。

エンジンは2リッター直4ターボで最高出力はなんと350psに到達。それをFWDで動かすというモンスターマシンだ。ブリスタされたフェンダーをはじめ、見るからに迫力の違いがよくわかる。

とはいえ、プレゼンテーションによるとボディの60%は市販車と共有し、エンジンもクーリングシステムなど以外はかなり市販GTIと共有しているという。そして今年も全9戦のWTCRを戦うと気を吐いていた。

VWに息づくマインドと、GTIシリーズの名に相応しい走りを改めて感じた!

VW GTIラインナップ
VW ポロ GTI

アップGTI、ポロGTI、そして今回あらためてステアリングを握ったゴルフGTIパフォーマンスすべて“GTI”の名にふさわしい走りを見せてくれた。VWのスポーツマインドは綿々と生き続けている。

さらに嬉しいのは、グリルの赤いラインとタータンチェック柄のシートカバー。初代ゴルフGTIを知る世代にもしっかりアピールしているところもまたニクい演出である。

[Text:九島 辰也 Photo:フォルクスワーゲン]

筆者: 九島 辰也

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

フォルクスワーゲン up! の関連編集記事

フォルクスワーゲン up!の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン up! の関連編集記事をもっと見る

フォルクスワーゲン up! の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR