2018年夏国内導入の新型ポロGTIとUP!GTI、VWのGTIシリーズをスペインでイッキ乗り!

  • 筆者: 九島 辰也
  • カメラマン:フォルクスワーゲン

VWのハイパフォーマンスモデル GTIシリーズをいち早く試した

フォルクスワーゲンのGTIシリーズと言えば、VWにとってもそうだし、我々クルマ好きにとっても特別な存在。そんなことを改めて思わせる国際試乗会がスペインで行われた。今回はなんとGTIシリーズだけを試すテストドライブ。用意されたのはUP!GTI、新型ポロGTI、ゴルフGTIパフォーマンス。場所はスペインのマラガで行われ、1950年代に活躍したレーシングドライバー、アルベルト・アスカリ氏の名前にちなんだアスカリサーキットを含めての試乗会である。

GTIはご存知の通り、1976年のゴルフGTIをスタートとする。その後、シロッコGTIなどが追加され、2000年に入るとルポGTI、ポロGTI、ゴルフGTIが続々と顔を揃えた。そして今回のラインナップ。ゴルフGTIパフォーマンスはすでに限定車として完売しているが、UP!GTIとポロGTIは今年夏頃にも日本上陸する予定だ。

>>VW GTIシリーズだらけの国際試乗会を写真で見る!【画像なんと197枚!】

115PSのUP!GTIはまるでゴーカートのような走り

まずはアップGTIだが、注目はエンジンのパワーアップ。スタンダードモデルでは75psの1リッター3気筒ユニットだが、それをターボ化し115psまでチューンしている。車両重量1070kgを鑑みればいい感じのパワーウェイトレシオだ。

実際に走らせてもそれはすぐに感じ取れて、出だしから速さを体感できる。6速MTとの組み合わせなので、下のギアで引っ張りながら走るとゴーカートのような挙動を感じ取れ、じつに楽しい。

というのも、手を入れたのはエンジンだけでなく、ステアリングギアレシオもクイックにし、サスペンションもスポーティにチューンされている。よってそれがコーナリング中のGTIらしい走りを高めるのである。

さらにいうとサウンドアクチュエーターがエキゾーストノートを車内で響かせてくれる。これによりドライバーはよりアドレナリンを分泌するであろう。このサイズでこのサウンドはたまらない。

標準仕様から2倍以上のパワーを手に入れたポロGTI

ポロに関してはアップよりももっと違いがわかる。なぜなら日本仕様の新型ポロは1リッター直3ターボなのに対し、今回のGTIは2リッター直4ターボになっているからだ。おかげで最高出力は200ps。日本仕様の95psとは別物と言っていいだろう。トルクも175Nmから320Nmとグンと上がっている。

もちろん、足はスポーツサスペンションでデフにも手が入っている。スポーティな走りを手に入れるため入念にチューニングされているのだ。

よってこちらも走り出しから楽しさ満載。6速DSGはパドルシフトとギアシフトで思いのままのドライブフィールを手に入れられる。さらに、しっかりマネージメントされたオートマチックのシフトパターンはかなりスポーティな味付けなので、ドライブのままでもクルマ好きのハートを掴む要素はたっぷりある。この辺のマニアックさがじつはVWの真骨頂だったりもするのだ。

また、ポロの走りに関しては安定感の高さを強調したいところ。これは特にサーキット走行で感じたのだが、ステアリング操作に対するボディの一体感やロールを抑えた挙動の少なさは素晴らしい! の一言。コーナーでのふらつきは一切なく、ピタッと狙ったラインをトレースする。まさにふたクラス上のような安定感。ゴルフGTIに肉薄したスタビリティの高さといえよう。

ゴルフGTI TCRは2リッターエンジンから350PSを絞り出すモンスターマシン

こうしたGTIシリーズのクルマ作りの裏側にはレーシングカーの存在があることにも触れておきたい。それが今回サーキットにも展示されていたゴルフGTI TCR。TCRインターナショナルシリーズでタイトルを獲ったゴルフGTIのレース仕様車である。

エンジンは2リッター直4ターボで最高出力はなんと350psに到達。それをFWDで動かすというモンスターマシンだ。ブリスタされたフェンダーをはじめ、見るからに迫力の違いがよくわかる。

とはいえ、プレゼンテーションによるとボディの60%は市販車と共有し、エンジンもクーリングシステムなど以外はかなり市販GTIと共有しているという。そして今年も全9戦のWTCRを戦うと気を吐いていた。

VWに息づくマインドと、GTIシリーズの名に相応しい走りを改めて感じた!

アップGTI、ポロGTI、そして今回あらためてステアリングを握ったゴルフGTIパフォーマンスすべて“GTI”の名にふさわしい走りを見せてくれた。VWのスポーツマインドは綿々と生き続けている。

さらに嬉しいのは、グリルの赤いラインとタータンチェック柄のシートカバー。初代ゴルフGTIを知る世代にもしっかりアピールしているところもまたニクい演出である。

[Text:九島 辰也 Photo:フォルクスワーゲン]

この記事の画像ギャラリーはこちら
九島 辰也
筆者九島 辰也

外資系広告会社から転身、自動車雑誌業界へ。「Car EX」副編集長、「アメリカンSUV」編集長などを経験しフリーランスへ。その後メンズ誌「LEON」副編集長なども経験。現在はモータージャーナリスト活動を中心に、ファッション、旅、サーフィンといった分野のコラムなどを執筆。また、クリエイティブプロデューサーとしても様々な商品にも関わっている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

フォルクスワーゲン up!の最新自動車ニュース/記事

フォルクスワーゲンのカタログ情報 フォルクスワーゲン up!のカタログ情報 フォルクスワーゲンの中古車検索 フォルクスワーゲン up!の中古車検索 フォルクスワーゲンの記事一覧 フォルクスワーゲン up!の記事一覧 フォルクスワーゲンのニュース一覧 フォルクスワーゲン up!のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる