トヨタ ヤリスクロスと日産 キックス e-POWERの内装を比較! 全長が10cm長いキックスは後席もやっぱり広かった

画像ギャラリーはこちら
2020年の夏頃に相次いでデビューしたコンパクトSUV「日産 キックス」と「トヨタ ヤリスクロス」。日本の街中でも扱いやすいサイズに、ハイブリッドで300万円以内に収まる価格帯で人気を集める2台だ。今回はキックスとヤリスクロスの内装をチェック。質感は良い勝負ながら、後席の広さはキックスが圧勝だった!

>>ヤリスクロスとキックス、2020年に相次いで誕生したコンパクトSUVのライバル2台を写真で見る[画像ギャラリー]

目次[開く][閉じる]
  1. 全長4.2メートルのヤリスクロスに対し、4.3メートルとひと回り大きな日産 キックス
  2. ミニマムなボディサイズゆえ、後席の広さは最小限な「トヨタ ヤリスクロス」の内装
  3. インパクト大! 鮮烈なオレンジカラーが目を引く「日産 キックス」の内装

全長4.2メートルのヤリスクロスに対し、4.3メートルとひと回り大きな日産 キックス

トヨタのコンパクトSUV「ヤリスクロス」は、2020年2月に「ヴィッツ」の後継車として登場したコンパクトカー「ヤリス」をベースに2020年8月31日発売を開始したモデルだ。

対する日産 キックスは、もともと2016年にブラジルで発表されたモデル。2020年、大規模なデザイン変更を伴うマイナーチェンジを機にタイで生産を開始。新たにハイブリッドシステムe-POWERを搭載したモデルを輸入し、2020年6月30日より発売を開始した。

全長4.2メートル弱のヤリスクロスに対し、キックスは全長4.3メートル弱とやや大きいのが特徴。その分、室内の広さに違いが出そうだ。ここで2台を詳しく見比べてみよう。

ミニマムなボディサイズゆえ、後席の広さは最小限な「トヨタ ヤリスクロス」の内装

トヨタ ヤリスクロスの内装を見てみよう。インパネ周りは際立って高級というわけではないが、カジュアルな雰囲気の中で質感も上々である。

ボディサイズは全長4180mm×全幅1765mm×全高1590mm、ホイールベース2560mmとなっている。ちなみにベースとなったコンパクトカー、ヤリスは全長3940mm×全幅1695mm×全高1500mm、ホイールベース2550mとほぼ同じ。ヤリスクロスが非常にコンパクトに造られていることがわかる。

街中でも扱いやすいコンパクトさが特徴のヤリスクロスだが、その分室内空間の設計は割り切られており、特に後席は足元空間の余裕は少な目だ。ただしラゲッジは良く練り込まれており、最大で371リットル(6:4分割アジャスタブルデッキボード非装着モデル)の積載量を誇っている。

トヨタ/ヤリスクロス
トヨタ ヤリスクロスカタログを見る
新車価格:
179.8万円281.5万円
中古価格:
179.6万円365.9万円

インパクト大! 鮮烈なオレンジカラーが目を引く「日産 キックス」の内装

オレンジタンの鮮烈なカラーが目を引く日産 キックス。これはツートーンインテリアエディションという仕様で、合皮のシート地と組み合わされる。好き嫌いも分かれそうだが、ブラックの内装色仕様もあるので好みに応じて選べばいい。さらに上質なブルー内装のカスタムカー「AUTECH(オーテック)」も用意されるなど、内装色の選択肢の幅が広いのもキックスの特徴だ。

ボディサイズは、全長4290mm×全幅1760mm×全高1610mm、ホイールベース2620mmと、ヤリスクロスに対しひと回り大きなサイズが特徴だ。

サイズの違いがはっきりとわかるのが後席の広さだろう。偶然にもヤリスクロスとほぼ同じ角度で写真が撮られているため、比較がしやすい。特に後席の足元空間にその差が出ている。実際、筆者が2台を乗り比べた際も、頭上空間含め後席の広さという意味ではキックスの圧勝であった。

また荷室容量も423リットルと、コンパクトSUVクラスの中でもトップクラスの広さと使い勝手を誇る。

ヤリスクロスを検討している方で、後席を多用するファミリーユースなどの場合には、自身が使うシチュエーションなどを想定しながら実際の試乗車でしっかり確認しておきたいところだ。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:TOYOTA・NISSAN]

日産/キックス
日産 キックスカタログを見る
新車価格:
275.9万円311.4万円
中古価格:
18万円340万円

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 草津温泉 つつじ亭

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ ヤリスクロスの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ヤリスクロスのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ヤリスクロスの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ヤリスクロスの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ヤリスクロスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる