彗星のごとく登場した「ヤリス」3兄弟! 個性の違いを振り返り

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
2020年、イッキに3兄弟がデビューしたトヨタ「ヤリス」「ヤリスクロス」「GRヤリス」。同じ“ヤリス”を名乗る兄弟ではあるものの、3台とも個性はまるで違うモデル! ここでは改めてヤリス3兄弟を振り返っていく。
目次[開く][閉じる]
  1. トヨタ ヤリス
  2. トヨタ ヤリスクロス
  3. トヨタ GRヤリス

トヨタ ヤリス

ヤリスシリーズ第1弾となったのが、2020年2月に発売開始したトヨタの新しいグローバルコンパクトカーを担う新型「ヤリス」。これまでの「ヴィッツ」を受け継ぐ形でフルモデルチェンジを行った。

新型ヤリスでは、トヨタの新世代開発思想「TNGA」(トヨタ ニュー グローバル アーキテクチャー)を基にした新開発のGA-Bプラットフォームを採用し、エンジンも新型とすることで全てを一新。これは他のヤリスファミリーのヤリスクロス、GRヤリスも同じ設計思想が貫かれている。

ボディサイズは全長3940mm×全幅1695mm×全高1500mmと非常にコンパクトだ。

エンジンは、3気筒1000ccと新開発の3気筒1.5リッターダイナミックフォース、さらに1.5リッターとモーターを組み合わせたハイブリッドの3つのラインナップが用意される。駆動方式はFF(前輪駆動)に加え、1.5リッターとハイブリッドには4WDも設定する。1.5リッターガソリン(FF)には6速MTも選択可能としている。

新型ヤリスの価格(消費税込)は139万5000円~249万3000円。

トヨタ ヤリスクロス

続く第2弾モデルとして登場したのは、2020年4月に世界初公開されたヤリスをベースに仕立てられたコンパクトSUV「ヤリスクロス」。

ヤリス同様、コンパクトカー向けTNGAプラットフォーム(GA-B)を採用し、ヤリスの持つ「凝縮感」に加え、SUVならではの力強さ、存在感を表現したバランスのよいプロポーションを実現。ヤリスと比べてみても、兄弟車とは思えぬほどヤリスクロスは随分と立派に見え、アクティブかつ力強いスタイリングが個性的なモデルだ。

ボディサイズは全長4180mm×全幅1765mm×全高1560mm。SUVとはいえ、コンパクトカーのヤリスから極端に大きくなったわけではなく、街中でも扱いやすい適度なサイズに留められている。

エンジンは、直列3気筒1.5リッターガソリンエンジンと、1.5リッター+ハイブリッドの2機種を用意。それぞれFFと4WD(ハイブリッドはE-Four)を設定する。

新型ヤリスクロスの価格(消費税込)は179万8000円~281万5000円。

トヨタ GRヤリス

そして第3弾モデルとなったのは、2020年9月に正式に発売開始された「GRヤリス」。

FIA世界ラリー選手権(WRC)への参戦を目指すホモロゲーション(参戦に必要な規定を満たす型式認定)モデルで、2017年からWRCへ参戦中のラリーマシン「ヤリスWRC」のノウハウを全面的に投入した。

ボディサイズは全長3995mm×全幅1805mm×全高1455mm。ヤリスが低くワイドになったような見た目だが、中身は別物。専用のTNGAスポーツ4WDプラットフォームを採用し、空力特性に優れた専用の3ドアハッチバックボディを持つ。

エンジンフード、トランクリッド、ドアパネルはアルミ製で、ルーフには軽量で高強度なCFPR(炭素繊維強化プラスチック)素材を採用するなど、軽量化にも注力されている。

専用のハイパワー1.6ターボ+6速MT+4WDモデルに加え、1.5リッター+CVT+FFのエントリーモデルも用意される。

新型GRヤリスの価格(消費税込)は265万円~456万円まで。

[筆者:MOTA編集部]

トヨタ/ヤリス
トヨタ ヤリスカタログを見る
新車価格:
139.5万円249.3万円
中古価格:
115.1万円528.8万円
トヨタ/GRヤリス
トヨタ GRヤリスカタログを見る
新車価格:
265万円456万円
中古価格:
449.8万円575万円
トヨタ/ヤリスクロス
トヨタ ヤリスクロスカタログを見る
新車価格:
179.8万円281.5万円
中古価格:
176.8万円374.3万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 松濤館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

トヨタ ヤリスの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ヤリスのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ヤリスの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ヤリスの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ヤリスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる