漫画「頭文字D」で憧れた車3選 ~秋名スピードスターズ編~

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
「頭文字D(イニシャルD)」は、1995年から2013年にかけて週刊ヤングマガジンにて連載していた、公道バトルを繰り広げる走り屋を描いた自動車マンガの金字塔[作:しげの秀一氏]。「イニD」の略称で親しまれ、多くの自動車ファンに影響を与えました。今回は主人公藤原拓海が最初に所属していた“秋名スピードスターズ”の車3車種をご紹介します。
目次[開く][閉じる]
  1. 主人公 藤原拓海が乗るAE86スプリンタートレノ
  2. S13シルビアに乗る「秋名スピードスターズ」のリーダー池谷浩一郎
  3. RSP13型180SXに乗る池谷の幼なじみ健二
スプリンタートレノハッチバックの最新業界ニュース・自動車ニュース&記事

主人公 藤原拓海が乗るAE86スプリンタートレノ

1983年から1987年まで製造・販売していたトヨタのコンパクトFRがAE86(スプリンタートレノ/カローラレビン)。シンプルな構造で素直なハンドリング特性を持つAE86のスポーツグレードにはトヨタの名機「4A-GE型」エンジンが搭載されています。1.6リッター直列4気筒DOHCの「4A-GE型」エンジンのスペックは、最高出力130PS/6600rpm、最大トルク15.2kg・m/5200rpm。絶対的なパワーや速さこそありませんが、エンジンを高回転まで回しきる楽しさがあります。

頭文字Dの人気に伴い、AE86の人気が急上昇。最終モデルが30年以上前であるにも関わらず、状態の良い中古車は新車価格の3倍以上の価格で取引されることも珍しくありません。

ツートーンカラー「藤原とうふ店(自家用)」のAE86トレノ

頭文字Dの主人公 藤原拓海が乗るAE86は、拓海の父で「藤原とうふ店」の配達車両として使われていたスプリンタートレノ GT-APEXです。ボディサイドには、「藤原とうふ店(自家用)」と書かれ、カラーは作中で「パンダトレノ」と呼ばれるブラック×ホワイトのハイテックツートーン。CIBIE製フォグランプ、ワタナベ製ホイール、FUJITSUBOマフラー、カーボンボンネットなどを装備しています。

トヨタ AE86(スプリンタートレノ)の中古車相場

■中古車掲載台数:13台

■中古車相場:256.1万円~467.8万円

※中古車掲載台数および相場は、2020年11月18日時点のデータ

S13シルビアに乗る「秋名スピードスターズ」のリーダー池谷浩一郎

1988年に登場したデートカー代表車の日産 S13シルビア(5代目)。若者を中心に好調な売れ行きをみせ、歴代シルビアの中で最も多い販売台数を記録しました。エクステリアは、伸びやかでスマートなシルエット、横方向への広がりを感じさせるフロントとリアまわりのデザイン。インテリアは、暖かみのある角がとれた造形となっています。

販売当時は、ドライブに最適でお洒落なデートカーでしたが、「FR」「MT」「ターボ」の三拍子が揃ったパッケージングが走り好きのあいだで話題となり、チューニングのベース車両として高い人気を誇ります。

「秋名スピードスターズ」ナンバー2を名乗るが...

「秋名スピードスターズ」のリーダー池谷浩一郎が乗るは、ライムグリーンツートーンのS13シルビア K's。外装パーツは日産純正パーツを装着し、足元にSPEED STAR WHEEL製ホイールを履いています。

秋名スピードスターズのナンバー2を名乗っていますが、ドライビングテクニックは決して上手いとはいえないレベル…。また、「恐怖のダウンヒル、池谷コーナー3コで失神事件」は作中の伝説として語り継がれています。

日産 S13シルビアの中古車相場

■中古車掲載台数:38台

■中古車相場:144万円~443万円(応相談含む)

※中古車掲載台数および相場は、2020年11月18日時点のデータ

RSP13型180SXに乗る池谷の幼なじみ健二

1989年に登場した日産 180SXは、デートカーとして人気だったS13シルビアの姉妹車で、よりスポーティーなデザインやセッティングが施されていました。1991年に大幅な改良が実施され、中期型へアップデート。2.0リッターエンジンを搭載し、さらにスポーティーな走りを手に入れました。四輪操舵システムは進化した「SUPER HICAS」を装着しています。

1996年に後期型となり、丸型4灯のリアコンビネーションランプや大型のリアスポイラー、リアブレーキ容量のアップ、ABSの標準化などを実施。1999年にシルビアに統合される形で180SXの歴史を終えました。

健二はリーダーの姉妹車180SX中期モデルに乗っている

健二は、「秋名スピードスターズ」のメンバーで、リーダー池谷の幼なじみです。名字は明かされておらず、拓海やその友達であるイツキは「健二先輩」と呼んでいます。健二が乗る180SXは、中期にあたるRSP13型タイプIIです。ボディカラーはウォームホワイトで、日産純正パーツ、WORK製ホイールを装着しています。

日産 180SXの中古車相場

■中古車掲載台数:79台

■中古車相場:109.8万円~350万円(応相談含む)

※中古車掲載台数および相場は、2020年11月18日時点のデータ

日産/シルビア
日産 シルビアカタログを見る
新車価格:
194.7万円286.8万円
中古価格:
65万円450万円
日産/180SX
日産 180SXカタログを見る
新車価格:
203.3万円285.4万円
中古価格:
109.8万円399.8万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 古屋旅館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

トヨタ スプリンタートレノハッチバックの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ スプリンタートレノハッチバックのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ スプリンタートレノハッチバックの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ スプリンタートレノハッチバックの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ スプリンタートレノハッチバックのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる