これぞバブルの申し子! 技術世界一を目指して誕生した日産の名車3選

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
日本がいわゆるバブル景気に沸いていた80年代から90年代。日産は「1990年代までに技術世界一を目指す」という目標を掲げた「901運動」を開始します。この期間に開発された日産車は、好景気の後押しもあり潤沢な費用を投じて開発された結果、バブル崩壊後も好調な販売を続けました。今回はそんな80年代の終わりから90年代の頭にかけて発売された、日産の名車を3選をご紹介します。
目次[開く][閉じる]
  1. 今や名車と呼ばれる8代目スカイライン(R32型)
  2. バブル崩壊が逆に好機となった2代目マーチ(K11型)
  3. 5ナンバーミニバンの定番を作った初代セレナ

今や名車と呼ばれる8代目スカイライン(R32型)

1989年に誕生したR32スカイラインは、4ドアハードトップセダンと2ドアクーペのボディタイプに、1.8リッターから2.6リッターまでの幅広いエンジンバリエーションを展開。グレードは「GTS-t」、「GTS」、「GTE」、「GXi」とさまざまな種類が用意されました。

中でも「GTS-4」は、2.0リッターターボのRB20DET型エンジンに、スカイラインGT-Rにも採用される四輪駆動システム「アテーサE-TS」が組み合わされ、「GT-Rじゃない4駆のスカイライン」と、ツウ好みのスカイラインとして知られています。

名機「RB26DETT型」を搭載するGT-Rの復活

R32スカイラインのもっとも注目すべきトピックは、スポーツグレード「GT-R」が16年ぶりに復活したことです。

2.6リッター直列6気筒4バルブDOHCツインターボ「RB26DETT型」エンジンを搭載し、最高出力280PS、最大トルク36.0kg・mと自主規制いっぱいの出力を発生。駆動方式は、FRをベースとした四輪駆動システム「アテーサE-TS」を採用しています。

名代「GT-R」が復活したことはもちろん、日本ツーリングカー選手権(JTC)では29戦29勝を上げ、レースで無敵の強さを発揮したことも市販車の人気に拍車をかけました。

日産 8代目スカイライン(R32型)の中古車相場

■中古車掲載台数:11台

■中古車相場:95万円~268万円(応相談含む)

※中古車掲載台数および相場は、2020年11月15日時点のデータ

バブル崩壊が逆に好機となった2代目マーチ(K11型)

1992年にデビューした2代目マーチは、角がなく素朴で飽きがこないデザインのコンパクトカー。「3ドア/5ドアハッチバック」、オープンの「カブリオレ」、ワゴンタイプの「マーチBOX」とさまざまなボディタイプを展開していました。

先代と比較して角が取れたデザインであること以外、それほど目立った特徴がない2代目マーチですが、コンパクトながら大人4人が乗車できる真面目で秀逸なパッケージングが評価され、日本カー・オブ・ザ・イヤー、RJCカー・オブ・ザ・イヤー、欧州・カー・オブ・ザ・イヤーという3つの大賞を受賞。さらに、バブル経済崩壊後コンパクトカーの経済性が見直され、再度注目を集めたことで、1996年度に14万台以上も売り上げています。

トヨタ スターレットやマツダ デミオなど、ライバルのコンパクトカーが登場した後も、モデル末期まで安定したセールスを記録し続けました。

多くの派生車種も登場

2代目マーチでは、オーテックが手がけたカスタマイズカーやコラボレーションモデルなど、さまざまな派生車も誕生しています。1996年のタンゴ、1997年のボレロ、1998年のルンバ、2000年のポルカ、2001年に1000台限定インターネットのみで販売された無印良品とのコラボカー「MujiCar1000」と多彩なバリエーションを展開。さらに、2代目マーチをベースとしたトールワゴンの「キューブ」が1998年に登場し大ヒットしました。

日産 2代目マーチ(K11型)の中古車相場

■中古車掲載台数:47台

■中古車相場:15万円~99.8万円(応相談含む)

※中古車掲載台数および相場は、2020年11月15日時点のデータ

5ナンバーミニバンの定番を作った初代セレナ

2018年、2019年と2年連続でミニバンNo.1を獲得するなど、今や大人気ミニバン筆頭であるセレナ(現行型)ですが、初代セレナはFF(前輪駆動)ではなくFR(後輪駆動)を採用し、1991年に初登場。それまで、日産5ナンバーワンボックスの代名詞でもあった「バネット」の名を冠し「バネットセレナ」と名乗っていました。

ボディ形状はいわゆるワンボックスタイプの「キャブオーバー型」から、短いボンネットを持つ1.5ボックスの「セミキャブオーバー型」となりますが、エンジンは現行型セレナとは違い、前席の床下に搭載されています。

ミニバンの当たり前を初代から導入していた

初代セレナが開発されたのは、まさにバブル経済真っ只中。そのため、多くの開発費が投じられ、当時の5ナンバーミニバンとしては贅沢な作りとなっていました。

リーフスプリングを使ったマルチリンク式サスペンションによる優れた乗り心地を実現し、上級グレードには四輪操舵システム「スーパーHICAS」を搭載。さらに、シルビアなどに搭載されていた2.0リッター直列4気筒DOHCのSR20型エンジンも設定するなど、走りの質にもこだわった設計が施されていました。

日産 初代セレナ(C23型)の中古車相場

■中古車掲載台数:3台

■中古車相場:17万円~56万円

※中古車掲載台数および相場は、2020年11月15日時点のデータ

日産/スカイライン
日産 スカイラインカタログを見る
新車価格:
435.4万円644.5万円
中古価格:
12万円750万円
日産/マーチ
日産 マーチカタログを見る
新車価格:
128.9万円187.7万円
中古価格:
7.3万円632.8万円
日産/セレナ
日産 セレナカタログを見る
新車価格:
257.6万円419.2万円
中古価格:
11.4万円858万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 雲風々
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

日産 スカイラインの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 スカイラインのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 スカイラインの中古車検索 日産の記事一覧 日産 スカイラインの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 スカイラインのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる