狼の皮を被った羊!? 速いだけが全てじゃない! 走って楽しいスポーツカー3選

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
「スポーツカー」と言うと、ハイパワーなエンジンを搭載した“速い車”をイメージする方も多いと思いますが、中にはその見た目とは裏腹に、エンジンがそれほどパワフルじゃないスポーツカーも存在します。いわば「狼の皮を被った羊」と言われることもあるそんなスポーツカーの中には、速さ以上の魅力を持った車が存在。今回はあまり速くないけど、走ると楽しいスポーツカーを3車種ご紹介します。
目次[開く][閉じる]
  1. 見た目はほぼ“ハチロク”!? トヨタ AE85 カローラレビン/スプリンタートレノ
  2. そのハンドリングはまさしく“人馬一体”! マツダ 初代ロードスター
  3. 世界初フルオープンミッドシップスポーツカー!ホンダ ビート

見た目はほぼ“ハチロク”!? トヨタ AE85 カローラレビン/スプリンタートレノ

1983年に登場したトヨタ カローラレビン/スプリンタートレノは、AE86とAE85の2種類をラインナップしています。車検証などに記載された型式こそ違うものの、外観上の違いは極わずか。また、チューニングベースとしても人気のため、生産終了から30年以上が経った現在はさまざまなパーツが交換されている可能性があり、見た目だけで見分けることは非常に困難です。

大人気漫画「頭文字D(イニシャルディー)」では、主人公の藤原拓海の同級生である武内樹が、AE86とAE85を間違って購入したというエピソードが描かれ、AE86とAE85の見分けが困難なことと、AE86の陰に隠れていたAE85の存在が多くの人に知られるきっかけになりました。

パワーはないけど軽くて楽しい

AE85に搭載される1.5リッターSOHCエンジン(3A-U型)は、最高出力83ps/5600rpm、最大トルク12.0kg・m/3600rpmを発生。最高出力130ps/6600rpm、最大トルク15.2kg・m/5200rpmを発生していたAE86が搭載する1.6リッターDOHC(4A-G型)と比べると非力であることは否めません。

しかし、AE86と瓜二つのデザインに加え、コンパクトFRならではの回頭性と1トンそこそこの軽量なボディは、誰でも気軽にスポーツドライビングを楽しめる1台です。

トヨタ AE85(カローラレビン/スプリンタートレノ)の中古車相場

■中古車掲載台数:1台

■中古車相場:388万円

※中古車掲載台数および相場は、2020年12月14日時点のデータ

そのハンドリングはまさしく“人馬一体”! マツダ 初代ロードスター

1989年に登場したマツダ 初代ロードスター(NA型)は、低い全高と丸みを帯びたスタイリングにリトラクタブルヘッドライトを装着。1トンを下回る車両重量、1.6リッター直列4気筒エンジンを縦置きに搭載するFRレイアウト(後輪駆動)が大きな特徴です。

発売開始当初に搭載されていた直列4気筒1.6リッターDOHCエンジンは、最高出力120PS/6500rpm、最大トルク:14.0kg・m/5500rpmを発生。また、1993年のマイナーチェンジで登場する1.8リッターエンジンは、最高出力130PS/6500rpm、最大トルク:16.0kg・m/4500rpmを発生していますが、絶対的な速さやパワーはありません。

しかし、車を自分の手足のように操る感覚は、まさしく人馬一体。高い回転まで引っ張ってからシフトチェンジする抑揚のある走りは、多くの車好きから賞賛されました。

世界中の自動車メーカーに影響を与えた

初代ロードスターが登場した当時、ライトウェイトスポーツカー市場は下火になりつつあったものの、1990年には世界で9万台以上を販売し大ヒット。そんな初代ロードスターの快挙は世界中の自動車メーカーの目に止まり、ポルシェ ボクスター、メルセデス・ベンツ SLKクラス、トヨタ MR-S、ホンダ S2000など、数多くのライトウェイトオープンスポーツカーを誕生させるきっかけとなりました。

マツダ 初代ロードスター(NA型)の中古車相場

■中古車掲載台数:185台

■中古車相場:49.8万円~315万円(応相談含む)

※中古車掲載台数および相場は、2020年12月14日時点のデータ

世界初フルオープンミッドシップスポーツカー!ホンダ ビート

1991年に発売を開始したホンダ ビートは、軽自動車という日本独自の規格の中で作られたミッドシップオープンスポーツカーです。

シートのすぐ後ろに搭載された656cc直列3気筒エンジンは、NA(自然吸気)であるものの自主規制いっぱいの最高出力64psを発生。また、レッドゾーンは8500rpmからとなり、ホンダらしい高回転型エンジンであることも特徴のひとつです。

ただし、そこはやはり軽自動車。ビートも先に紹介したロードスター同様、絶対的な速さやパワーを楽しむスポーツカーというよりも、そのハンドリング性能を楽しむモデルと言えるでしょう。

ファンの思いに応える純正パーツの再販

車体中央付近にキャビンが設置されたミッドシップスポーツカーらしいスタイリングや、軽自動車、オープンカー、NAで64馬力といったパッケージは世界中探してもビートのみ。そんな特異なキャラクターには熱狂的なファンが多く、生産終了から20年以上経った現在もその人気は衰えることがありません。

そんなファンの声に応える形で、ホンダでは2017年6月からビートの純正パーツの再販を開始。「ビートをより長く楽しんでいただきたい」というホンダの想いから始まったパーツの再販は、2020年12月時点で100部品以上がラインナップされ、再販パーツの数は今後も随時追加される予定となっています。

ホンダ ビートの中古車相場

■中古車掲載台数:153台

■中古車相場:39万円~310.9万円(応相談含む)

※中古車掲載台数および相場は、2020年12月14日時点のデータ

マツダ/ロードスター
マツダ ロードスターカタログを見る
新車価格:
260.1万円361.6万円
中古価格:
25.8万円720万円
トヨタ/カローラレビン
トヨタ カローラレビンカタログを見る
新車価格:
142.8万円213.5万円
中古価格:
34.9万円465万円
ホンダ/ビート
ホンダ ビートカタログを見る
新車価格:
152.7万円152.7万円
中古価格:
47万円192.5万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ryugon(龍言)
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

マツダ ロードスターの最新自動車ニュース/記事

マツダのカタログ情報 マツダ ロードスターのカタログ情報 マツダの中古車検索 マツダ ロードスターの中古車検索 マツダの記事一覧 マツダ ロードスターの記事一覧 マツダのニュース一覧 マツダ ロードスターのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる