本当に終了!? 歴代モデルの中で大きな変革をもたらしたトヨタ クラウン3選

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
2020年11月にトヨタ クラウンセダンの生産終了という衝撃のニュースが飛び込んできたのは記憶に新しいでしょう。トヨタ公式発表ではないため、明確なことはわかりません。ですが、トヨタと日本の高級セダンの歴史を作ってきた名車であるだけに、一抹の寂しさを感じます。そこで今回は、歴代クラウンの中で、大きな変革をもたらした3つのモデルをご紹介します。
目次[開く][閉じる]
  1. 白いハードトップが流行った「いつかはクラウン」7代目クラウン(120系)
  2. 豪華で最新の装備が与えられた8代目クラウン(130系)
  3. V型エンジンで新世代に進化した12代目クラウン(180系)

白いハードトップが流行った「いつかはクラウン」7代目クラウン(120系)

1983年にフルモデルチェンジをして120系となった7代目クラウンは、「いつかはクラウン」のキャッチコピーと共にデビューしました。ボディタイプは、4ドアセダン、4ドアハードトップ、5ドアワゴンをラインナップしています。上級グレードに四輪独立懸架サスペンションを採用し、ABSの前進にあたる四輪ESCを装着しました。

パワーシートやメモリー付チルト&テレスコピックステアリングなど上級装備も備えています。7代目120系クラウンは、乗り心地と安全性を高い次元で実現していることが特徴です。

スポーティー路線のラインナップも充実

7代目クラウンは、スポーティーなグレードが充実した世代でもあります。1985年には、日本初のスーパーチャージャー付エンジンを搭載した「2000ロイヤルサルーン・スーパーチャージャー」が登場。さらに、クラウンのスポーティーグレード「アスリート」が誕生したのも7代目からなのです。

トヨタ 7代目クラウン(120系)の中古車相場

■中古車掲載台数:15台

■中古車相場:59.8万円~198万円(応相談含む)

※中古車掲載台数および相場は、2020年11月16日時点のデータ

豪華で最新の装備が与えられた8代目クラウン(130系)

1987年にデビューした8代目クラウン(130系)は、7代目である120系をブラッシュアップさせたデザインですが、豪華さを演出していた「クリスタルピラー」が廃止され、ボディと同色のスッキリしたCピラーに変更。また、ボディバリエーションは、4ドアハードトップ、4ドアセダン、ステーションワゴン、バンをラインナップし、3.0リッターエンジンを搭載するハードトップは、3ナンバーサイズとなるワイドボディが与えられています。

さらに、電子制御エアサスペンション、トラクションコントロール(TRC)、エレクトロマルチビジョンなどの電子制御を積極的に採用し、これまでの豪華さに加えて先進性がアップされていることも特徴です。

見た目はクラウン、中身がセルシオの「V8」

1989年には、9代目クラウンと同時に登場する初代クラウンマジェスタの原型である「4000ロイヤルサルーンG」通称V8クラウンを追加。搭載されるV型8気筒4.0リッターエンジン(1UZ-FE型)は、後にデビューする「セルシオ」に採用されたものと同じです。

最先端の装備と大排気量のV8エンジンをラインナップするなど、バブル期を象徴するもっとも贅沢なクラウンと言えるでしょう。

トヨタ 8代目クラウン(130系)の中古車相場

■中古車掲載台数:36台

■中古車相場:42.5万円~159万円(応相談含む)

※中古車掲載台数および相場は、2020年11月16日時点のデータ

V型エンジンで新世代に進化した12代目クラウン(180系)

ゼロクラウン(通称 ゼロクラ)と呼ばれる12代目クラウン(180系)は2003年に登場。ゼロクラウンと呼ばれる理由は、「かつてゴールだったクルマが、いまスタートになる」のキャッチコピーに由来します。

そのキャッチコピーからも分かるように、トヨタはこれまでの伝統やしがらみを振り払い、クラウンを新しく生まれ変わらせました。

グレード展開は、フォーマルなロイヤルとアスリートの2種類。発売当初のエンジンは、2.5リッターと3.0リッターのV型6気筒エンジンを用意。2005年のマイナーチェンジでは、アスリートに3.5リッターV6エンジンが追加されます。

アスリートやマジェスタには個性に合わせた装備が与えられた

ゼロクラウンのもっとも大きな変更点は、エンジンが直列6気筒からV型6気筒に変更されたことです。スペース効率に優れたV6エンジンとしたことでデザインや室内空間に余裕が生まれ、前後重量配分の改善によって走行性能が向上するなど、伝統の直列6気筒エンジンを捨てたことで、次世代の高級セダンとして生まれ変わりました。

デザインは、従来の四角く重厚感のあるボックススタイルから、曲線を使った流麗なフォルムへ変更され、クラウン初となる電動パワーステアリングを採用。また、スポーティーグレードの「アスリート」には、路面状態や運転操作などに応じてショックアブソーバーの減衰力を可変する電子制御サスペンション(AVS)が標準装備されています。

トヨタ 12代目クラウン(180系)の中古車相場

■中古車掲載台数:715台

■中古車相場:14万円~228万円(応相談含む)

※中古車掲載台数および相場は、2020年11月16日時点のデータ

トヨタ/クラウン
トヨタ クラウンカタログを見る
新車価格:
489.9万円739.3万円
中古価格:
25万円840万円
トヨタ/クラウンアスリート
トヨタ クラウンアスリートカタログを見る
新車価格:
403.7万円629.8万円
中古価格:
24.7万円650万円
トヨタ/クラウンロイヤル
トヨタ クラウンロイヤルカタログを見る
新車価格:
388.3万円610万円
中古価格:
14万円492.7万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 山里のいおり 草円
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

トヨタ クラウンの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ クラウンのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ クラウンの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ クラウンの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ クラウンのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる