ナビ画面て、タテ型と横型ってどっちがいいの?

ディスプレイは見やすさと扱いやすさが大事!

急速な進化を遂げる車内インフォテイメントシステム。通信することで表示できるコンテンツが増える一方で音声によるコマンドシステムの搭載も当たり前のようになってきた。そのインターフェースの中核を担うのがディスプレイだ。今回はこのディスプレイに纏わるお話をさせていただきたい。

ワイド画面が当たり前だったが、近年タテ型の画面が人気に?

新車に搭載されるディスプレイでよく見かけるのは横に広がる超ワイドなタイプで、メルセデス・ベンツのAクラスなどに搭載されているMBUXがその代表だろう。ダッシュボードの半分以上の幅を持ち、その表示からは先進的なイメージが否応なしに伝わってくる。

その一方でタテ型ディスプレイを採用するクルマも少なからず存在する。代表的なのがトヨタ プリウスPHVで、テスラでもタテ型を採用し、最近はボルボに搭載されるインフォテイメントシステムも全車タテ型となっている。また、カー用品店で手に入る製品として、ディスプレイを回転させることでタテ型としても使えるカーナビゲーションも登場した。

上下分割表示ができる、タテ型画面のほうが使いやすい?

では、ヨコ型とタテ型でどちらが良いか。一概には言えないと思うが、操作する際の使いやすさや、今後の将来性を踏まえるとタテ型の方に軍配が上がりそうな気がする。

その理由として、ヨコ型で複数の機能を表示させようとすれば、縦方向に制限が出てしまい、結果としてスクロールして表示内容を切り換えざるを得ない。

対してタテ型は、今や画面サイズが10型を超える大画面となり、上下二分割しても十分な情報が伝えられる。特にディスプレイを二分割した時の一覧性では、横方向にスクロールが必要になるヨコ型よりもタテ型の方が有利だと思うのだ。

実は20年以上前からタテ型ナビはあった

実はカーナビゲーションのディスプレイをタテ型にする発想はかなり前に登場していた。カーナビゲーション普及の黎明期であった1996年にシャープは「6E-GP3」という製品を発売し、この時に初めてディスプレイを縦に回転して使うアタッチメントを用意して話題となった。当時はまだ縦方向が長い4:3のディスプレイだったが、それでもディスプレイをタテにすれば進行方向のエリアをさらに広く表示できる。その後、ディスプレイ比率を16:9とした「7E-GP5W」へと引き継がれたが、当時、企業スローガンを「目の付けどころがシャープでしょ」としていた同社らしい新発想だったというわけだ。

タテ型が消えたのは当時は画面が小さく横型がベストだったから

しかし、その後ディスプレイの縦横比率がシャープと同じ16:9へと一斉に切り替わるも、この方法に追随するメーカーはなかった。その理由として、当時はディスプレイの主流が5.8型と今よりもずっと小さく、交差点拡大図などの情報はヨコのまま二分割した方が見やすかったからだ。

大画面時代のいま、タテ型が有利に?

ただ、ディプレイサイズが大きくなった今は事情がかなり違う。たとえば上半分でカーナビゲーションを表示し、下半分でオーディオやエアコン情報を表示しても十分なサイズが確保できる。一方でヨコ型は画面サイズが大きくなっても一覧性は低い。結局、エアコン用などとして他にも小型ディスプレイが必要になってしまうこともあるだろう。

加えて、最近は一つのディスプレイを自在に区分けして表示させるマルチビューとしての使い方も提案されるようになった。そんな時にもタテ型の方が柔軟性が高く、多彩な表示に対応できる。自動運転に向けた動きが確実に進む中で、こうした対応は欠かせなくなってくるはずで、その意味でもタテ型表示の優位性は揺るがない気がするのだ。

タテ画面は老眼にはキツイ?

と言いながら、タテ型ディスプレイを備えたプリウスPHVに乗ってカーナビゲーションを使うと意外な盲点に気付いた。ナビゲーションを全画面で使う時、遠近両用メガネをかけていると、自車位置付近の様子がボヤけてよく見えない。要は、自車位置が表示される部分が遠近両用メガネの下の部分と重なって焦点が合わないのだ。下半分を他の情報を表示させてナビゲーションを上側にすればその問題は解消するが、老眼が始まっている世代には使う時に注意すべき点と気付いた。

その点、ボルボのディスプレイではそんな状況が発生しない。その辺りまでを考慮して設計されたかどうかは定かではないが、今後はインテリアを設計する際にそうした配慮も重要なポイントになるのではないかと思う。

【筆者:会田 肇】

この記事の画像ギャラリーはこちら
会田 肇
筆者会田 肇

1956年生まれ。ホリデーオート編集部員を経て、カーAVを中心とした評論活動に従事。先進安全車(ASV)を含むITSへの取材も積極的に行う。読み手の立場に立った分かりやすいリポートを行うことをモットーにする。趣味は国内外の風景を撮影すること。日本自動車ジャーナリスト協会会員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ふきや
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

トヨタ プリウスPHVの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ プリウスPHVのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ プリウスPHVの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ プリウスPHVの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ プリウスPHVのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる