トヨタ、新型プリウス(5代目)を世界初公開|スタイリッシュに進化した新型はハイブリッドが今冬、PHEVが2023年春頃発売予定【2022年】

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:トヨタ自動車/MOTA編集部

5代目となったトヨタ 新型プリウス、新たなHYBRIDの象徴へ

「ハイブリッドカー」「エコカー」のパイオニアであるトヨタ プリウスの新型(5代目)モデルの開発コンセプトは「HYBRID Reborn」。これは自動車産業が100年に一度の変革期といわれる現代において、プリウス自らが生まれ変わり新たなHYBRIDの象徴となるという決意が込められています。

新型プリウスは強みである高い環境性能に加え、「一目惚れするデザイン」「虜にさせる走り」をキーワードに、単なる商品というだけでなく、これからの時代もユーザーに選択してもらえる愛車となるように開発が行われました。

プリウスは、「21世紀に間にあいました。」のキャッチコピーで、1997年に世界初の量産型ハイブリッドカーとして初代モデルが誕生。2003年にはプリウスの特徴ともいえる「モノフォルムシルエット」を初採用し、進化したハイブリッドシステム(THSII)の搭載でさらなる燃費向上を達成した2代目に進化。2009年には、エンジン排気量を1.8Lに拡大し、ハイブリッドシステムをより高効率化したことで、燃費だけでなく走行性能も強化した3代目が登場。2015年には先代型である4代目モデルで、TNGAプラットフォームを初採用し、さらなる環境性能の向上と進化した走りを実現しています。

これまでのプリウスのグローバル累計販売台数は約505万台にのぼり、2022年3月時点で削減されたCO2量は約8200万トン以上に相当しています。

新型プリウスのボディサイズ

新型プリウスのボディサイズは、全長4600mm × 全幅1780mm × 全高1430mm、ホイールベースは2750mmです。先代モデルと比べると、全長+25mm、全幅+20mm、全高-40mm、ホイールベースは+50mmとなっています。

新型プリウスの外装・デザイン|スポーティなプロポーションに進化した外観

新型プリウスの外装は、これまでの独自のアイコンである「モノフォルムシルエット」を引き継ぎながら、ルーフの頂点を後方に移動することでよりスポーティなシルエットに進化。また、第2世代TNGAプラットフォームによるさらなる低重心化や19インチ大径タイヤの採用によって、よりスタイリッシュなプロポーションへ生まれ変わっています。

シンプルでありながら抑揚のあるボディ造形は、長く愛されるための「感性に響くエモーション」と「普遍的な美しさ」を表現しています。フロントデザインでは、ハンマーヘッドをモチーフとした機能性とデザイン性を高次元で両立。リヤでは薄型一文字のリヤコンビネーションランプを備え、ランプ下部には「PRIUS」のロゴを配し、プリウスの持つ先進性をさらに引き立てています。

新型プリウスのボディカラーは全8色

新型プリウスでは、全8色のボディカラーを設定。そのうち2色は、スポーティな印象を与えるソリッドカラーベースの「アッシュ」と「マスタード」を新規開発しています。

新型プリウスの内装|スポーティさと上質さが両立した室内

新型プリウスの内装は、車内を役割ごとに明確に分割した「アイランドアーキテクチャー」コンセプトにより、圧迫感のない広々とした空間と運転に集中しやすいコックピットを両立。直感的に操作ができ、ドライビングを楽しめる室内空間となっています。

黒を基調とした室内全体に、インストルメントパネルとシートステッチの加飾をコーディネーション。スポーティでありながら新しい上質感を両立しています。

インストルメントパネルには、トヨタ初採用の「イルミネーション通知システム」を設定。アンビエントライトとして室内を彩るだけでなく、トヨタセーフティセンスと連動する新機能をデザインに取り入れています。対象物を検知した際、アラームが鳴る前にイルミネーションの点滅でドライバーへ注意喚起し、より安心なドライブをサポートします。

新型プリウスのエンジン、動力源(パワートレイン)

新型プリウスでは、2.0Lと1.8Lの最新のハイブリッドシステムを設定しています。先代モデル同等の低燃費を達成しつつ、高い加速感やドライバーの思い通りに反応するレスポンスの良い走りを実現しています。システム最高出力は、2.0L車では従来型比1.6倍となる144kW(193PS)を発揮。スポーティに生まれ変わったプリウスにふさわしい動力性能を確保しています。

そのほか、最新のE-Four(電気式4WDシステム)を設定。高出力モーターの採用などにより、雪道をはじめとする低μ路での登坂性能や旋回時の安定性がさらに向上しています。

また、プラグインハイブリッドシステムでは、従来型を大幅に上回る加速性能と静粛性を実現した、2.0Lプラグインハイブリッドシステムをトヨタ初採用。高効率のダイナミックフォースエンジンと、高出力の駆動用リチウムイオンバッテリーの組み合わせで、先代モデル同等の低燃費を維持しつつ、164kW(223PS)ものシステム最高出力を達成。PHEVならではの力強い加速性能は0-100km/h加速で6.7秒をマークするなど、圧倒的な動力性能を実現しています。

新型プリウスのプラットフォーム

熟成を重ねたTNGAプラットフォームをベースに、新型プリウスのエモーショナルなデザイン・走りを実現するための改良を施した第2世代TNGAプラットフォームを開発し、低重心化や大径タイヤの採用を実現しています。

ボディの各所に補強を施し、より剛性を高めたほか、静粛性も向上。足回りでは、改良を加えたフロント : マクファーソンストラット式/リヤ : ダブルウィッシュボーン式のサスペンションによって、直進ではどっしりと、コーナーではドライバーの意図に応じた車両応答性、ライントレースのしやすさを実現。最新のパワートレーンとの組み合わせで、乗った人を虜にさせる運動性能を備えています。

新型プリウスの先進安全・運転支援システム

新型プリウスでは、先進機能を付与し、機能が向上した最新の予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」を標準装備。検知対象を拡大し、より安心なドライブを楽しむことが可能となっています。

また、高度運転支援システム「アドバンストパーク(リモート機能付)」を設定。様々な駐車シーンでスムースな駐車・出庫を自動で行うことができ、加えて車外から専用スマートフォンアプリを操作することで、遠隔での駐車・出庫も可能となっています。

新型プリウスの発売時期

新型プリウスは、ハイブリッド車が今冬に、プラグインハイブリッド車が2023年春頃の発売予定となっています。また、グローバルでは、日本をはじめ北米・欧州に順次展開予定。サブスク「KINTO」でも展開予定となっています。

今後も、新型プリウスの気になる価格や燃費など、新たな情報が入り次第すぐにお届けします。

[筆者:MOTA編集部 カメラマン:トヨタ自動車/MOTA編集部]

トヨタ/プリウス
トヨタ プリウスカタログを見る
新車価格:
259.7万円364万円
中古価格:
29.8万円398.3万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 銘石の宿かげつ

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

トヨタ プリウスの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ プリウスのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ プリウスの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ プリウスの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ プリウスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる