霧の三峯神社へロングドライブ・前編! 超絶便利なオートブレーキホールドの巻【ペーパードライバー女子、11年ぶりの挑戦 vol.15】

画像ギャラリーはこちら
こんにちは。11年間まともに運転せず、実力の伴わないゴールド免許を手にしているおおしまです。

突然ですが、

「強い意志を持って参拝しなくてはいけない」

そんな噂がささやかれるパワースポットが、秩父にあります。

「三峯(みつみね)神社」という名前を聞いたことがあるでしょうか。元フィギュアスケーターの浅田真央さんなど多くの有名人が訪れている神社で、なんでも強い意志を持って参拝すると、必ず願いが叶うとか。

目次[開く][閉じる]
  1. トヨタ 新型ハリアーで関東屈指のパワースポットへ!
  2. 秩父へGO! 最新機能「オートブレーキホールド」が凄すぎる
  3. 蘇る恐怖! ”ノロノロコツン”のトラウマは深い
  4. オオカミに護られた「三峯神社」の由緒とは?
  5. むしろラッキー、霧はお犬様の証拠!?
  6. 今回の目的地

>>トヨタ ハリアーとペーパードライバー女子の珍道中を画像で見る(14枚)

トヨタ 新型ハリアーで関東屈指のパワースポットへ!

近いようで遠い秩父へ、単独ドライブ決行

三峯神社までは、電車だと秩父まで行ってさらにバスで約1時間。車でも東京方面からは花園ICより国道140号線、皆野寄居バイパス経由で約2時間。つまり、ものすごくアクセスが悪いのです!

今回は、そんな(アクセスが悪いけど)パワーあふれる三峯神社へ、トヨタ 新型ハリアーに乗ってドライブ!

しかも、「1回もドライバー交代をせず、最後までおおしまが運転しきる!」という目標をかかげ、山道へと挑みます。

トヨタ/ハリアー
トヨタ ハリアーカタログを見る
新車価格:
299万円504万円
中古価格:
26.7万円585.1万円

秩父へGO! 最新機能「オートブレーキホールド」が凄すぎる

使えばわかる、渋滞中の新兵器

今回はカーシェアでトヨタ ハリアーを借り、目的地へと向かいます。

あいにくの雨模様の中クルマを走らせると、さっそく日中の渋滞に巻き込まれることに。

渋滞って、車を発進させて停車させての繰り返しが面倒極まりないですが、「足が疲れてきた」とぶーたれていると、助手席に座る友人が「オートブレーキホールド使えば?」と一言。

オートブレーキホールド機能とは、主に新型車両についている最新機能の1つ。ボタンを押すことで作動し、「D」レンジに入ったままでも、1回ブレーキを踏めば、あとは踏み続けなくてもブレーキ状態を保ってくれるシステムです。渋滞や信号での停車時に足をブレーキペダルから離すことができ、運転の煩わしさをサポートしてくれます。

足を離せるだけで、こんなにラク!

これを聞いたとき、最初は「えーなにその地味なシステム!? ラクになるの?」と半信半疑でした。だってただ足を外すだけなら、「N」レンジに入れてサイドブレーキを上げればいいわけですし…が、しかし、いざ使ってみると…「え、え、えええ!? これすごい!!! 凄すぎる!!!」と、信号待ちで大絶叫。

「足がフリーダムだよ! ストレッチしてもいいし、待ち時間にあぐらをかいても許されるよ!(※安全上それはダメ)」

馬鹿な事を口走りましたが、使ってみると本当に超絶便利。しかも個人的に、ブレーキペダルにはちょっとばかし因縁があるのです…。

蘇る恐怖! ”ノロノロコツン”のトラウマは深い

足がブレーキから離れ、前の車に…

それはまだ運転駆け出しだった20代の頃。信号待ちの時、気づかぬうちに足がブレーキペダルから離れてしまい、前のトラックにコツンと頭をぶつけてしまった事があるのです。

その時は平謝りして大事には至りませんでしたが、トラウマは深く、私の心に傷を残しました。

ちょっと大げさかもしれませんが、ブレーキを踏んでいるつもりなのに車がノロノロと止まらず、前の車にぶつかりそうになるという夢を今でも見るほどです。

夢の中ではブレーキを踏んでもサイドブレーキを上げても車が止まらず、ゆっくりゆっくり進み続ける。「ああもうダメだ…ぶつかる…」と思った瞬間目が覚め、夢だとわかりホッとするのです。

悪夢とおさらば!

しかしオートブレーキホールド機能があれば、そんな悪夢にうなされることもない! 聞いた時は正直地味な機能だなと思ったものの、今回の道中、散々この楽チン機能に助けられました。

むしろこの機能があったおかげで疲れも半減! ドライブ楽しいかも! と思えるほどに。

最近のクルマには割と多く採用されているそうなので、もしまだ使っていない方がいたらもったいない!

ボタン1つで作動します。一度試してみてはいかがでしょう。

オオカミに護られた「三峯神社」の由緒とは?

「もののけ姫」の犬神”モロ”のモデルにも

新機能に浮かれていたら、気づくと渋滞も抜け、三峯神社に到着です。

実は片道でなんと5時間以上かかってしまっていました。でも、まだまだ元気! これもオートブレーキホールド機能のおかげです。

さて、三峯神社の由来はその昔、ヤマトタケルが東国(今の関東地方)に遣わされた際、この地の美しい様子をご覧になり、この国が伊弉諾尊(イザナギノミコト)と伊弉冉尊(イザナギノミコト)の手によって作られたことを知り、この山に二神をお祀りし、平和を祈られたのが始まりとされています。

また三峯神社は神のお使いとして、狛犬ではなくオオカミ(別名お犬様)を信仰しています。ヤマトタケルの道案内をし、その勇猛さや忠実さで使い神に定められているそう。

お犬様=山の霊気そのもの

お犬様はあらゆる災いを除き祓ってくれるとされ、またその存在は三峰山の不思議な霊気そのものを指しているともいわれます。そんな不思議な空気を感じながら、境内の像を1つ1つ眺めるのも楽しいものです。

ちなみに境内には宿泊施設もあり、泊まれる神社としても有名な三峯神社。この日も宿泊客と思われる方たちが山へと入ってくる姿が見えました。宿泊をすると朝一のご祈祷に参列出来るという特別感が味わえ、より運気アップが望めそうです。

むしろラッキー、霧はお犬様の証拠!?

三ツ鳥居をくぐり、拝殿を目指す

パワースポットとして、その場全体に凄いエネルギーが満ちている三峯神社。さっそく参拝のため駐車場に車を停めたものの、今日は残念なことにめっちゃ霧!!!

当日は雨こそ降っていないものの悪天候で少しげんなりしていたのですが、係員の人が「この霧はお犬様が現れている証拠なんだよ」と教えてくれます。参拝時に霧がかっているのは、逆にラッキーなのだとか。

お犬様に会えるかなとワクワクしながら鳥居の前に立ちますが、この時すでに15時すぎ。到着が遅くなってしまい、まずは背筋を伸ばして鳥居の前で一礼。

国内でも数少ない三つの鳥居をくっつけたような形の三ツ鳥居をくぐり、三峯神社の拝殿を目指します。

いよいよ参拝、そして帰り道! 続きは後編へ…↓

[筆者・撮影:おおしまりえ]

今回の目的地

■三峯神社

>>公式サイトはコチラ

埼玉県秩父市三峰298-1

TEL:0494-55-0241

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
おおしま りえ
筆者おおしま りえ

<恋愛ジャーナリスト・イラストレーター>10代より大手ゲーム制作会社や水商売、プロ雀士など多くの業種業界を渡り歩き、のべ1万人の男性を接客。コミュニケーション術や心理学を学び、本人も気づかない本音を見抜く力を身につけ、恋愛ジャーナリストとして活動を開始。 大学時代はジムカーナを楽しむクルマ女子でもある。現在潜入ルポやエッセイ執筆などを大手メディアにて執筆中。【ブログ:http://oshimarie.com / Twitter:https://twitter.com/@utena0518】記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 海石榴 つばき
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

トヨタ ハリアーの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ハリアーのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ハリアーの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ハリアーの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ハリアーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる