autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート トヨタ 新型クラウン 公道試乗│若返りを図り、スポーティサルーンに生まれ変わった15代目

試乗レポート 2018/7/6 12:21

トヨタ 新型クラウン 公道試乗│若返りを図り、スポーティサルーンに生まれ変わった15代目(1/2)

関連: トヨタ クラウン Text: 河口 まなぶ Photo: 小林 岳夫・茂呂 幸正
トヨタ 新型クラウン
トヨタ 新型クラウントヨタ 新型クラウントヨタ 新型クラウン(プロトタイプ)トヨタ 新型クラウン画像ギャラリーはこちら

15代目 新型クラウンを公道で試す!

15代目となるトヨタ 新型クラウンを、ついに試乗する機会が訪れた。果たして新型はどんな印象なのか? 先日行われたプロトタイプの試乗会には行くことができなかったので、この日初めて目にして触れて走らせることになる。楽しみにしつつ、試乗会場である千葉郊外のかずさアカデミアパークに向かった。

そうして初めて目にしたクラウンは、以前よりだいぶスポーティになったと思えた。15代目となる今回の新型では、これまでのロイヤル、アスリート、そしてストレッチされたマジェスタといったラインナップを廃止。それに代わってボディは1つとして、標準車とスポーティなRSの2種類にモデルを大別する。しかしながら標準車でも随分とスポーティと感じるのはやはり、ボディレイアウトとデザインによるところが大きい。

デザインに賛否両論!?4ドアクーペ風の佇まいを手にした新型クラウン

トヨタ 新型クラウン 2.0 RSアドバンス

全長先代に比べ15mm伸びただけだが、ホイールベースは70mmも伸びていることから分かるように、前後のオーバーハングは短くなっている。実際フロントタイヤの位置は先代から比べるとだいぶ前へ移動した。これに合わせてクラウン史上初の6ライトウインドウを採用したことで、横から見た時のイメージが大きく変わった。基本的なフォルムは大きく変わらないが、6ライトウインドウとなったことで4ドアクーペ的な佇まいを手にしたわけだ。

これによって確かにイマドキな感覚は手に入れたが、個人的にはこれまでクラウンのアイコンとも言えた太いCピラーが消滅したのは残念だと思った。確かに以前よりも軽快な感覚だが、同時にやや軽薄な感じがしなくもない。また6ライトウインドウとなったことで後ろ斜めから見た際に、やや腰高な感覚があることや、様々な線が走ってややゴチャゴチャしたデザインに見えるようにも感じた。

デザインで世界の高級車と対抗するには“和テイスト”も加えたい

トヨタ 新型クラウン(プロトタイプ)

とはいえ、例えばRSの派手なボディカラーのモデルなどを眺めると、欧州車にも負けないような押しの強さは確かにあるわけで、この辺りはクラウンというモデルが必死で若返りを図っている表れかもしれない。

実際にユーザーの平均年齢は66歳で、平均年齢を下げたい思いもある。また実際にクラウンが狙いたいのは平均年齢よりもう少し低い40代50代なのだが、このクラスを選ぶ際に輸入車を選んでいる背景も大いに関係するのだろう。しかもこのクラスの輸入車は当然のようにデザインにおいて高レベルなものが揃っている。

それだけに新型クラウンの今回のデザインには、欧州車に匹敵するスポーティさと若々しさを手に入れようという思いが強く感じられる。もっとも僕としてはそこに、何か焦りのようなものも感じてしまうのだが…。その意味でデザインは、もう1周考えを巡らせてこのスポーティさと若々しさに、日本的なものをプラスしても良かったようにも感じた。

インテリアの質感は安定のクラウンテイスト、しかし課題も・・・

トヨタ 新型クラウン ハイブリッド 3.5 G Exective

インテリアに関しては、センターコンソールとダッシュボードに2段で大型のモニターを置いたのが印象的。基本上段にナビ画面を出しつつ、センターではエアコンの操作画面等を見やすく大きく映し出している。

またメーター内にも液晶パネルを入れるなどして、だいぶデジタルな感覚が増したが、個人的にはユーザーインターフェースとしての新しさは特に感じなかった。

トヨタ 新型クラウン 2.0 RSアドバンス

一方で質感はさすがクラウンと思える部分がたくさんある。トリムやシートなどは上質で柔らかだし、センターコンソールの小物入れやドリンクホルダーの操作感や動作は、まるで油圧で動かしているかのように触感が徹底追求されており、タッチの良さを感じる。エアコン吹き出し口のスイングも、ホッとできる懐かしい高級感だ。

しかしながら、よく見ると素材の使い分けは徹底していて、あまり目がいかないところの樹脂パーツは安っぽかったりもする。それは仕方ないとしても、例えばUSBポート周りやパワーシートのスイッチなど、細かなところでもう少し品質を感じさせる仕上げをして欲しいと思えたのも事実だ。

正直、クラウンが目指す欧州のサルーンたちは、こうした部分は徹底しているのが実際だ。

>>次のページは、新型クラウンの実際に乗った印象をお届け!

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

トヨタ クラウン の関連編集記事

トヨタ クラウンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ クラウン の関連編集記事をもっと見る

トヨタ クラウン の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR