メニュー

トヨタ クラウンの価格・カタログ情報|新車・中古車の自動車カタログ

外装・内装写真

ボディサイズ

5030×1890×1475 mm (全長×全幅×全高)

燃費

JC08モード: -km/L

WLTCモード: -km/L

  • このアイテムをシェアする

トヨタ クラウンの新車価格・取扱店

最新モデル(5代目)2023/11/01~販売中
販売店
新車・未使用車・リース取扱店を検索
リース価格
複数社比較で、最安値を検索

トヨタ クラウンの中古車価格

中古車の掲載台数:1584台
0.3 万円 280.2 万円
(グレードによって異なります)
愛車を最高額で売ろう!
人気ランキング
9
(セダン)
評判・口コミ
3.6 pts
(9人)
ガイド記事数
82記事
 
モデル概要

日本を代表するプレミアムセダン。15代目となる現行モデルでは、先代までのアスリートやロイヤルの区分が廃止されたほか、デザイン面では初となる6ライトウィンドウを採用。ルーフラインもクーペのようになだらかなものとなった。パワートレインにはガソリンターボ、2.5/3.5リッターのハイブリッドを設定。新世代のコネクテッドデバイスを活用した事故時の緊急通報システムや、走行データ管理システムに対応している。

メーカー公式サイト

派生車種
クラウンアスリート クラウンエステート クラウンコンフォート クラウンセダン クラウンハイブリッド クラウンバン クラウンマジェスタ クラウンロイヤル クラウンワゴン
モデル概要

日本を代表するプレミアムセダン。15代目となる現行モデルでは、先代までのアスリートやロイヤルの区分が廃止されたほか、デザイン面では初となる6ライトウィンドウを採用。ルーフラインもクーペのようになだらかなものとなった。パワートレインにはガソリンターボ、2.5/3.5リッターのハイブリッドを設定。新世代のコネクテッドデバイスを活用した事故時の緊急通報システムや、走行データ管理システムに対応している。

メーカー公式サイト

派生車種
クラウンアスリート クラウンエステート クラウンコンフォート クラウンセダン クラウンハイブリッド クラウンバン クラウンマジェスタ クラウンロイヤル クラウンワゴン
グレード別の新車・中古車価格
2.5 Z ハイブリッド車 CVT
2023/11/01 ~ 販売中
663.6万円 ( 中古車: 759.9万円~890.5万円 )
Z 燃料電池車 AT
2023/11/01 ~ 販売中
754.5万円 ( 中古車: 価格情報収集中 )
モデル概要

日本を代表するプレミアムセダン。15代目となる現行モデルでは、先代までのアスリートやロイヤルの区分が廃止されたほか、デザイン面では初となる6ライトウィンドウを採用。ルーフラインもクーペのようになだらかなものとなった。パワートレインにはガソリンターボ、2.5/3.5リッターのハイブリッドを設定。新世代のコネクテッドデバイスを活用した事故時の緊急通報システムや、走行データ管理システムに対応している。

メーカー公式サイト

派生車種
クラウンアスリート
1999/9/1~
クラウンエステート
1999/12/1~
クラウンコンフォート
1995/12/1~
クラウンセダン
1987/9/1~
クラウンハイブリッド
2008/2/1~
クラウンバン
1987/9/1~
クラウンマジェスタ
1991/10/1~
クラウンロイヤル
1999/9/1~
クラウンワゴン
1987/9/1~

トヨタ クラウンの総合評価

総合評価
3.6 (9)
外観
3.9
内装
3.4
走行性
4.0
運転しやすさ
3.9
乗り心地
3.9
燃費・維持費
2.6

トヨタ クラウン 関連記事・ニュース・最新情報

最新の関連記事・ニュース

関連動画

自動車購入ガイド

トヨタ クラウン 歴代モデル・グレード・新型情報

歴代モデル

グレード・モデル情報(クラウン 2023年式モデル)




グレード 2.5 Z ハイブリッド車 CVT Z 燃料電池車 AT
新車価格
730万円
830万円
中古車価格
759.9万円~890.5万円
価格情報収集中
発売日 2023年11月01日 2023年11月01日
排気量 2,487 cc
エンジン区分 ハイブリッド 電気
燃費
燃料 レギュラー その他
駆動方式 FR FR
ミッション CVT AT
ハンドル
定員 5名 5名
最小回転半径 5.7 m 5.9 m





全長 5,030 mm 5,030 mm
全幅 1,890 mm 1,890 mm
全高 1,475 mm 1,475 mm
車両重量 2020kg 2000kg



最高出力(kW[PS]/rpm) 136[185]/6,000 134[182]/6,940
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 225[22.90]/5,000 300[30.60]/3,267
過給機


タイヤサイズ(前輪) 235/55R19 235/55R19
タイヤサイズ(後輪) 235/55R19 235/55R19

トヨタ クラウン 中古車情報

新着の中古車情報

相場表

在庫量に合わせて色を変えています。
全体の10% 全体の5% 全体の3% 全体の1%以上
年式 2024
(R6)
2023
(R5)
2022
(R4)
2021
(R3)
2020
(R2)
2019
(R1)
2018
(H30)
2017
(H29)
2016
(H28)
2015
(H27)
2014
(H26)
2013
(H25)
2012
(H24)
2011
(H23)
2010
以前
(H22)
価格 物件数 5 28 174 200 531 527 2 1 3 8 1 96
1,000万円~
~1,000万円
~900万円 3 3
~800万円 2 2
~700万円
~600万円 34 6 22 4 1 1
~500万円 56 4 36 12 1 3
~450万円 105 8 46 23 13 15
~400万円 352 5 51 53 126 117
~350万円 496 5 18 69 207 195 2
~300万円 334 1 30 138 160 5
~250万円 95 9 44 37 1 4
~200万円 3 1 2
~190万円 3 1 2
~180万円 5 1 1 3
~170万円
~160万円 4 4
~150万円 6 6
~140万円 5 5
~130万円 73 2 8 1 62

トヨタ クラウン レビュー・口コミ評価

先輩ユーザーによるクルマの口コミ・レビューをご紹介。新車・中古車探しのご参考にどうぞ。

先輩ユーザーによるクルマの口コミ・レビューをご紹介。新車・中古車探しのご参考にどうぞ。

  • 君は悪くない!
  • ジャミラ
  • 投稿日 2022年8月3日
2018年式モデル  グレード:ハイブリッド 2.5 RS アドバンス
総合評価
4.0
外観
4
内装
4
走行性
4
運転しやすさ
4
乗り心地
4
燃費・維持費
4
総評

試乗したのは、2.5LハイブリッドシステムのRSアドバンス。巷では新しいクラウンのシリーズが発表になりました。先代クラウンは2018年6月に登場して4年で新型にバトンタッチと短命クラウンです。もしかして併売するのかもしれませんが、まずその線はないでしょう。FR最後のクラウンが欲しい方はまだ新古車や登録前の物が有るかもしれません。シックスライトのウインドウ周りはクラウン史上初ですが、フロントマスクやリア周りはクラウンらしいデザインです。

良かった点

走りのグレードらしくハイブリッドでめ確かめられます。クラウンというと安楽で柔らかな乗り心地を想像しがちですが、最近のクラウンは違います。今回試乗した2.5ハイブリッドRSアドバンスは、ドイツ車のプレミアムブランドを意識したような乗り味です。ハンドル操作もリニアでタイムラグのない動きで、しっかりとしたクルマ動きが味わえます。それでいて接地性の高いリアサスは高い走行安定性を示します。路面からの入力に対しても素早い減衰で対応して、これまでのクラウンの乗り味とは大きく異なっています。

気になった点

日本の高級車市場は小さくなっていません。しかしその中にクラウンが占める割合が小さくなりつつあります。高級車を購入する層はやはりドイツプレミアム御三家にながれ、レクサスにもながれます。クラウンを長年愛用してきた層も先細りもあり、また違う車種に乗り換えも多いです。クラウンはプレミアム御三家に対抗すべく操縦安定性を良くして性能も上がりましたが、実際にはなかなか売れず、新型のような大幅な路線変更を余儀なくされたと言えそうです。クラウンの名誉のために言うならば、国産FRセダンの中では最終クラウンは悪くない出来でした。

5人
  • 日本の為の日本人の高級セダン
  • B2-UNIT
  • 投稿日 2022年5月26日
2018年式モデル  グレード:2.0 RS-B
総合評価
3.2
外観
4
内装
4
走行性
4
運転しやすさ
3
乗り心地
3
燃費・維持費
1
総評

クラウンの長い歴史の中でもフルモデルチェンジを機にフレーム構造のボディがモノコックボディに変わった時はニュースになりました。今回は4ライトから6ライトにデザインが変わりましたが、余りニュースになりませんでした。なかなか立ち位置の難しいクラウンです。消費者の意識はセダンからミニバン、そして高級車なら欧州御三家に流れます。日本の高級セダンとして長きに渡りトップを走ってきましたが、トヨタ自らセルシオ(現行レクサスLS)をを投入してユーザーの若返りをはかりました。しかし残されたクラウンはドメスティック仕様として現在も活躍しています。日本の為の日本人の高級セダン、それがクラウンです。

良かった点

試乗車は2リッターガソリン直4ターボです。ダウサイジングが進み、高級車でも気軽に6気筒は使えません。しかしパワー&トルクは245ps/37.5kgf.mあります。最大トルクが1600rpm付近で発生するので、どこから踏んでも加速していく印象です。8ATが何事も無かったように変速しますが、ショックを伝えないのがいいです。また車速とエンジン音がリンクしているのも、人間の感性にあっています。乗り心地もスポーティーなグレードてすが、固すぎずすっきりとした足回りです。ハイブリッドも試乗しましたが、燃費以外は全て2リッターガソリンターボが良いと感じました。FRらしいハンドリングやリアタイヤの蹴り出し感も良いです。

気になった点

スタイリングはフロントマスクやルーフライン、リアコンビネーションランプなど良くできていますが、全体をみるとアンバランスに感じます。やはり全幅が足りないと思います。細長い見た目の安定性に欠けるデザインです。これで1850mm以上の全幅ならば、もっとかっこいいと思います。日本の道路事情やクラウンユーザーのことを考えての事とは思いますが。ちょっと残念です。あとはエンジンの回転フィールです。ガサツな感じが少しあり、もう少し滑らかで回して楽しいエンジンの演出が欲しかったです。実用的でパワーも不足ないですが、クラウンなら艶が欲しいです。

8人
  • FRを味わい尽くせ
  • ノース
  • 投稿日 2022年5月25日
2018年式モデル  グレード:2.0 RS リミテッドII
総合評価
3.2
外観
4
内装
2
走行性
4
運転しやすさ
4
乗り心地
4
燃費・維持費
1
総評

巷では今回のクラウンでフロントエンジンリアドライブは最後ではないかと噂が飛び交っています。やはり高級車はFRが良いと思います。フロントドアとフロントタイヤの間が広く、伸びやかなフォルムでロングノーズ、個人的には歴代クラウンで1番カッコイイと思います。 また、このモデルから採用された6ライトウィンドウも古臭い感じは無く近代的で良い感じです。エンジンは2リッターガソリンターボです。勿論ハイブリッドも用意しています。8速トルコン式のATをかいしてリアタイヤに駆動力を伝えます。車格に見合うパワートルクを発揮します。

良かった点

加速性能は申し分無いです。 トランスミッション8ATが賢くて制御が巧みです。シフトショックは皆無で滑らかな加速が味わえます。変速によってリズミカルにもなるので楽しいです。加速時、かすかにエンジンの音やタービンの音がが聞こえてくるのが気持ちいいです。やっぱりターボモデルは良いです。ボディの剛性が高く、ハンドルもダイレクトなので思った通りに曲がってくれます。 クイックに感じますが、しばらく乗ると慣れて面白いです。またTNGA世代のシャシーのおかげか、ノーマルモードでも断然乗り心地がいいです。コンフォートよりノーマルモードにフォーカスが合っている印象です。

気になった点

インテリアは頑張っていますが、爪の甘さがあります。素材的にはソフトパッドを使う箇所が多いのですが、色や合わせ方がおかしいです。演歌調と言うか、欧州高級車のようなセンスを感じません。エクステリアが良くなったので、勿体無いです。エクステリアと合うようなインテリアなら良かった。またシートも良くありません。レザーシートは滑りこそしませんが、身体の支え方が不自然で長距離のるのは、大丈夫かと心配になりました。ここも欧州車のシートを研究して欲しいです。

8人
  • 最後のFRクラウン
  • つみれ
  • 投稿日 2022年5月23日
2018年式モデル  グレード:2.0 RS アドバンス
総合評価
3.2
外観
4
内装
3
走行性
4
運転しやすさ
3
乗り心地
4
燃費・維持費
1
総評

現行型18代目のクラウンは2018年デビューです。6ライトのウインドウグラフィック採用はクラウン史上初めての出来事でした。しかし歴代のドメスティックなデザインから脱してインターナショナルなカタチを採用していて印象に残っています。次期型はFFになると噂のクラウンです。FRのクラウンを望む方は今のうちに購入をおすすめします。新しく採用されたTNGA FRプラットフォームは高剛性、軽量化に役立っています。パワートレーンは2リットル直4ターボで、8ATを搭載しています。

良かった点

試乗車は、2.0LターボエンジンのRS Advanceです。スポーティーなグレードです。しかし走り出して感じるのは、昔ながらのクラウンらしい静粛性の高さです。スムーズな足回りはの設定は、路面の凹凸を上手にいなしてくれます。フラットライドな乗り心地の良さを感じます。クラウンなので、スポーティーグレードであってもやはり、クラウンらしさら失わないと言う、考え方の上に成り立っています。しかし、もっとスポーティーな走りや刺激を求めるのであれば、ドライブセレクトモードをスポーツ S+にすると変わります。スポーツ S+になるとパワートレーンだけでなく、AVSによってサスペンションの減衰力もスポーティーなものに変化します。羊から狼への変身は簡単です。

気になった点

リアシートの居住性には注文があります.6ライトでクーペ風の低い天井のため、リアシートは頭上のスペースを稼ぐために低く座らせています。セダンの鉄則はシアター風に後ろは高く座らせて見晴らしを良くするのが良いです。クルマ酔い防止にも繋がります。また他に気になった部分は、パドルシフトがプラスチックそのままという事です。パドルシフトのタッチが安っぽいのは、触れた時に全体が安っぽく感じてしまいます。他は安っぽくないのにです。触れる部分ですから、できれば、もっと高品質な素材にしてほしかったと思います。

7人

カーソムリエによる試乗レポート・評価

  • とっきんさん
    3.9
    外観:
    4.2
    内装:
    3.8
    走行:
    3.7

    クラウン史上最高

    試乗したのは2.5RSアドバンスです。エクステリアデザインはプレミアレングスを強調したインターナショナルなデザインです。如何にもFRという、スタイルがよいです。レクサスのエッセンスを感じる様な、フロントマスクは歴代クラウンでも最高の出来です。高級感とスポーティー感が上手く融合されています。インテリアも質感上がりました。上下2段のディスプレイが付きますが、これは高級車では特に流行しています。クラウンでも採用されています。インターフェイスも良好です。ハイブリッドユニットは2.5リッターガソリンエンジン+モーターです。EVモードは余力タップリです。またハイブリッドモードでも、アクセルレスポンスは自然....続きを読む

  • さろらく。さん
    3.2
    外観:
    3.0
    内装:
    3.2
    走行:
    3.3

    なかなか良い新型マーク2。

    ようやく15年ぶりにフルモデルチェンジのクラウンが出たこと。それまでのクラウンは大体1つのプラットフォームを2世代8年に渡り使用する形で代を重ねていました。ところが先代14代目クラウンは、アスリートの派手なギザギザグリルやピンククラウンなど、インパクト重視で新鮮味をこれでもかと出していましたが、実際は12代目ゼロクラウンから3世代同じプラットフォームを使い続ける、まやかしのフルモデルチェンジ車でした。 その間世界中の高級車はどんどん進歩していたのですから、トヨタの最高級車が小手先の改良で誤摩化し続けるのには無理があります。またセドグロを捨てたフーガ、技術ヲタクの見本市で高級車として疑問の....続きを読む

  • 原さん
    3.7
    外観:
    4.0
    内装:
    3.6
    走行:
    4.0

    ドライバーズセダン

    現行型でかなりイメチェンをしたクラウンに乗ってみました。クラウンに限らずですが、最近の車は威圧感というか迫力のある顔にしている車種が多いなと思います。サイドは窓部分が大きくなっているので、旧型のクラウンよりかなり伸びやかなデザインで、いい改良をしたと思いました。テールランプは、迫力のあるデザインでスポーティーさを出していると思いました。マジェスタもなくなった今時代的にセダンもクーペ風だったりスポーティーな見た目の車種が増えているので、王道の高級感が強いセダンらしいセダンが減って少し寂しいなと、新型クラウンを見て思いました。インテリアもスポーティーな雰囲気が強く、ドライバーズセダンという感じでし....続きを読む

トヨタ クラウン買取・査定

MOTAが提供する中古車買取一括査定サービス「MOTA車買取」からの情報です。

買取相場

モデル 年式 中古車価格相場 査定買取価格相場 MOTA車買取査定申込
クラウン 2023年式モデル
クラウン 2023年式モデル
2024年 759.9万円 ~ 890.5万円 - MOTA車買取査定に申込む

最近のMOTA車買取の査定実績 | トヨタ クラウンの買取相場
更新日2024年06月23日

MOTA車買取での実際の買取価格・売却相場です。走行距離や色、傷の状態によって異なります。
車買取業者の査定は、業者の強み車種やニーズによって金額の差が出ます。より多くの車買取業者と比較することでより、高額に買い取ってもらえる可能性が高まります。また、ディーラーの下取りで売却する場合も他の値引きとあいまいになっている可能性があります。場合によっては数万円~数十万円も差がつくことも。ぜひ、MOTA車買取で複数社の車一括買取査定をしてみませんか。

  • トヨタ 査定依頼日:2024年06月21日
    クラウン ハイブリッド 2.5 G エグゼクティブ Four 4WD
    年式:2018年 | 走行:~2万キロ | 色:黒 | 状態:
    MOTA車買取査定額 285 万円~ 315万円
  • トヨタ 査定依頼日:2024年06月20日
    クラウン ハイブリッド 2.5 RS アドバンス
    年式:2019年 | 走行:~4万キロ | 色:白 | 状態:
    MOTA車買取査定額 314 万円~ 320万円
  • トヨタ 査定依頼日:2024年06月20日
    クラウン 2.0 B
    年式:2018年 | 走行:20万1キロ~ | 色:白 | 状態:
    MOTA車買取査定額 50 万円~ 80万円
  • トヨタ 査定依頼日:2024年06月19日
    クラウン ハイブリッド 2.5 RS アドバンス
    年式:2019年 | 走行:~3万キロ | 色:黒 | 状態:
    MOTA車買取査定額 358 万円~ 378万円
  • トヨタ 査定依頼日:2024年06月19日
    クラウン 2.0 RS アドバンス
    年式:2018年 | 走行:~9万キロ | 色:白 | 状態:
    MOTA車買取査定額 288 万円~ 300万円
  • トヨタ 査定依頼日:2024年06月19日
    クラウン 2.0 RS アドバンス
    年式:2021年 | 走行:~5万キロ | 色:白 | 状態:
    MOTA車買取査定額 388 万円~ 413万円
  • トヨタ 査定依頼日:2024年06月18日
    クラウン ハイブリッド 2.5 RS アドバンス
    年式:2019年 | 走行:~3万キロ | 色:黒 | 状態:
    MOTA車買取査定額 343 万円~ 363万円
  • トヨタ 査定依頼日:2024年06月18日
    クラウン ハイブリッド 2.5 RS
    年式:2019年 | 走行:~4万キロ | 色:真珠 | 状態:
    MOTA車買取査定額 297 .1万円~ 330万円
  • トヨタ 査定依頼日:2024年06月18日
    クラウン ハイブリッド 3.5 G エグゼクティブ
    年式:2019年 | 走行:~3万キロ | 色:黒 | 状態:
    MOTA車買取査定額 315 万円~ 345万円
  • トヨタ 査定依頼日:2024年06月17日
    クラウン ハイブリッド 2.5 RS Four 4WD
    年式:2018年 | 走行:~8万キロ | 色:黒 | 状態:
    MOTA車買取査定額 220 万円~ 250万円
  • トヨタ 査定依頼日:2024年06月17日
    クラウン ハイブリッド 2.5 S Cパッケージ
    年式:2018年 | 走行:~2万キロ | 色:白 | 状態:
    MOTA車買取査定額 270 万円~ 280万円
  • トヨタ 査定依頼日:2024年06月17日
    クラウン ハイブリッド 2.5 RS Four 4WD
    年式:2018年 | 走行:~8万キロ | 色:黒 | 状態:
    MOTA車買取査定額 185 万円~ 220万円
  • トヨタ 査定依頼日:2024年06月17日
    クラウン ハイブリッド 2.5 RS
    年式:2019年 | 走行:~3万キロ | 色:白 | 状態:
    MOTA車買取査定額 302 .9万円~ 313万円
  • トヨタ 査定依頼日:2024年06月16日
    クラウン ハイブリッド 2.5 RS アドバンス
    年式:2021年 | 走行:~1万キロ | 色:黒 | 状態:
    MOTA車買取査定額 480 万円~ 500万円
  • トヨタ 査定依頼日:2024年06月16日
    クラウン ハイブリッド 2.5 RS アドバンス
    年式:2018年 | 走行:~2万キロ | 色:黒 | 状態:
    MOTA車買取査定額 358 万円~ 373万円
  • トヨタ 査定依頼日:2024年06月15日
    クラウン ハイブリッド 2.5 RS アドバンス
    年式:2018年 | 走行:~3万キロ | 色:黒 | 状態:
    MOTA車買取査定額 293 .1万円~ 355.9万円
  • トヨタ 査定依頼日:2024年06月14日
    クラウン ハイブリッド 2.5 RS
    年式:2019年 | 走行:~6万キロ | 色:白 | 状態:
    MOTA車買取査定額 240 万円~ 255万円
  • トヨタ 査定依頼日:2024年06月14日
    クラウン ハイブリッド 2.5 RS
    年式:2021年 | 走行:~2万キロ | 色:黒 | 状態:
    MOTA車買取査定額 400 .1万円~ 409.9万円
  • トヨタ 査定依頼日:2024年06月13日
    クラウン ハイブリッド 2.5 RS アドバンス
    年式:2018年 | 走行:~8万キロ | 色:白 | 状態:
    MOTA車買取査定額 240 万円~ 280万円
  • トヨタ 査定依頼日:2024年06月13日
    クラウン 2.5 Z ハイブリッド車
    年式:2024年 | 走行:~1万キロ | 色:真珠 | 状態:
    MOTA車買取査定額 750 .2万円~ 810万円
トヨタ クラウンのMOTA車買取の査定実績をもっと見る

MOTA車買取での実際の買取価格・売却相場です。走行距離や色、傷の状態によって異なります。
車買取業者の査定は、業者の強み車種やニーズによって金額の差が出ます。より多くの車買取業者と比較することでより、高額に買い取ってもらえる可能性が高まります。また、ディーラーの下取りで売却する場合も他の値引きとあいまいになっている可能性があります。場合によっては数万円~数十万円も差がつくことも。ぜひ、MOTA車買取で複数社の車一括買取査定をしてみませんか。

トヨタ クラウンを見た人はこんな車も見ています