カローラクロスが日本にも今夏登場か ボディサイズはRAV4より小さくヤリスクロスよりは大きい絶妙さ

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
世界で愛される大衆車ブランド“カローラ”の名を冠したコンパクトSUV「トヨタ 新型カローラクロス」がこの夏日本にやってくる見込みだ。2020年7月にタイで発表され、2021年6月には北米でも先行発売が始まっているカローラクロスだが、日本導入のカウントダウンが始まった。

そこで気になるのはサイズ感。SUV攻勢が続くトヨタのSUVラインナップの中で、どこに位置するのだろう。他モデルも含め、ボディサイズをチェックしてみよう。

>>これは日本でも売れそうだ! 絶妙サイズ「トヨタ 新型カローラクロス」を写真で見る[画像50枚]

目次[開く][閉じる]
  1. タイ仕様のカローラクロスは1.8リッターガソリンと同ハイブリッド仕様、日本仕様も同様か
  2. カローラクロスのサイズは全長4460mm、全幅1825mm、全高1620mm
  3. 大き過ぎず小さ過ぎず、日本でも扱いやすい絶妙なサイズ感が嬉しい
カローラツーリングの最新業界ニュース・自動車ニュース&記事

タイ仕様のカローラクロスは1.8リッターガソリンと同ハイブリッド仕様、日本仕様も同様か

トヨタは2020年7月9日、タイで新型コンパクトSUV「カローラクロス」を発表した。その名の通り、世界の大衆車ブランド“カローラ”のSUVモデルとなる。

タイ仕様は1.8リッターハイブリッドモデルと、1.8リッターガソリンモデルの2タイプ。また北米でも2021年6月2日に発売が始まっており、そちらには2リッターガソリンモデルや4WDモデルの設定もあるようだ。

いずれにせよ、日本市場への一刻も早い導入が期待されている。

カローラクロスのサイズは全長4460mm、全幅1825mm、全高1620mm

さて、コンパクトSUVの新型カローラクロスのボディサイズだが、どれくらいの大きさなのだろうか。2020年7月にタイで発表された際の寸法だが、全長4460mm、全幅1825mm、全高1620mm、ホイールベース2640mmと好評されている(タイ仕様)。

しかしこれ単体で聞いてもちょっとわかりづらい。それでは、他のトヨタ車のSUVモデルのボディサイズと較べてみよう。

ヤリスクロスではちょっと小さ過ぎるし、RAV4ではちょっと大きいとお嘆きの貴方に

トヨタの中でも今特に人気を集めているコンパクトSUVが「ヤリスクロス」だ。ボディサイズは、全長4180mm×全幅1765mm×全高1560mm、ホイールベース2560mmである。

いっぽう兄貴分となるミディアムSUV「RAV4」のボディサイズは、全長4600mm×全1855mm×全高1685mm、ホイールベース2690mmと一気に大柄になる。

大き過ぎず小さ過ぎず、日本でも扱いやすい絶妙なサイズ感が嬉しい

ヤリスクロスはコンパクトカー「ヤリス」とプラットフォームを共有した小さいサイズが魅力だが、後席スペースはファミリーで使うにはちょっと狭い。

その点、RAV4は北米で最も売れているSUVだけあってゆとりの室内空間だが、その分ボディサイズは400mm以上も長くなるから、そのアメリカンサイズでは狭い街中での取り回しにちょっと苦労する面もある。

程良く間を取ったサイズ感、早く日本の道でも乗ってみたい!

なお、同じカローラファミリーと比較すると、全高以外はワゴンモデルのカローラツーリング(全長4495mm×全幅1745mm×全高1460mm、ホイールベース2640mm)に近いが、車幅はカローラツーリングより80mm大きい寸法だ。

こうして比べてみると、カローラクロスはまさに絶妙な「ちょうどいい」間を取ったサイズに位置していることがわかる。日本で使うには大本命というべき新型カローラクロス。2021年6月13日の段階では、トヨタからの正式発表はないが、2021年夏ごろには日本市場に姿を現すと噂されている。楽しみにしていよう。

[筆者:MOTA(モータ)編集部]

トヨタ/カローラツーリング
トヨタ カローラツーリングカタログを見る
新車価格:
201.3万円299.8万円
中古価格:
175.7万円436.7万円

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... おごと温泉 びわこ緑水亭

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ カローラツーリングの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ カローラツーリングのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ カローラツーリングの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ カローラツーリングの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ カローラツーリングのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる