いつの間に? シレッとレクサスに移籍したトヨタ車3選

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
トヨタの高級車部門として、ラグジュアリーカー市場に勝負を挑んだレクサス。当初、北米を中心とした海外市場をメインに販売してきましたが、日本でも2005年からレクサスブランドが展開されました。今回は、そんなレクサス日本進出の基幹車種として、トヨタからレクサスに移籍することになった3車種をご紹介します。
目次[開く][閉じる]
  1. ライバルは欧州のプレミアムセダン! トヨタ アルテッツァ
  2. 国内最速セダンの称号は伊達じゃない! トヨタ アリスト
  3. ハイソカーブームを巻き起こしたトヨタ ソアラ
アルテッツァの最新業界ニュース・自動車ニュース&記事

ライバルは欧州のプレミアムセダン! トヨタ アルテッツァ

アルテッツァは、1998年に登場したコンパクトスポーツセダン。BMW 3シリーズやメルセデス・ベンツ C クラスといった、欧州のプレミアムコンパクトセダンに対抗するグローバルモデルとしての役割も担っています。開発段階ではニュルブルクリンクやアウトバーンなど、世界のさまざまな道で徹底的にテスト走行を実施。その結果、日本車離れしたボディ剛性やワンランク上の車種にも採用される高性能なブレーキ(6MTモデル)が採用されています。

エンジンは、210馬力(ATモデルは200馬力)を発生させる2.0リッター自然吸気エンジン(3S-GE型)と、160馬力を発生する直列6気筒エンジン(1G-FE型)の2種類をラインナップ。6速のマニュアルミッションも選択できたため、既にMTモデルが壊滅状態だった当時、走りにとことんこだわったスポーツセダンとして一定の支持を集めました。

高級感と価格がアップしたレクサス IS

レクサスブランドが日本に上陸した2005年、レクサスISがデビューしました。グローバルで見れば通算2代目ですが、日本市場においては初代ISとなります。

コンパクトなFRレイアウトのセダンというコンセプトは引き継がれましたが、プラットフォームはマークXやクラウンなどの上級車種と共通化され、エンジンはV6 2.5リッターが最小で、2.0リッターは存在しません。

また、内外装も世界のラグジュアリー市場を見据えた高級感を増したものとなっており、価格体は大幅に上昇。従来のアルテッツァとは、まったく違うクラスの車になってしまいました。

トヨタ アルテッツァの中古車相場

■中古車掲載台数:139台

■中古車相場:27.4万円~234万円

※中古車掲載台数および相場は、2020年10月10日時点のデータ

国内最速セダンの称号は伊達じゃない! トヨタ アリスト

トヨタ アリストは、同社の高級スポーツセダンとして1991年にデビューし、高級感と運動性能を高い次元で両立。特に、最高出力280馬力を発生する3.0リッター直列6気筒ツインターボエンジン(2JZ-GTE型)は、80型スープラよりも先に搭載され、国産最速セダンの異名を持つほどの運動性能を秘めています。

また、ワイド&ローなスタイリングは、クラウンやセルシオといった、いかにも高級セダン然としたデザインを好まない層にも人気となり、日本人にスポーツセダンの存在を再認識させたモデルでもあります。

レクサスブランドの日本導入初期からラインナップ

アリストは、1991年から2005年まで2世代にわたり販売され、レクサスブランドの日本導入とともにラインナップされた基幹車種として、レクサス GSの名で再デビューすることになります。

世界を見据えたミディアムサイズセダンであるレクサス GSは、4.3リッターV8エンジンを搭載した「GS430」と3.5リッターV6エンジンを搭載した「GS350」を展開し、翌2006年には、世界初のFRハイブリッドモデルである「GS450h」を追加。3.5リッターV6エンジンにモーターを組み合わせ、モーターをブースト代わりに使うスポーティーなセッティングが特徴です。

トヨタ アリストの中古車相場

■中古車掲載台数:137台

■中古車相場:34.8万円~280万円(応相談含む)

※中古車掲載台数および相場は、2020年10月10日時点のデータ

ハイソカーブームを巻き起こしたトヨタ ソアラ

トヨタ ソアラは、1981年にデビューした高級パーソナルクーペ。1981年~1986年の初代と1986年~1991年の2代目は、ハイソカーブームの火付け役とまで言われるほど、一時代を築いた大ヒットモデルです。

1991年~2001年の3代目からは、「レクサス SC」として海外市場にも展開。全車3ナンバーボディに拡大され、デザインはトヨタがアメリカで設立したデザインスタジオ「CALTY」で行われるようになります。

2001年から2005年の4代目は、電動ハードトップのオープンカーのみを展開。デザインはフランスにあるトヨタのデザインスタジオ「ED2」が手掛け、3代目同様グローバルな市場に主眼をおいて開発されました。また、先代まで存在したMTモデルは廃止され、全車ATモデルとなり、ターボエンジンは廃止。贅を尽くした質感の高い内装を装備し、純然たる高級パーソナルスポーツカーとなったのです。

豪華装備を装着してデビューした「レクサス SC」

トヨタ ソアラは、2005年のレクサスブランド日本進出とともに「ソアラ」から「SC」へ移行。カーナビ、マークレビンソン・プレミアムサラウンドシステムを標準装備し、高級ブランド「レクサス」にふさわしい装備内容となっています。

レクサス ISやGSと同様に、デビュー当時はレクサスの基幹車種としての役割を担っていましたが、2010年に生産を終了。2017年にレクサス LCが登場するまで、レクサスの高級パーソナルスポーツは途絶えることになります。

トヨタ ソアラの中古車相場

■中古車掲載台数:195台

■中古車相場:48.8万円~398万円(応相談含む)

※中古車掲載台数および相場は、2020年10月10日時点のデータ

トヨタ/アルテッツァ
トヨタ アルテッツァカタログを見る
新車価格:
231万円350.9万円
中古価格:
27.8万円164.9万円
トヨタ/アリスト
トヨタ アリストカタログを見る
新車価格:
402.6万円610.5万円
中古価格:
34.8万円280万円
トヨタ/ソアラ
トヨタ ソアラカタログを見る
新車価格:
660万円693万円
中古価格:
48.8万円475万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 食べるお宿 浜の湯
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

トヨタ アルテッツァの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ アルテッツァのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ アルテッツァの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ アルテッツァの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ アルテッツァのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる