こんなにあるの!? アルファードの内装は4種類! 外観だけじゃわからない価格差400万円の違い、4タイプの豪華シートをチェック

画像ギャラリーはこちら
最近街で見かける機会が増えた気がする高級ミニバンの「トヨタ アルファード」。実際、2021年上半期の販売ランキングでベスト3に入ったほど売れているのだ。そんなアルファードだが、どのクルマも同じという訳ではない。外観からは、素人目にはほとんど区別がつかないが、実は内装(シート)のタイプだけでも4種類もあり、それによって価格差も生じているのだ。今回はそんなアルファードの4つのシートの違いについて、写真でイッキにご紹介しよう!
目次[開く][閉じる]
  1. 同じアルファードなのに400万円以上の価格差! その違いはシートにあった!
  2. 700万円台の最上級モデルにしか備わらない究極の高級席「エグゼクティブラウンジシート」
  3. 最上級並みの豪華さを400万円台から味わえるお得な「エグゼクティブパワーシート」
  4. ベーシック版「リラックスキャプテンシート」だって十分に豪華な仕立てだ

同じアルファードなのに400万円以上の価格差! その違いはシートにあった!

トヨタの高級ミニバン「アルファード」。その価格は、一番安いエントリーグレード「X」(8人乗り・FF・2.5リッター)で359万7000円から。一番高い「HYBRID Executive Lounge S」(7人乗り・E-Four・ハイブリッド)で775万2000円。つまり同じアルファードと言いながら415万円以上、つまりベースグレード「X」以上の価格差が発生しているという訳だ。

その差はどこにあるのだろうか。外観上は、ホイールやグリル・バンパー周りの形状、メッキ類の加飾量などに差異が見られるが、400万円の価格差を感じるほどではない。

もちろん搭載されるエンジンや駆動方式によっても価格差は生じるが、それ以上に内装種類の違いによってグレードが上がり、価格に明確に反映されるのが、アルファード最大の特徴である。

700万円台の最上級モデルにしか備わらない究極の高級席「エグゼクティブラウンジシート」

アルファードはグレードによって、主にセカンドシート(2列目席)の形状が異なってくる。中でも最上級グレード「Executive Lounge(エグゼクティブラウンジ)」系に搭載される、その名も「エグゼクティブラウンジシート」は、高級リムジンも顔負けの豪華な椅子である。

他グレードよりも1名分のシートサイズが拡大された本革のシートには、ベンチレーションシート(シートクーラー)と快適温熱シート(シートヒーター)が備わる。また電動式オットマン、アームレスト格納式コントロールスイッチ、大型アームレスト、格納式テーブル、読書灯、AC100V付きアクセサリーコンセントなど至れり尽くせりの仕立てとなっているのだ。

このグレードだけは、テールゲートに“Executive Lounge”のマークが入っていることで、さりげなく最上級であることを主張している。ただし価格は前出の「HYBRID Executive Lounge S」(775万2000円)を筆頭に、V6 3.5リッター「Executive Lounge」でも726万9000円というなかなかの“エグゼクティブ”な価格設定となる。

最上級並みの豪華さを400万円台から味わえるお得な「エグゼクティブパワーシート」

続いては「エグゼクティブパワーシート」。さきほどのエグゼクティブラウンジシートとよく似ているが、シートサイズはひとまわり小さくなる。しかしパワーリクライニングやパワーオットマンも備わり、こちらでも十分に豪華な気分を味わる。

それでいて572万円から468万1600円と、グッと価格が抑えられるのが魅力だ。

ベーシック版「リラックスキャプテンシート」だって十分に豪華な仕立てだ

そしてこちらは「リラックスキャプテンシート」。これだって、単体で見ればかなりの仕立てだ。左右独立式のキャプテンシートには個別のアームレストとオットマン(手動式)が備わり、シートもロングスライド可能だから、サードシートに座る人がいなければ最後端まで下げてリラックスした姿勢で座ることも出来る。

最も安い「S」(2.5リッター・FF)なら398万5000円から手に入れられる。Sはエアログレードでタイヤも大径18インチと、外観上も見劣りしないので、買い得感も高い。

そして唯一の8人乗り仕様、セカンドシートが3人掛けとなるのが「6:4分割チップアップシート」だ。エントリーグレード「X」(359万7000円)もこちらの内装となる。

このようにトヨタ アルファードには4つものシートパターンがあり、価格差の大きな根拠となっている。なるほど確かに見比べてみるとその差は大きい。とはいえ、ベーシックなタイプでも十分に豪華なのも確か。予算と好みに応じてじっくり選びたいところだ。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:TOYOTA]

トヨタ/アルファード
トヨタ アルファードカタログを見る
新車価格:
359.7万円775.2万円
中古価格:
23万円2,011万円

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 香雲館

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ アルファードの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ アルファードのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ アルファードの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ アルファードの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ アルファードのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる