セダン不遇の時代にスバル WRX S4はなぜ売れた!? その答えは価格と装備を考えるとバーゲンプライスだったから

画像ギャラリーはこちら
スバル 新型WRX S4は2021年冬にも日本で発売される見込みだ。じつは初代WRX S4はセダン不遇の現在において、非常に好調なセールスを記録したモデルでもある。そこで今回はインプレッサ WRXの歴史を振り返りながら、なぜ初代WRX S4はビジネス的に成功を収められたのか? という理由を考えてみたい。
目次[開く][閉じる]
  1. SUV全盛の今、現行WRX S4は大ヒット!
  2. WRX S4の歴史は長い! 元祖モデルは2000年にデビュー
  3. 現行WRX S4からインプレッサと決別! 新世代スポーツセダンに生まれ変わった
  4. 初代WRX S4はコスパ最強モデルだった! 新型モデルも良さを生かしつつも進化に期待

SUV全盛の今、現行WRX S4は大ヒット!

北米で2021年9月10日にスバル 新型WRXが発表され、近いうちに日本にも新型WRX S4として導入される予定だ。2014年に登場した初代WRX S4は日本ではクラウンですらセダンが売れない時代にも関わらず堅調なセールスを記録したのだ。今回はその理由を考えてみた。

WRX S4の歴史は長い! 元祖モデルは2000年にデビュー

初代WRX S4が売れた理由を考える前に、1992年登場の初代インプレッサから始まったWRXを振り返ってみたい。WRXは当時スバルが初代レガシィで参戦していたWRC制覇のため、ザックリ言えばレガシィを小型化したボディに2リッターターボ+4WDというパワートレーンを移植したモデルである。

2代目インプレッサ WRXからATモデルを設定

初代インプレッサWRXはWRCにおいて1995〜97年のマニュファクチャラーズ(製造者、メーカー)タイトル三連覇をはじめ大活躍し、2000年に2代目モデルに移行。WRXは初代モデルにATモデルが設定されていたが、ほとんどのユーザーがMTとなるスパルタンなモデルであり、ユーザー層も限られていたのも事実だった。

そのため2代目モデルの最後には間口を広げるためWRX STIの大型リアスポイラーを小さなリップスポイラーとし、ゴールド塗装だったブレンボのブレーキキャリパーをブラック塗装とするなどシックな雰囲気にしたWRX STI Aラインを設定。

3代目モデルは豪華装備ながらもリーズナブルな価格設定だった

WRX STI Aラインは2007年登場の3代目モデルにも09年に追加された。3代目モデルのWRX STI Aラインは5速ATと組み合わされる2.5リッターターボを搭載し、ブレンボのブレーキキャリパーなどが標準装備されない代わりに価格は315万円〜とリーズナブルな魅力あるモデルだった。

>>ガチスバリストが選ぶ歴代EJ20搭載車ベスト5~さよならEJ20エンジン!~

現行WRX S4からインプレッサと決別! 新世代スポーツセダンに生まれ変わった

そして3代目モデルで本格化したAラインの後継車的となったのが、初代WRX S4である。WRXは3代目モデルの途中からWRX STIとなり、インプレッサから独立したモデルとなった。2014年登場のVA系から4ドアセダンのみとなる初代WRXに移行したのだ。

エンジンはレヴォーグで実績のある2リッターターボを搭載

初代WRX STIはモータースポーツで即戦力となる必要もあった。そのため、パワートレーンは実績のあるEJ型2リッターターボ+DCCD(ドライバーズコントロールセンターデフ)付6速MTを踏襲。

またこの時点で初代レヴォーグにも採用されていた新開発のFA型2リッターターボ+CVTというパワートレーンが存在していた。このパワートレーンを積み、アイサイトも付くモデルとしてWRX S4が生まれたのだ。

>>スバル 新型WRX S4は北米仕様と異なる見た目に!? そしてスバリスト待望の新型WRX STIは一体どうなる!?

初代WRX S4はコスパ最強モデルだった! 新型モデルも良さを生かしつつも進化に期待

初代WRX S4は全回転域でパワフルなFA型2リッターターボとCVTの組み合わせにより楽で速く、乗って楽しいモデルでもあった。サーキットでのスポーツ走行でCVTの油温がオーバーヒートする以外走りは文句なしだったのだ。

それでいて巡行燃費は良好、4WDとアイサイトによりスバル車らしくグランドツーリング性能や快適性も高かった。加えて登場時の価格は約335万円〜というリーズナブルなうえに商品力が高く、堅調に売れたのもよく分かる。

それだけに筆者の周りには筆者のボスで初代WRX S4をラリー車にした国沢光宏氏をはじめ、周りにオーナーが3人ほど浮かぶくらい初代WRX S4は魅力あるクルマだった。

>>スバル 新型WRX S4はアイサイトX搭載、新型WRX STIは待望のアイサイト採用へ! 日本発売は2022年度内か!?

新型WRX S4はアイサイトも大幅進化へ

というようにDNAを初代モデルで確立したWRX S4。だからこそ新型WRX S4にも初代、もっといえば歴代モデルの魅力を保ち続けてほしいところ。そしてレヴォーグや新型レガシィ アウトバックなどに採用されている予防安全技術「アイサイトX」を採用するなど、スバルが持つ最新の技術を搭載することに期待したい!

【筆者:永田 恵一】

スバル/WRX
スバル WRXカタログを見る
新車価格:
416.9万円474.1万円
中古価格:
156万円971.5万円

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
永田 恵一
筆者永田 恵一

1979年生まれ。26歳の時に本サイトでも活躍する国沢光宏氏に弟子入り。3年間の修業期間後フリーランスのライターとして独立した。豊富なクルマの知識を武器に、自動車メディア業界には貴重な若手世代として活躍してきたが、気付けば中堅と呼ばれる年齢に突入中。愛車はGRヤリスと86、過去には日本自動車史上最初で最後と思われるV12エンジンを搭載した先代センチュリーを所有していたことも。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ビーチサイド温泉リゾートゆうみ

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

スバル WRXの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル WRXのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル WRXの中古車検索 スバルの記事一覧 スバル WRXの記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル WRXのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる