アウトドアやキャンプで使うならどれが良い? スバル フォレスター、XV 、アウトバックのラゲッジスペースや後席を徹底比較!

画像ギャラリーはこちら
水平対向エンジン、シンメトルカルAWD、そしてXモードなど、走りの動的質感、走破性で定評あるスバルのSUV、クロスオーバーSUVが、フォレスター、アウトバック、XVである。ここではそれぞれの車種の室内パッケージについて、比較、検証する。
目次[開く][閉じる]
  1. フォレスターとXVのシート周りのゆとりは意外にもある
  2. アウトドアやキャンプに便利なラゲッジスペースはどうか?
  3. アウトバックは大柄な人でも横になれる! 車中泊に適しているのはどれ?

フォレスターとXVのシート周りのゆとりは意外にもある

3台のスバルSUV、フォレスター、アウトバック、XV各車のパッケージや室内空間のゆとり、着座感について、比較・検証してみよう。

例えば、フォレスターに身長172cm、体重65kgの筆者が乗り込んだ場合のスペースは、前席頭上に240mm(シートハイトコントロール最下端位置)、後席頭上に160mm、膝周りに230mmもの余裕がある。後席膝周りに230mmは、ヴォクシーやセレナといったMクラスミニバンに匹敵し、足がゆったり組める空間と言っていい。

一方、ここではもっともコンパクトなボディサイズとなるXVはどうか。筆者の基準で、前席頭上に195mm、後席頭上に120mm、膝周りに200mmと、前後席ともに意外なほどのゆとりがあることが分かる。

ちなみに、前席に対して、後席の着座位置が高くセットされた、シアターレイアウト感が強いのはフォレスターである。

後席エアコン吹き出し口はXVにはない

ただし、後席での快適性、空調環境にかかわる、後席エアコン吹き出し口があるのは、フォレスターとアウトバックのみ。XVには付かない。

もっとも、3車ともにインパネセンターのエアコン吹き出し口は比較的高めの位置にあるため、後席にエアコンの風が届かないわけではない。

XVで後席の室内温度を下げるには、前席に乗る人がやや低めの温度設定に慣れる必要があるぐらいの違いである。

メーター周りは最新のフルデジタル液晶ではない

そうそう、ドライバーが気になるメーター周りの仕立てだが、スバル最新のレヴォーグとは違い、メーターはフルデジタル液晶画面ではなく、比較的オーソドックスなアナログメーターを採用。

ただし、デビューが2018年6月ともっと新しいフォレスターは、3画面を持ち、ナビも大画面で(アウトバックは14年10月、XVは17年3月のデビュー)比較的新しさが感じられるインパネ周りである。

今回は現行型アウトバックで比較しているが、北米で先行発売される新型アウトバックの写真を見ると、ナビ画面はレヴォーグのような縦型の大画面となり、新型らしさが強調されている。早期の国内導入にも期待したい。

なお、ガラスサンルーフが用意されているのは、フォレスターとアウトバック(おそらく新型も)である。

アウトドアやキャンプに便利なラゲッジスペースはどうか?

次に、アウトドアやキャンプ用品などを積み込む際に気になるラゲッジスペースのフロア寸法比較だ。フォレスターは最小幅1100mm、奥行き905mm、天井高805mm。

アウトバックは最小幅1080mm、奥行き1050mm、天井高820mmと、意外にも、最小幅はフォレスターと同等、奥行、高さではフォレスターを凌ぐことになる。

さすが、荷物の積載性にもこだわったレガシイツーリングワゴンベースだけのことはある。

XVはあくまでインプレッサスポーツとパッケージ的には変わらないため、最小幅1090mm、奥行き820mm、天井高710mmと、奥行きと天井高に関してはハッチバックモデル水準となる。とはいえ、全車、ゴルフバッグを真横に効率よく積める幅の持ち主だ。※アウトバックは旧型の数値

アウトバックは大柄な人でも横になれる! 車中泊に適しているのはどれ?

アウトドアでは後席を倒して仮眠することもありうるが、後席を格納したときのラゲッジスペースの奥行き=ベッド長(前席背後までの最大値)はどうかと言えば、フォレスターはなんと1910mm。

アウトバックに至っては2050mmと、大柄なアメリカ人でも真っすぐ横になれるスペースがある(新型もそれに準じているはずだ)。XVはさすがに1690mmと、小柄な人向けのベッドスペースだ。

ちなみに就寝時の快適性にかかわる後席格納時のフロアのフラット度は、3車ともに優秀。大きな段差、角度はなく、車体前方を頭にすれば、僅かなスロープ角度が気にならないどころか、逆流性食道炎を防ぐ効果につながったりするからちょうどいい。※アウトバックは旧型の数値

3台のスバルSUVはいずれもアウトドア向きの設定! 中でも使い勝手が良いのはフォレスターの荷室だ

こうしてスバルのSUV、クロスオーバーSUV3車を比較してみると、日常使いで立体駐車場への入庫も容易なのはXVだが、アウトドア、キャンプにはいずれの3台も適している。

ただし、仮眠、車中泊性能まで含めると、後席を倒したときの長身の人でも真っすぐにほぼフラットに寝られるベッド長(前席背後部分の隙間を埋める必要があるが、ヘッドレストを逆付けすることで枕部分としてベッド長が拡大)がたっぷりあるフォレスターとアウトバックになるだろう。

【筆者:青山尚暉】

スバル/XV
スバル XVカタログを見る
新車価格:
220万円292.6万円
中古価格:
131万円398.8万円
スバル/フォレスター
スバル フォレスターカタログを見る
新車価格:
293.7万円330万円
中古価格:
24.8万円415.6万円

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
青山 尚暉
筆者青山 尚暉

学生時代はプロミュージシャン、その後自動車専門誌2誌の編集を経てフリーのモータージャーナリストに。現在は自動車業界だけでなく、愛犬のラブラドールとジャックラッセルとともに、愛犬との快適で安全なクルマ旅を提案するドッグライフプロデューサーとしても活動中。また、クルマのパッケージを寸法で比較するため、独自の計測ツールを開発。1台につき25項目以上を詳密計測。実用性の目安として、記事中で展開している。現在、自動車用純正ペット用アクセサリーの企画、開発も行う。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 名泉鍵湯 奥津荘

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

スバル レガシィアウトバックの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル レガシィアウトバックのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル レガシィアウトバックの中古車検索 スバルの記事一覧 スバル レガシィアウトバックの記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル レガシィアウトバックのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる