新型エクストレイル、発売は2022年初春!? 日産ファンも悲しむ日本導入の大幅遅れ、全ては大本命e-POWERのため

画像ギャラリーはこちら
日産の人気SUV「エクストレイル」がなかなかフルモデルチェンジを実施せず、日産ファンをやきもきさせている。日本向けには最新ハイブリッドe-POWER仕様も登場する見込みだというが、果たして新型登場はいつになるのか。現在得られた情報をあらためて整理してみた。

>>正式発表は2022年! 日産 新型エクストレイルを日本デビュー前に写真で一挙にご紹介[画像00枚]

目次[開く][閉じる]
  1. 日産が世界で初めて実用化に成功した高性能・高効率な可変圧縮比(VC)エンジン
  2. 直線基調のクリーンなデザインに生まれ変わった新型エクストレイルは初代モデルの方向性に回帰!?
  3. 日本仕様の新型エクストレイルは2022年初春導入予定! ここまで待った甲斐がある1台となるか、注目したい

日産が世界で初めて実用化に成功した高性能・高効率な可変圧縮比(VC)エンジン

日産は2021年7月、日産の新型エクストレイルに搭載される予定の直列3気筒 1.5リッターVCターボエンジン車を国内の自動車ジャーナリストらに初公開した。

VCターボは、走行状態に応じて圧縮比を8:1から14:1へ無段階で変えられる機能を備えたもの。ターボを積極的に稼働させ性能を高めるいっぽう、低負荷時には燃料消費を抑えた高効率な動作を行うという、2つの機能性を併せ持つのが特徴だ。この可変圧縮比エンジンは、世界で日産が初めて実用化に成功したものである。すでに海外向けのモデルでは直列4気筒 2リッターVCターボエンジンの実用化が行われているが、1.5リッター版は新型ローグ/エクストレイルが初となる。

直線基調のクリーンなデザインに生まれ変わった新型エクストレイルは初代モデルの方向性に回帰!?

公開された車両は、北米向けの新型「ローグ」をベースにしたプロトタイプモデル。新型ローグ自体は2020年秋に北米で販売を始めているが、北米向けはまず通常の直列4気筒 2.5リッター ガソリンエンジンが搭載されている。

ボディサイズは全長4680mm×全幅1840mm×全高1700mm、ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は2705mmと、ほぼ現行型エクストレイルと同等な大きな差となっている。なお基本骨格は、ルノー日産三菱アライアンスによって共同開発されたCMF-Cプラットフォームに刷新されている。

新型は直線基調のスタイリングとし、初代や2代目エクストレイルの方向性に回帰した印象だ。室内からの視界も改善され、ボディの四隅の見切りも良い。

同時に室内空間も拡大。視界の改善に伴い左右の解放感が増したことと相まって、リラックスした感覚でドライブが楽しめる仕上げとなった。荷室の広さも拡大するなど、ファミリーカーの用途にも最適な1台となった。

日本仕様の新型エクストレイルは2022年初春導入予定! ここまで待った甲斐がある1台となるか、注目したい

さて、そんな新型エクストレイルだが、日本仕様のデビューは果たしていつになるのだろうか。

MOTA編集部の取材によると、日本仕様には前出の直列3気筒 1.5リッターVCターボエンジン車のほか、このエンジンと日産独自のハイブリッドシステム「e-POWER(イーパワー)」を組み合わせたモデルが導入される見込み。燃焼効率の高いVCターボエンジンを発電機専用とするe-POWERは、ノートなどに搭載される他のe-POWERにも増して高効率な仕組みとなる。これらの開発に時間を要し、結果としてe-POWERを大本命とする日本仕様の導入も予定が遅れてしまった。

日産からの正式な発表はないが、日本仕様の新型エクストレイルは、2022年2月~3月の初春にフルモデルチェンジされる模様。ここまで長く待たされたからこそ、その仕上がりを楽しみに待ちたいところだ。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:NISSAN]

日産/エクストレイル
日産 エクストレイルカタログを見る
新車価格:
248.3万円412.5万円
中古価格:
18.1万円437.1万円

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 法師温泉 長寿館

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

日産 エクストレイルの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 エクストレイルのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 エクストレイルの中古車検索 日産の記事一覧 日産 エクストレイルの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 エクストレイルのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる