「New愛のスカイライン/史上最強のスカイライン」高性能を追求した日産 6代目スカイライン【MOTA写真館】

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
2019年「史上最強」のエンジンを搭載した13代目 日産 スカイライン R400は記憶に新しい。この「史上最強」というフレーズは過去にも使われていたのを覚えているだろうか。1983年に登場したスカイライン 2000ターボRSに与えられた「史上最強のスカイライン」というキャッチコピーだ。実に36年ぶりに「史上最強」のフレーズが復活したことになる。

>>四角く手も伸びやかなデザインが美しい6代目スカイライン[フォトギャラリー全27枚]

目次[開く][閉じる]
  1. 待望のDOHC!R30 日産 スカイライン
  2. 「史上最強のスカイライン」から「鉄仮面」へ
  3. スペックや価格

待望のDOHC!R30 日産 スカイライン

1981年、R30型 日産 スカイラインが発売された。キャッチコピーは「New愛のスカイライン」。俳優ポール・ニューマンがイメージキャラクターとして起用されたことから「ニューマン・スカイライン」とも呼ばれていた。

グレードは「GTシリーズ」と「TIシリーズ」。ボディバリエーションは、4ドアセダン・2ドアハードトップ・スカイライン史上初の5ドアハッチバック・ライトバンを展開する。

デビュー同年、ファン待望のDOHCエンジンが復活。「4バルブなくしてDOHCは語れない」のキャッチコピーとともに、150馬力を発生させる直列4気筒4バルブDOHC FJ20E型エンジン搭載の「2000RS」が追加された。

「史上最強のスカイライン」から「鉄仮面」へ

1983年、FJ20E型にターボチャージャーを追加し、190馬力を絞り出すFJ20ET型を搭載した「2000ターボRS」を追加。歴代スカイラインの中で最も出力が高いことから「史上最強のスカイライン」のキャッチコピーが使われた。

同年、マイナーチェンジにより、前後の意匠を変更され大型バンパーを採用。RSの後期型は薄型ヘッドランプ、ラジエーターグリルレスのデザインにより「鉄仮面」の名がつけられた。

“リッター100馬力”も壁を突破した通称:ターボC

1984年「クールに乗れ」のキャッチコピーで、インタークーラー搭載モデル「2000ターボインタークーラーRS/RS-X」を追加し、最高出力は205psとなり、国産車で初めて“リッター100馬力”も壁を突破。通称「ターボC」と呼ばれ、現在でも多くの根強いファンが存在している。

スペックや価格

■全長×全幅×全高:4595×1665×1360mm

■エンジン

・FJ20E 直列4気筒 2000cc DOHC(2000RS)

・FJ20ET 直列4気筒 2000cc DOHCターボ(2000ターボRS)

■トランスミッション:3速AT/4速AT/5速MT/4速MT

■価格:217万6000円(2000RS)

最後まで読んで頂いた方には超豪華な旅館宿泊のチャンス!

2019年12月17日からMOTAにてリリースされた「ドライブ/宿」企画。

今回は、MOTA厳選宿公開記念として、1組2名さまに抽選で当たる宿泊券プレゼントキャンペーンを実施します。

応募条件は、以下のページからMOTAのメールマガジンに会員登録し、当キャンペーンに応募するだけ。

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この機会に是非ご応募ください! 中には1泊10万円以上の宿も…!?

どんな宿があるかは、ページ上部右端の「ドライブ/宿」ページで見れるので要チェック!

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

日産/スカイライン
日産 スカイラインカタログを見る
新車価格:
435.4万円644.5万円
中古価格:
32万円1,350万円

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 茶六別館

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

日産 スカイラインの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 スカイラインのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 スカイラインの中古車検索 日産の記事一覧 日産 スカイラインの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 スカイラインのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる