1億5000万円GT-Rのデザイン担当は20代前半スタッフだった!? 知られざる秘密とは

  • 筆者: MOTA編集部 木村 剛大
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
GT-R生誕50周年を記念して生まれた限定モデルGT-R by イタルデザイン。1億5000万円〜という価格設定もさることながら、購入者層やデザイン決定に至る経緯などがとても興味深いのだ。そこで、今回はGT-R by イタルデザインの知られざる秘密をご紹介する。
目次[開く][閉じる]
  1. 中身はGT3レーシング仕様そのままの高性能版
  2. 購入者は生粋のクルマ好き! 投資目的はほとんど0
  3. じつはデザイン担当は日産だった!? 選ばれた人がスゴかった

中身はGT3レーシング仕様そのままの高性能版

ことのはじまりはGT-R生誕50周年を記念すべく、企画されたのがはじまり。イングランドのウェスト・サセックスで開催されるグッドウッドフェスティバルオブスピードの場で2018年にコンセプトモデルが発表され、それがいよいよ市販化されたというイメージだ。

コンセプトモデルから各国の安全基準などの法規に合わせるため、テールランプなどは変更されているものの、基本的にはコンセプトカー通りである。

そもそもGT-R by イタルデザインのベースとなっているのはレーシングカーのGT3マシンであり、エンジンやトランスミッションに至るまでレース仕様の高性能パーツを使っているのだ。市販化の皮を被ったレースカーというイメージである。

エンジンは3.8リッター V6ツインターボであるVR38DETTと型式こそGT-R NISMOと同様だが、専用チューニングを実施。これにより最高出力は、+120psの720ps/7100rpm。最大トルクは、+13.0kgmの79.5kgm/3600~5600rpmに達するという。

タイヤは、1インチアップとなるフロント255/35R21、リア285/30R21のミシュランパイロットスーパースポーツを装着。ホイールはアルミホイールにカーボンを組み合わせたタイプの専用品を履いている。

さらにボディ外販に至っては、ルーフやガラス、ボンネットに至るまでほとんどが専用品となる。実際車内に乗り込むとフロントガラスはノーマルよりも面積を狭めており、まさにレーシングカーといったところ。

さらにボディカラーはオーナーの好きな色を選択でき、自分だけの一台を作ることができるのだ。それゆえ、1億5000万円〜という価格も納得である。

>>【写真で比較】テールランプに注目! コンセプトモデルと市販版を写真で比較

購入者は生粋のクルマ好き! 投資目的はほとんど0

現在もわずかながら台数が残っており、手に入れるチャンスもまだあるというが、現状購入した方々は、生粋のクルマ好きや歴代GT-Rのコレクターなどが名を連ねているという。通常このような限定車は投資目的で購入するひともいるが、こちらは別。スタート価格が1億5000万円〜と高額なこと、そして50台限定とスペシャルモデルにしては台数が多く、他の限定車よりも価値が跳ね上がることは期待できないという考えから、投資目的の方はほとんどいないという。

>>このリアウィングが580万円!? 超高級なオプションがコレ

ちなみに購入方法は原則現金一括であり、ローンや残価設定ローンといった我々庶民が思いつくような方法では購入できないのだ。もし残価設定ローンを組めるとすれば、5年後の残価は下手すると現在の価値よりも上がり、月々の支払いも案外低額なのでは? と期待していただけに筆者個人的には残念な結果であった。

じつはデザイン担当は日産だった!? 選ばれた人がスゴかった

GT-R by イタルデザインという名の通り、日産とイタリアのデザインスタジオ「イタルデザイン」がタッグを組んで生まれたモデルである。通常自動車メーカーとデザインスタジオを共同開発となると、メーカー側がクルマの開発を、デザインスタジオがデザインをするのが通例なのだが、このクルマは真逆。日産がデザインを担当しているのだ。

世界中の社員からデザインを募集

となれば、このテイストを他の日産モデルにも投入してよ! と思うはずで、筆者もその一人だ。なぜ、ここまでカッコよく仕上がったのか? それはGT-R by イタルデザインのデザインを決定するために開催された日産社内のデザインコンペに答えがある。

現在の日産デザインを統括しているアルフォンソ・アルベイザ氏が今回のプロジェクトに際して、日本、アメリカ、フランス、イギリスなど世界中にある日産のデザインスタジオから「みんなが思う50周年のGT-Rをデザインして!」と原案を募集。そこで選ばれたのがロサンゼルス勤務の男性スタッフの案だったのだ。しかも20代前半の超若手。今回のGT-R by イタルデザインは20代前半の若いスタッフがデザインしているのだ。

20代前半のスタッフといえば、ドアハンドルなどの細かい部分のデザインを手がけるため、クルマ一台、それも日産を代表するGT-Rのデザインを行うというのは異例中の異例。選ばれたデザイナーは生粋のGT-RファンでリアにはケンメリGT-Rと34型スカイラインGT-Rのエッセンを取り入れるなど、随所に歴代モデルの要素を落とし込んでいるのだ。ノーマルから大きく変わっているにもかかわらず、妙にGT-Rらしさを感じるのは、歴代モデルのエッセンスを取り入れているからというワケ。

>>たしかに似てる! 歴代GT-Rを写真でイッキ見

もしかすると今回のGT-R by イタルデザインのような既存のラインアップとは異なるデザインテイストが今後登場する市販車に反映される可能性も十分に考えられるのだ。それだけに今後の日産からますます目が離せない!

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

日産/GT-R
日産 GT-Rカタログを見る
新車価格:
1,082.8万円2,420万円
中古価格:
496万円1,908.1万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者MOTA編集部 木村 剛大
監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 数寄の宿 野鶴亭
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

日産 GT-Rの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 GT-Rのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 GT-Rの中古車検索 日産の記事一覧 日産 GT-Rの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 GT-Rのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる