アツ過ぎる! 再びリバイバルを目指す日産が新型フェアレディZに込めた想いとは

画像ギャラリーはこちら
2020年5月に発表された日産自動車の構造改革『NISSAN NEXT』で、向こう18か月の間にグローバルでニューモデル12車種を投下すると宣言した。中でもその象徴となるのが、次期フェアレディZだ。9月16日に世界初公開されたプロトタイプに日産が込めた想いとは。

これならイケるぞ! 新型フェアレディZのカッコいい内外装をいち早く写真でじっくりチェック!

目次[開く][閉じる]
  1. “時代に先駆けて挑戦し続ける日産”を象徴するフェアレディZ
  2. “選択と集中”による構造改革『NISSAN NEXT』で明らかにされたニューモデル投入計画
  3. 約20年の時を経て、再び日産改革の象徴となるフェアレディZ

“時代に先駆けて挑戦し続ける日産”を象徴するフェアレディZ

2019年12月、日産自動車の代表執行役社長兼最高経営責任者(CEO)に就任した内田 誠取締役は、会見で『“時代に先駆けて挑戦し続ける日産”ならではの価値をお客さまに提供するとともに、将来のモビリティのあり方を提案する』と宣言した。

その社長就任の記者会見のステージには、2台のクルマが並んでいた。1台は2019年秋に東京モーターショーで発表されたEV(電気自動車)のコンセプトカー「アリアコンセプト」。そしてもう1台は、初代「フェアレディZ」(S30型)だった。

S30型フェアレディZは、1969年にデビュー。手ごろな価格ながら世界のライバルにも引けを取らない性能と魅力的なスタイリングで、世界に旋風を巻き起こしたスポーツカーだ。中でも「Zカー」の愛称で支持された北米で大ヒット作となっている。まさに“時代に先駆けて挑戦し続ける日産”らしい1台だった。

“選択と集中”による構造改革『NISSAN NEXT』で明らかにされたニューモデル投入計画

内田氏の社長就任から半年後の2020年5月28日、日産は“選択と集中”による持続的成長に向けた構造改革『NISSAN NEXT』を発表した。生産能力を20%削減し、身の丈に合った年540万台の生産体制とすることで効率化を図り、2023年度までに車種数も2割削減していく。

しかし行き過ぎた効率化が販売減を招いたことを踏まえ、ルノー日産三菱アライアンスの役割分担を再整理。日産はEVとスポーツモデル、そしてC・Dセグメントのモデルの改革と効率化を中心に担うとした。

18か月で12車種を投入、その象徴はあのクルマだった

構造改革が単なるリストラとならないためにも、18か月の間にグローバルで12車種のニューモデルを立て続けに投入すると宣言。「時代に先駆けて挑戦し続ける日産」の価値を、新しい魅力的な商品群でアピールするとした。

「NISSAN NEXT From A to Z」のタイトルと共に流された映像では、車名を示唆するアルファベット1文字を背景にした新型車のシルエットが次々に登場。初めに“A”。流麗なフォルムのSUVが現れた。これは電気自動車アリアの市販版だろう。

続けざまに様々なサイズの様々なモデルが登場し、最後の“Z”では…そう、明らかにスポーツカーのシルエットをしたクルマがトリを飾った! フェアレディZがモデルチェンジする! 予期せぬ発表に、日産ファンは大いに盛り上がった。

約20年の時を経て、再び日産改革の象徴となるフェアレディZ

フェアレディZを愛用した2人の経営者

実は日産の内田社長は、前職の日商岩井勤務時代の1993年にフェアレディZを購入している。ガンメタリックの4代目フェアレディZ、Z32型(1989~2000)だ。奇しくもカルロス・ゴーン氏も、ルノー・日産入社前に在籍した米国ミシュラン社時代にZ32型フェアレディZを愛用していた。

バブル景気の波に乗り1989年に華々しく登場し世界で話題を呼んだZ32型も、後半はバブルの崩壊や日産の経営悪化の荒波の中でモデルチェンジも出来ず失速。結果的に2000年まで細々と生産を続け、いったんモデル終了となっていた。

リバイバルプランとNISSAN NEXT

その後2年のブランクを経て登場した後継の5代目フェアレディZのZ33型(2002~2008)は、ゴーン氏の日産就任後に打ち上げられた日産リバイバルプランの中で華々しくデビュー。日産復活の象徴となった。そして現社長の内田氏はちょうどその頃、2003年に日産へ転職している。

日産の快進撃が続く一方で、ゴーン体制の長期化と共に、行き過ぎた成長戦略がいつしか短期的な成果を求める体制となっていった。設備や技術開発への投資を控え、各販売車種のモデルライフの長期化を招く結果となってしまったのだ。NISSAN NEXTによる新商品群の集中投下は、こうした反省を踏まえて決定された。

内田氏がZ32のオーナーだったエピソードは、2020年9月16日に行われた7代目新型フェアレディZ プロトタイプのオンライン発表で初めて公に明かされた。『Zのファンである私が、今日、このフェアレディZ プロトタイプを発表できることを誇りに思う』という言葉の裏には、およそ20年の日産での経験や様々な想いが含まれていることだろう。

内田社長は発表の場で『Zは私たち日産のDNA、情熱そのもの』と語っている。しかも新しいフェアレディZは『ドライバーが主役のピュアスポーツカー』だと伝えてくれた。

これを受けて、既にSNS上などでは日産ファンの新型Zに期待するアツいメッセージが飛び交っているし、何より筆者自身もワクワクさせられている。正式な新型発表はまだしばらくかかりそうだが、その日を楽しみに待ちたいところだ。

[筆者:トクダ トオル(MOTA)/撮影:島村 栄二・NISSAN]

日産/フェアレディZ
日産 フェアレディZカタログを見る
新車価格:
398万円652万円
中古価格:
36万円1,598.9万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2018年春より編集長に就任。読者の皆様にクルマ選びの楽しさを伝えるべく日夜奮闘中!記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... MOTA ドライブ/宿 厳選宿特集
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

日産 フェアレディZの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 フェアレディZのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 フェアレディZの中古車検索 日産の記事一覧 日産 フェアレディZの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 フェアレディZのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる