Zといやあ「Z32」でしょ! あの頃憧れた日産 フェアレディZ 300ZX ツインターボを手に入れたい!

画像ギャラリーはこちら
1989年、バブル景気に湧く日本に現れたとびきりカッコいいスポーツカー「日産 フェアレディZ」。Z32の愛称で知られる“300ZX ツインターボ”に当時憧れた!という人は多いはず。オジサンたちの夢だった300ZX、まだ中古車で買える!? ちょっと調べてみました。

やっぱZ32でしょ! 猛烈に憧れた300ZXを画像でもっと見てみる!

目次[開く][閉じる]
  1. 夢のツインターボ! 国産車初の280馬力!
  2. 憧れだったZ32型フェアレディZ、中古車はまだあるの!?
  3. 無責任に「買っちゃえ!」とは言わないけれど、でもチャンスはもう今しかない

夢のツインターボ! 国産車初の280馬力!

平成元(1989)年、バブル真っ只中に誕生したZ32型フェアレディZ。先代の後期モデルから追加されたV6 3リッターDOHCノンターボVG30DE型エンジンに加え、ツインターボチャージャーを加えたVG30DETT型エンジンを搭載。日本車で初の最高出力280馬力というハイパワーでクルマ好きを熱狂させました。ああ懐かしい!っていう方も多いはず。

2シーターに加え、2+2シーターの“2by2”という2つのボディタイプがわざわざ用意されていたのも、今思えば“バブル”なこと。当初は日本や北米で人気を博したけれど、その後の日産の経営不振もありモデルチェンジはされぬまま。結果的に平成12(2000)年まで製造されることになり、最後はちょっと寂しいことになっていました。

憧れだったZ32型フェアレディZ、中古車はまだあるの!?

90年代初頭に憧れの存在だったZ32型フェアレディZ。いま中古車で探してみると、いったいいくらになるのでしょう。さっそくMOTAの中古車検索で調べてみました。

>>MOTA 中古車検索で「Z32型 フェアレディZ」を検索してみる

2020年8月8日現在、Z32型をターボ・ノンターボに関わらず調べてみたところ、全国で61台のフェアレディZがヒット!

最安値は、平成3年式 300ZX ツインターボ 2by2 Tバールーフ、走行12.6万キロ、ATで本体価格45万円!

最高値は平成2年式のやはり同じ300ZX ツインターボ 2by2 Tバールーフ、走行3.7万キロ、MTで350万円! ずいぶんと幅があるものです。

ちなみに350万円の個体は、エアロやアルミなどのカスタムがばっちり決まり、しかもワンオーナー・記録簿付きというこだわりの逸品でした。ほかに「価格応相談」というのも5台あります。

無責任に「買っちゃえ!」とは言わないけれど、でもチャンスはもう今しかない

61台中、価格帯は100万円以下が22台、100~150万円が16台で、150万円~200万円が12台。それ以上が11台(応相談含む)と、思いのほか幅のあるラインナップでした。ちなみに2by2が51台で、2シーターモデルは希少な存在。

なにせ最終型でも新車から20年が経過しているので、もはやツインターボとノンターボ、ATとMTといった仕様の差よりも、個体毎の程度差により値付けされている印象です。

古いと30年、新しくても20年。もはやネオクラシックと呼べるクラスの中古車となると、無責任に「買っちゃえ!」とは言えません。補修したくても、欠品の純正部品も増えているようです。

でもおそらく現状が底値。中古車も状態の悪い個体からどんどんつぶされていき、逆に良質な個体の値が下がることもないでしょう。

それでもやっぱりZ32が欲しい! そんな覚悟のあるアナタ、チャンスはもう今しかありませんよ。

[筆者:トクダ トオル(MOTA編集部)]

※文中の中古車在庫数等の情報は2020年8月8日現在のMOTA中古車検索によるものです

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。

鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし!

簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2018年春より編集長に就任。読者の皆様にクルマ選びの楽しさを伝えるべく日夜奮闘中!記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ウブドの森 伊豆高原
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

日産 フェアレディZの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 フェアレディZのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 フェアレディZの中古車検索 日産の記事一覧 日産 フェアレディZの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 フェアレディZのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる